コンテンツへスキップ


 

スポンサーリンク

 

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

人間は他の生き物と違って『未来』と言う概念を理解する存在であり、だからこそ様々なアイディアを構築する事が出来る様になったのだと思いますが、同時に先の見えない『未来』へ常に不安を抱く様になったと思います。

 

... "誰しも『安心』して生きたいと思っている。" を続けて読む



スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

人間には様々な感情がありますが、その中には綺麗なものもあれば醜いものもあるかもしれません。

... "綺麗な感情だけで生きようとしなくても良い。" を続けて読む


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です。

自分は絵を描く事が好きで、好きな事を気兼ねなくやって生きている幸せ者な訳ですが…そういえば自分はいつから絵を描く事を『好きな事』だと自覚したんだろうか?

... "『好きな事』って探し出すものなのか?" を続けて読む


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は基本的に手抜きだらけの人生を送っております。

... "人生手抜きだらけで生きてます。" を続けて読む


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分の人生を自分らしく楽しむ為に、自分が居て気分の良くなる居場所を作る事は大事です。

... "自分だけの『聖域』を持て!" を続けて読む


 

スポンサーリンク

 

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

ゲームとかでは様々な装備品を付けていくとめっちゃ強くなる事が出来ますが、現実では必ずしも沢山の要素を備える事が強さに繋がるわけではありません。

 

... "何だかんだで『シンプル』は結構強い。" を続けて読む


 

スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

人間は失敗する事が悪い事・恥ずかしい事だと思いがちですが、実際には失敗自体は悪い事ではなくで、その後の捉え方が重要になるのです。

 

... "失敗は悪くない、問題は『その後』だ。" を続けて読む


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

人間は孤立して生きる事ができない社会的生物な訳ですが、それでもコミュニケーションをとる事が苦手…と言う人もいます。

そんな自分も以前は他人と付き合う事がとても苦手で億劫だったんですが、自分なりに考えたコミュニケーション方法でだいぶ改善されたと思います!

... "コミュニケーションの第一歩を自分なりに考えた。" を続けて読む


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

体調不良と言うと真っ先に考えるのは身体の不調ですが、その不調の原因は心の方にある事も結構あるものです。

... "心と身体の健康は決して切り離す事は出来ない。" を続けて読む


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分はお世辞にも裕福な家庭ではなかったので、美大にも芸大にも行けなかったのですが、それでも画家として絵を描く夢は叶っていると思います。

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

お金で何でも決まってしまう様に感じる世の中

現代の日本は、大抵の事ならばお金を出す事で解決出来る事が多いです

例えばお腹が空いたらスーパーやコンビニに行って食べたい物をお金と交換すれば良いし、季節に合わせて洋服が欲しければデパートやアウトレットに行って好きな洋服とお金を交換すれば良いし、何処かへ旅行に行きたいと思えば新幹線や航空機のチケット購入すればどこへでも行く事が出来ます。

自分であれば、お金を支払って自分の画家活動に必要な画材を購入したり、展覧会に参加させて頂いたり、作家さん達の素敵な作品をお迎えしたりも出来るので、極端に自分のキャパシティを超えてしまう様な大金でなければ、お金は持っていて不便なものではありません。

これはお金という存在が産まれてからと言うもの、ごく普通にやりとりされてきた事ではありますが、同時にこれはお金がないと何も出来ないと言う思い込みを植えつける事にもなっているかもしれません

 

スポンサーリンク

 

高額な学費を払って進学する必要はあるのか?

自分は高校進学の時に公立と私立で学費にビックリする程の差額が出ていた事に驚いたのですが、その後進学した専門学校でも500万円近い学費を支払う必要があると知り、奨学金を借りて何とか進学する事が出来たのですが、クラスメートの中には美大や芸大に進学する子も数人いて、その学費が桁違いに高くてまた驚いた記憶があります。

当然、そんな高額な学費を支払う余裕は家にはなかったので、自分はイラスト系の専門学校に通った訳なんですが、個人的にはどちらも行かなければならないと言う訳ではなかった…と言うのが正直な感想です

よく『芸大や美大を卒業したからと言って画家として稼げる訳ではない』と聞きますが、確かに芸大や美大は高レベルな技術や知識を学ぶ事が出来ますが、その後作家として売れるのか否かと言うのはその大学を通じてコネクションが作れるか、と言う部分が大きいのではないかと思います。

逆に幾ら高レベルな技術と知識を持っていたとしても、卒業後に意欲的に作家活動をする覚悟と勇気がなければ継続する事は出来ないと思います。

実際、自分は専門学校卒業後はアルバイトでお金を稼ぎながらコツコ作品制作をし、自分の作品を様々な展覧会に出品したり、ホームページやSNSで作品を発表したり、そこから自分の作品を少しづつ販売してきた事で、それだけで稼ぐ…と言う所まではまだまだ行っていませんが、絵を描く画家として生きると言う夢はかなり現実的になってきていると思います。

結局、学校に通ったからと言って作家になれるなんて保証はなく、寧ろその後自分がどれだけ行動する事が出来るかと言う部分が大きいと思います。

 

スポンサーリンク

 

自分の夢はしぶとく持ち続けて良いのだ!

自分が美術系の高校とイラスト系の専門学校に通っていた時には、どちらも数十人程クラスメートがいたのですが、実際にそこから絵を描く事を継続しているのは自分を含めてほんの一握りだった様です。

これがグラフィックデザイナーやイラストレーターなど、もっと商業的でデザインに特化した事をしていれば就職出来たかもしれませんが、大抵はイラストなどとは無縁な普通の会社に就職していました。

そう言ったクラスメートに話を聞いてみると、やはり絵だけでせいつするのは無理だから普通に仕事をすると話していましたが、自分はそれでも全然問題ないと思います。

夢というのは必ずしも『好きな事で生活出来る』事に結びつける必要はないと思いますし、そんな事をしたら世の中の大多数の人達の夢は叶わないものになってしまいます。

それならば、取り敢えず別の収入源を持ちながら自分の好きな事を続けていけば良いですし、お金がないから…収入に繋がらないから…なんて理由で自分の夢を捨てないで欲しいと思います。

最終的にはお金があるか否かではなく、その夢を継続し続けるだけの覚悟と気力を持ち続ける事が出来た人が、大きな結果を出す事が出来るものです

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回はちょっと思っていた方向と違う方向に話が進んでしまったので、この場を借りて補足させて頂きたいのですが、お金がなくて芸大や美大に通えなくても自分の好きな絵を描く事は出来ます。

最近は画材にも廉価版のものが多く出回っていますし、絵を描くキャンバスなども1000円あればお釣りが返ってくる様な値段で売られていたりもします。

だから、お金がなくてもないなりに出来る事は沢山あるので、お金がないというだけで自分の夢を捨てる事も諦める事もしなくて良いんです。

お金があろうがなかろうが、自分の夢を最後まで諦めずに続けた人が勝ちです‼︎以上‼︎

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

 


Translate »