コンテンツへスキップ


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は子供の頃から『死』について考えており、今でも『死』について考えない日はないです。

... "『死』について考える事は悪い事じゃない。" を続けて読む



スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

大人になると色々と大変な事が多くなって嫌だな…と思う方もいるかもしれませんが、個人的には大人になってからの方が全然楽しいと感じますね!

... "大人になって良かったと感じる事。" を続けて読む




スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は自分の絵が一番大好き(爆)なんですが、その他にも勿論綺麗な絵、構図の決まっている絵、自分の好みのモチーフが描かれた絵なんかも好きなんですが、好き嫌いを抜いて心に残る絵というものがあります。



... "心に刺さる絵がとても好きだ。" を続けて読む



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分達の世代は最初からモノが溢れて様々なサービスがある事に慣れきってしまっているので、その事実が実は数十年前には有り得なかったくらいに恵まれている事であると忘れがちです。

... "やっぱり自分って恵まれてるな…と思う。" を続けて読む



スポンサーリンク


今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

文明が発達している現代社会では『合理的』である事が非常に評価されますが、しかし人間とは必ずしも『合理的』に生きる存在ではないのです。

... "『合理的』に生きる事が必ずしも良い訳ではない。" を続けて読む



 

スポンサーリンク


今日も1日お疲れ様です、蟲人です。
今年も本日で終わりますが、2019年も蟲人のブログを読んで下さって有難う御座いました!
来年も変わらずに御愛読して頂けますと幸いです!

2019年最後のお話は、自分がする事を話して否定されてしまうなら、行動して納得させてしまえば良いと言うお話です。



... "口で理解されないなら、行動して見せれば良いのだ。" を続けて読む



 

スポンサーリンク

 

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

自分の絵はかなり人を選ぶ絵である事が多いのですが、この癖のある絵のお陰で自分の絵のファンの方々と出逢えたのだと思います。

 

... "癖のある絵で狭く深くファンや同志と出逢いたい。" を続けて読む


 

スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

画家として一歩を踏み出す為に必要な事って、自分自身が自分の作品のファン第一号になってあげる事だと思います。

 

... "画家の第一歩は自分の作品のファンになる事。" を続けて読む


 

スポンサーリンク


 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

誠に勝手ながら、私画家蟲人は来年の春頃まで画家活動を休止し、暫し自分の世界に引き篭もる事に決めました。

 

... "来年の春頃(仮)まで独りの世界に篭ります。" を続けて読む



 

スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

前回は『美術コネクションがなく金欠気味で斜め上な世界観を描く無名の画家』目線で感じた展覧会のデメリットを御紹介してしまいましたが、今回は自分がお勧めする展覧会の御紹介をしたいと思います。

 

... "画家として展覧会には参加すべきか否か?後編" を続けて読む
Translate »