コンテンツへスキップ

蟲人が最も好むお手軽なストレス解消法、教えます。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

自分には最もお手軽で簡単なストレス発散法があるのですが、とっても簡単な事なので教えます。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

最も簡単なストレス解消法とは?

自分も毎日好きな事をやりまくっている画家な訳ではありますが、それでも人並みかそれれよりはちょっと少ないくらいにはストレスを抱える事はあります。

そんな時は心も身体も何だかモヤモヤしているので直ぐに分かるのですが、そんな状態になると取り敢えず外に出てブラブラ歩く事にしています。

ブラブラ歩くといっても、ちょっと近所を買い物がてら数十分歩く程度のものではなく、数時間かけて長距離を歩く方法なので、正直お運動不足の場合はかなりシンドイかもしれません。

ですが、歩くという行動は最も手軽で簡単な全身運動であり、また足は第二の心臓と呼ばれる程に、身体の中を流れる血液を循環させる為に重要な役割を持っている部分なので、歩かないのと歩くのとを比べたら、歩いた方が良いのは火を見るよりも明らかですね。

しかしながら、現代人は歩く事よりも机に噛り付いてしまう時間の方が増えてしまっているので、正直な所わざわざ時間を作って歩くなんて面倒臭いと感じてしまう人が多いかと思いますが、そもそも身体を動かす事が仕事のモチベーションや生産性を向上させる上で、とても重要な事だという事は先進国ではごくごく当たり前の事として浸透しているものです。

外を歩く事で得られる効能

此処で自分なりの歩く事で得られる効能を、自分の体験も交えて書こうと思うのですが、此処で一つ大事な事が外を歩く事です。

昨今は室内でも運動が出来るジムやスポーツセンターなどが沢山ありますが、自分は外の空気を感じながら歩く事が最も良い方法だと感じているので、取り敢えず此処では外に出て歩く事を前提に書いています。

  • 外を歩くと様々な風景を観て感じる事が出来る
  • 外を歩くと想像力が活発に働く様になる
  • 外を歩くと全身運動で気分がスッキリする
  • 外を歩くと疲れが溜まりにくくなる

自分が歩く事を始めて感じ始めた効能は、上記した4つが特に感じられたものです。

外を歩けば、当たり前ではありますが外の風景や空気を感じる事が出来る訳ですが、これが意外と重要な事で、何時も屋内で閉じ篭って作業をする事が多いと、外の風景の小さな変化や、季節ごとに変化する空気などに鈍くなってしまい、毎日が味気無いものになってしまうものです。

また、自分の様にモノを創り出す仕事をしている人は、モノを創る上で大事なインスピレーションを鍛え維持する為に、外にある様々なモノを観て触れて感じる事で新しいアイディアを創り出す事にも繋がります。

そしてこれは意外に思われるかもしれませんが、疲れた時にこそ外を歩く事で逆に身体の疲労を軽減させる事も出来ます。

疲れている身体の中には疲れの原因である老廃物が溜まっており、歩くという全身運動を行う事でそれらの老廃物を素早く循環させ体外に出す作業を促進させる事が出来ます。

自分も、仕事の帰りは出来るだけ駅まで歩く様に心掛けており(職場から駅まで大体20分位)、それを始めた事で夜も眠り易くなったと同時に、翌朝起きた時にはあまり疲労感を感じなくなりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事で書いた外を歩く事の効能は、あくまで自分が実際に歩く事を習慣に取り入れてみて感じた結果なので、必ずしも同じ様に感じられる人はいないかもしれませんが、少なくとも歩く事を習慣にして悪い事があるとは思いません。

外に出て歩けば、家の中では味わえない何かを味わうキッカケにはなると思うので、もしも最近気持ちがモヤモヤしていたり、身体に疲れが溜まってスッキリしないと感じたら、外を歩く事を新しい習慣にしてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »