コンテンツへスキップ

たった一つ『好きな事』があれば、どんな事でも乗り越えていける。


スポンサーリンク

おはようございます、蟲人です。

自分は数十年の画家人生を生きてきた訳ですが、様々な困難に直面した事も多々ありましたが、そんな時に心の支えになっていたのも『絵』でした。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

『好きな事』には無条件で夢中になれる

自分は兎に角『絵』が好きで、昔は自分の内側のモノを描く事に必死でしたが、最近はのんびり美術館や博物館などに足を運んで、自分の世界を描く際の参考に出来るものはないかと、それなりに勉強をする様になっています。

これはあくまで『絵』が好きだからこそ出来る事であり、それ以外に関しては全く興味が湧かず、これ程に勉強しようとは考え付きませんでした。

しかし、これ程までに夢中になれる位に『好きな事』がたった一つでもあると、例え他の事に関かんしては不得意であっても、『好きな事』を極める事で何とかなってしまう事もあります

因みに、自分は学生時代の時には美術と理科の生物以外の教科は殆ど赤点ばかり取っており、成績に完成ては御世辞にも良いとは言えないレベルでしたが、逆に美術だけに特化して考えた結果、美術科のある高校に進学する事が出来ました。

『好きな事』は心の支えになる

大人になって働く様になると、学生時代には経験し得なかった様なストレスに悩まされる様になる事が多いかと思います。

人間のストレスの原因の大部分は人間関係ですが、他にも沢山現れるストレスに段々と心が疲れていき、また日々の仕事に身体も疲れが溜まっていく事が多いです。

そんな時にも…寧ろそういった状況になった時にこそ、夢中になって取り組める『好きな事』がたった一つでもあると、そんな辛い状況も乗り越えられる場合があります

自分も大人になってから様々な体験を通して、時には無気力になり、時には自暴自棄になり、時には人間不信になる事もありましたが、そんな人生のドン底に落ちかけた自分の心を支えてくれていたのは『絵』でした。

それだけではなく、『絵』は自分のライフワークにもなってくれたお陰で、様々な展覧会に参加したり、最近ではライブペイントなどの新しい描き方にも挑戦するキッカケをくれるなど、『絵』は様々な意味で自分を救い前に進ませてくれるものです。

スポンサーリンク

まとめ

自分の場合は『絵』でしたが、人によってはスポーツであったり、何かを作り出す事であったり、人と話しをする事であったりと、当然ながら『好きな事』は人によって様々あります。

自分が時間も忘れて取り組める位に『好きな事』がたった一つでもあると、何らかの困難に立ち向かう際にはそれが心の支えとなってくれる事もあるので、それ程までに『好きな事』があるのはとても心強い味方になると思います。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »