コンテンツへスキップ

自分が人と会話する時に意識している事を書いてみた。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

人間は誰しも必ず自分以外の人とコミュニケーションを取る為に会話をする訳ですが、会話をする時に自分なりに意識している事があります。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

コミュニケーションの基本である会話

自分に限らず、この世に人間として生きている人間であれば、生きている内に必ず自分以外の人とコミュニケーションを持つ事がありますが、その中で初歩的且つ最も基本的な方法として会話をする方法がありますね。

しかしながら、この会話と言うのは慣れないと難しく考えてしまいがちで、会話が続かなかったりそもそも何を話せば良いのか分からず、結局大してコミュニケーションが取れないまま終わってしまって非常に残念な思いをした人は多いのではないでしょうか。

自分も昔は人と会話をする事が苦手(と言うよりも面倒臭かった)だったのですが、しかしながら職業柄、自分の作品をアピールする意味ではコミュニケーションは非常に重要なものだったので、数年掛けて自分なりの会話のコツをなんとか掴んでみました。

蟲人の会話の自分ルール…

  • 会話のきっかけは些細な事から始める
  • 如何に相手を笑わせるか
  • 笑いを取る時には自虐的なネタを使う
  • 少々大袈裟なリアクションを入れる
  • 相手を肯定する事を意識する
  • 相手から話し掛けて貰える様にする
  • 二人以上で会話をしている時に極力割り込まない
  • 相手から話題を出してもらって聞く側にいる事を多くする

…書き出してみると結構あって自分でも驚いていますが、基本的にはこんな感じです。

取り敢えず、一つずつ簡単に説明していきますね。

自分なりの会話のルール

・会話のきっかけは些細な事から

これは初対面の人向けかと思いますが、些細な事ってなんぞや?と言いますと、例えば『今日は良い天気ですね』とか『その○○素敵ですね』とか、万人に通用しやすい内容です。

会話のスタートとしては比較的簡単な方法で、特に相手のファッションやアクセサリーなどを褒める方法は相手にも喜ばれるのでおすすめです。

・如何に相手を笑わせるか

実は個人的にココを最も重要視してます(笑)。

会話をしていてつまらないとお互いにストレスになってしまいますし、もしも会話で相手を楽しい気分にさせられれば『この人と話しをすると楽しい』と記憶して貰えて、次回からはもっと話し易くなります

・笑いを取る時には自虐的なネタを使う

これはお笑い芸人の様は手法かもしれませんが、意外と失敗談とかの話しをすると相手が共感してくれる事が多く、そこからまた会話を広げる事が出来ます

ココで重要なのは自分のネタを使う事であり、絶対に他人を使ったネタを使わない事です。

他人の噂話・悪口などは良好なコミュニケーションを築く上で、自分の信頼を失う可能性の大きなものなので御法度です!

・少々大袈裟なリアクションを入れる

大袈裟なリアクションとは、例えば褒める時に『凄いですね』と淡々と言うよりも『スッゲーすねー‼︎(声を大きめに目を見開いて手を挙げる)』という感じに言えば、自分の気持ちの大きさが伝わると思います。

しかしあまり大袈裟なリアクションをし過ぎるすると、嘘臭く見えますし鬱陶しいがられるので多用するのは止めましょう

・相手を肯定する事を意識する

これは人間の承認欲求を満たす上で特に有効な方法で、恐らく自分を肯定されて不快な気分になる人はいないと思います。

先に書いた『その○○素敵ですね』はこれに当て嵌まるのですが、何故ファションやアクセサリーを褒めるのが良いのかと言いますと、それらは感情や思考のように目に見えないものではなく、此方からもパッと見てすぐに見付けられるものだからです。

・相手から話し掛けて貰える様にする

これは相手と会話をする時に、自分では相手がその時に会話をしても大丈夫なタイミングなのかを知る上でとても分かりやすい方法だと思います。

もしも相手から話し掛けてきてくれたとすれば、相手は会話をする余裕があると分かるからです。

誰だって忙しい時に話し掛けられるのは迷惑な事だと思いますし、落ち着かない状態で会話をしても内容が上の空で質の良い会話をする事は出来ないでしょう。

・二人以上で会話をしている時に極力割り込まない

これは上記した内容に似ているかもしれませんが、二人以上で既に会話をしている時はその人同士で既に良い会話をしている状態だと思うので、折角良い会話をしている所に急に部外者の自分が入って会話に水を差してしまう事は宜しくありません

そんな事をしてしまえば、自分自身の印象を悪くなってしまいます。

・相手から話題を出してもらって聞く側にいる事を多くする

会話では相手がどの様な人間なのかを知る事が重要になるので、自分からは話題のネタを提供する事を意識して、そのネタから相手に話を広げてもらうのも良い方法です。

そうして相手から会話を広げてもらうと耳寄りな情報などを提供してくれる事もありますし、その相手は今後お付き合いをする上で良い人なのか悪い人なのかを見極めるのにも役立ちます。

[ad#co-1]

まとめ

今回は今までのブログ記事では過去最高の文字数となりましたが、自分なりの会話術を書いてみるのも中々面白かったです。

会話はただお互いに話しているだけで成り立つ程簡単なものではありませんが、様々な人と会話する事で自分なりのルールを作れればとても会話がスムーズに出来る様になると確信しています。

もしも会話をする事が苦手だと思っている人は、蟲人の会話ルールをちょっとした参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »