コンテンツへスキップ

みんなが持っている働き方の常識って、本当に正しいものなの?


スポンサーリンク

 

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

今回から投稿時間が変わりますので、宜しく御願い致します。

 

皆さんは自分の働き方に疑問を持った事はあるでしょうか?自分は何時も疑問を持っています。

 

 

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

真面目に働く事は正義なのか?

自分の周りに入る人達は、家族を含めて皆さんキッチリ週5日間1日8時間(残業を含めると+α)労働に精を出されているのですが、根っからの好きな事やりたい体質の自分はそうした働き方には学生時代から常々疑問を持っていました。

何故、自分の好きな事・やりたい事を犠牲にしてまで、好きでもなければ興味もない仕事に週5日間1日8時間(+α)キッチリ就業しなければならないのか?

学生時代、また社会人になりたて(正社員にはなった事はないが)の頃は、自分もこの仕組みに全く疑問も持つ事はなかったのですが、しかしながらここ数年ではその働き方に甚だ不信感を持つ事が増えてきており、現在では思い切って週4日間1日7時間(+αで補い)の労働スタイルをする事にしています。

この働き方は、特に同じ職場の方から『もう帰っちゃうの?』とか『真面目に働け‼︎』と茶化される事が多いのですが、自分としては自分の好きな時間を確保する事が最も重要な事なので、逆に『自分の時間の大半を仕事に注いでしまう事に、どうして疑問も持たないんだろう?』と、不思議に感じます。

これは自分の祖父母との話題になる事が多いのですが、特に祖父母の世代は戦後から立ち直る為に日本が高度経済成長期を迎えていた頃なので、当時は会社に自分の全てを注ぐ事が正義!みたいな感じが特に強かったでしょうし、また会社でもそうした人達の為に一生涯手厚い保障をしてくれていたので、そうした環境では働く事が良い事だったのかもしれません。

しかしながら、御世辞にも経済が良好とは言えない状況の現代では、幾ら真面目に働いたとしても正社員ではないと言う理由でいつ迄経っても低収入のままの事もありますし、正社員として会社の為に真面目に働いていたのにある日突然クビにされる事もあります。

そんな時代に産まれた自分としては、果たして本当に真面目に働く事が良い事なのか疑問を持たざるを得ない状況なのです。

 

もっと自分の時間を自由に生きよう

正直、自分のやっている労働方法はかなり挑戦的な方法だと思っているのですが、自分は現在の働き方に変えた事で、以前よりも自分の人生をもっと楽しく生きられる様になったと確信しています

自分にとっては画家として絵を描く事がライフワークであり、また最近はブログを通して自分の考え方や趣味の散歩など好きな事を発信する事、自分の作品を使ったオリジナルグッズなどの販売など、自分がやってみたいと思った事を出来る時間が増えた事は本当に有難い事です。

またそれらを続ける事で、僅かながらではありますが収入を得られる事を知る事も出来たので、今後は自分の好きな事・やりたい事をもっと頑張っていこうと言うやる気と楽しみを持つ事も出来ました

もしも、これが何の疑問も持たないままただ会社に働き詰めの生き方を続けていたとしたら、きっと自分は好きな事もままならない状況で精神的に参ってしまっていたでしょうし、そもそも何の為に自分が生きているのかも分からなくなっていたかもしれません。

実際に、現代社会の日本では仕事のストレスで身体を壊す人も多過ぎる位に居ますし、また最悪の場合は自ら命を絶ってしまう人も少なくありません。

また、余りにも仕事に精を出し過ぎて遊ぶ事を殆どしなかった人には、仕事が終わってしまってから何もする気が起こらなくなる燃え尽き症候群や、やりたい事が見付からずに家に引き篭もってしまう人も大勢居ます。

折角一生懸命真面目に仕事に尽くしていたのに、余りにも残念な結果しか得られないのであれば、思い切って働く時間を減らして自分の為に使う時間を増やす事も、決して間違った生き方ではないと感じます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

自分は一人暮らしだからこんな事を言えるのかもしれませんが、家族を養う立場の人でも働き過ぎて体調を壊し、働く事が出来なくなると言うリスクは同じだと思います。

そういった場合であれば、家族の為にも自分自身の健康を保つ上で、やはり働き詰めの働き方は良いものではないと思います。

生きていく為にお金が必要だとしても、自分の時間の大半を犠牲にしてまで大量のお金が必要だとも自分は思えないので、やはり自分の人生の為にも今一度働き方に疑問を持って、改めて見る事は必要な事だと思います。

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »