コンテンツへスキップ

『早起きは三文の徳』を実践しています。


スポンサーリンク

おはようございます、蟲人です。

自分は超朝型人間なのですが、本日は朝型の生活のメリットについて書いていきたいと思います。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

夜の作業は効率が悪い

自分は子供の頃から早起きのおじいちゃんとおばあちゃんに育てられた事もあり、大人になった今でも早寝早起きの習慣が身体にしっかりと染み付いています。

その為、画家活動やブログを書くなどの作業は朝早くに行って、夕方には寝る準備に入る事が多いのですが、何故作業を夜にしないのかと言えば、夜は1日の中で最も身心が疲れてしまっている状態なので、良いアイディアも出ないし作業効率も悪い為です。

自分がイラスト系の専門学校に通っていた頃、次週提出締切の課題が毎日出されていた時期があり、これは間に合わないと思って初めて徹夜をした事があったのですが、その次の日には体調を崩して学校を休む羽目になっただけではなく、その時に仕上げた課題の出来も良いものではなかった記憶があります。

それ以降、夜は早く寝て朝早くから課題に取り組む様に変えたのですが、その後の方が課題に順調に取り組む事が出来ました。

朝に作業する方が色々と都合が良い

では朝に仕事をするメリットはなんなのかと言いますと、朝は夜に休息を取っている事で身心がすっきりしているので、思考回路がすっきりして新しいアイディアが産まれやすいだけではなく、夜の時には纏められなかった情報を整頓する事が出来ますし、また休息を取った事で作業をする為の体力もある状態なので、作業を効率良く行う事が出来ます。

そのほかのメリットは自分の個人的な感想になりますが、朝早いと皆さんまだまだお休み中の為なのか、外はとても静かな雰囲気で空気も澄んでいるので、窓を開けてその澄んだ空気を取り込むととても気持ちが良いですし、朝早く起きることで1日の時間を長く使う事も出来るので、うっかり昼近くまで寝過ごしてしまってガッカリする事もありません(笑)。

何れにしても、夜更かしや徹夜をした時のデメリットは多かったとしても、朝早く起きる事にはデメリットはあまりないのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

現代社会は文明の発達によって、今までは全て人間が行っていた作業の大半を機械に任せる事で、更に効率の良さや作業の早さなどを追及する様になってきており、その結果夜遅くまで作業をする様な状況になっています。

しかしながら、人間は本来朝活動して夜は休息を取る生活サイクルが作られているので、休むはずの時間に活動してしまえば、当然ながら効率の良い作業をする事は難しいでしょう。

勿論、例外として夜の方が活発になる方々もいらっしゃるかとは思いますが、そうでない方は朝に作業をする習慣に挑戦してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »