コンテンツへスキップ

SNSやサーチサイトは利用するべきだが、注意点も幾つかある。


スポンサーリンク

おはようございます、蟲人です。

自分は学生時代からサーチサイトを利用している他、数年前からSNSを使い始めたのですが、最近はそれらを通じて他の作家さんと仲良くなったり、実際にお逢いして話をする機会が増えてます。

[ad#co-3]

サーチサイトやSNSは利用すべし

SNSについては、恐らくブログを読んで下さっている皆様の方が詳しいと思うのですが、一応説明させて頂きますが、要するにFacebook、Twitter、Instagramなど、自分が直感で感じた事や良いと持った写真をサッとインターネットに投稿して、他の人達と共有する事ができるソーシャルネットサービスですね。

で、もう一つのサーチサイト(正式名称が分からなかった)なのですが、此方は自分のホームページやブログを持っている人が、他の人達に見てもらう為に登録する専門検索エンジンです。

自分は学生時代に拙いがらもHTMLでホームページを作った事があり、その際には芸術系やイラスト系のサーチサイトに自分のホームページを登録して、主にパソコンからホームページを見てくれる人を中心に自分と交流を持ってくれた人と出逢いました。

SNSに関しては上記した3つのSNSを利用しているのですが、此方はスマホから手軽に発信出来るのでFacebookとTwitterでは近状やブログの更新、またInstagramでは製作中の作品の状態や完成品の御披露目などを投稿し、SNSでは最初にフォローしてくれた方から別の方に自分の情報が届く事が多く、そこからまた別の方が見てくれて…と連鎖反応が起こる事が度々あるので、サーチサイトに登録していた頃と比べると知り合えた人の数は倍以上です。

こうして見ると、圧倒的にSNSで自身の情報を発信する方が有利にはなると思うのですが、個人的にはまだまだデスクトップから探して観てくれる人も居ると感じているので、現在は両方を併用して自分の情報を発信する事が大事だと思います。

自分はホームページを最初に作った頃、サーチサイトに登録していた事で幾つかの展覧会に出展するキッカケを持つ事が出来ましたし、今でも時々サーチサイトからお声掛けしてもらう事がありますし、現在はSNSからも気軽に連絡を頂く事も増えてきています。

また、両者とも『自分の好きなジャンルの同志を検索する事が出来る』部分は共通しているので、ただ自分の作品を観てもらうだけではなく、自分から他の作家さんにアプローチする事で新しい出逢いに繋がる事も多くあります。

夢中になり過ぎる事は宜しくない

自分のホームページを宣伝するサーチサイトや、今や自分の情報の発信方法としては当たり前のSNSなどですが、どちらもやり過ぎてしまうとそれは宜しくありません。

そもそも、画家は絵を描く事(もしくはモノを創り出す事)が本業であるので、本業を疎かにしてサーチサイトやSNSに夢中になってしまっては本末転倒です。

また自分は特にInstagramでよく出逢うのですが、明らかに自分のジャンルとは無関係な『たったこれだけで○○万円儲かります!』とか『株式の運営方法』とかバイヤー風の人からの勧誘があり、そこから金銭関係のトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

自分がInstagramを始めたばかりの頃、芸術家の活動を支援すると言う会社からお話を頂き、担当の方と直接お逢いした事があったのですが、最初は自分を宣伝する方法のノウハウを話していたのですが、最終的にはそのノウハウを勉強するための教材を購入する事になりかけてしまったので、速攻で帰らせてもらった事があります。

最初の頃はフォローされたり自分の作品を認めてもらえる事が嬉しくて、様々な人と連絡を取り合う事も多くなると思いますが、そうして交流を持つ人の数が増えてきたら、その中から自分にとって本当に必要な人を選び出す事が重要になります。

自分の創作活動の妨げになる様な人との交流では良い結果など生まれる訳がないので、自分が交流を持ってストレスに感じる人とは我慢せずにササッと手を切る事も大事でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

物事は何でもそうなのですが、適度な量というモノが存在しており、幾ら良いモノであってもそれをやり過ぎれば毒になってしまう事はよく聞く事です。

それはサーチサイトやSNSにも言える事で、それらは適量を使えば自分を伸ばす事に繋がりますが、やり過ぎてしまえば自分を伸ばす所かかえって自分の価値を下げてしまう事にも繋がります。

そんな残念な結果にならない為にも、サーチサイトやSNSは自分にとって心地いい使い方を心掛けていきたいものです。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »