コンテンツへスキップ

画家こそアクティブに活動する事を心掛ける必要があります。


スポンサーリンク

おはようございます、蟲人です。

画家と言いますとアトリエに籠って絵を描いているイメージがあるかもしれませんが、寧ろ画家こそ自分の為にアクティブにならなければなりません。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

引き篭もってばかりではアイディアは産まれない

自分は普段は副業(収入源ではあっても副業と言い張る)で働いておりますが、休みの日は必ず外に出掛けるように予定を組んでおり、毎週おばあちゃんとおじいちゃんの家に遊びに行ったり、何かしらアイディアの刺激を求めて様々なお店に足を運んでいます。

画家と言いますと、自分のアトリエに籠ってひたすら作品を描く為にキャンバスと向き合っているイメージを持っている人も居るかもしれませんが、同じ場所にただ居るだけで新しいアイディアは産まれる事はありません

最近はインターネットの普及によって、家に居ながら古今東西の様々な情報を得る事は出来ますが、それは知識を増やす為の情報に過ぎないので、そこから新しい作品を産み出す程の感動や衝撃というものを得る事は難しいです。

自分が作品に描いているものは、全て本物を目の当たりにした時の感動から描いているものであり、インターネットの情報はあくまで補足情報でしかありません。

自分が知らない世界をする事は大事

自分は絵を描く事に関しては、殆ど独学ながらも自分なりに描き方や素材などを拘ったりと、それなりに画家の世界を勉強しています。

ですが、当たり前ですがこの世には画家以外にも様々な世界が存在しており、これらの世界を知る事も、画家の活動にはとても大事になります。

例えば自分の思いを音や歌にのせて表現する世界だったり、長い歴史で産み出された伝統技法を使って作られる技や工芸品の世界だったり、人や環境の為に無償で活動を行っている世界だったりと、一見すると画家の行き方には縁のなさそうな世界と触れ合う事で、思わぬアイディアが産まれるものです。

この様に自分が今まで知らなかった世界を知り、触れ合っていく事で、画家の世界だけでは知りえなかった情報や、その世界を熟知したプロの人達と出逢う事に繋がり、そうして新しい世界を創り上げていく事にも繋がっていくのです。

スポンサーリンク

まとめ

自分が知らない世界を知るという事は、変化を嫌う傾向のある人にとっては相当の覚悟を必要とする場合もあるかもしれませんが、昨日までの当たり前が今日になったら通用しなくなってしまう様な、変化の目まぐるしい現代社会では変化を受け入れられないままでは、どんどん置いていかれてしまう状態です。

ですが、逆に考えれば世界には新しいものがどんどん産まれており、それらを知り触れ合う事で、自分自身もまた新しい世界を創り出すチャンスがあると言う事です。

新しい世界が日々産まれる現代の波に乗って、自分の知らない世界を知っていく為にアクティブに動いてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

公開日 カテゴリー 画家の事

mushihitoについて

絵と蟲と自然を愛する日本画家。 最も愛する『オオミズアオ』を自分の神様として描き続けており、それを通して自分の世界観・死生観を描こうと日々試行錯誤している。 画家を目指す人達の励みになれば幸い。 ネガティブ思考を拗らせた結果のポジティブ思考。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »