コンテンツへスキップ

大人は子供の生き方をもっと見習うべき。


スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

先日、子供達の金管バンドの演奏を聴きに行く機会があったのですが、子供の一生懸命な演奏は本当に心が洗われます。

 

 

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

好きな事に全力投球する子供達

先日、自分が尊敬している方の御好意で、その方の小学生になるお子さんが所属する金管バンドの演奏会に招待して頂きました。

自分は絵を描く事が好きで生き甲斐な訳ですが、それ以外にも趣味で好きな事は沢山ありまして、Jポップなどの音楽ではなくオーケストラなどの音楽鑑賞も結構好きなのです。

そんなこんなで、小学生達の金管楽器での演奏を聴かせて頂いたのですが、大人のプロが演奏するものも素晴らしいものですが、それとは全く違った素晴らしい演奏を聴かせて頂けました。

確かに、単純に技術力などの面で見れば大人の方が圧倒的に上手い演奏をしているのですが、子供の場合は純粋にただ好きな事に一生懸命になって、今の自分が出来るものを全力でしようと頑張っている努力が伝わってくるのです。

自分は完成しきったプロの演奏よりも、まだまだ成長段階で高みを目指して努力をしている人の演奏の方が心に響く様です。

 

好きな事を磨き続ける姿勢は見習うべき姿

好きな事を一心不乱に磨き続ける姿勢は、大人になると忘れてしまいがちです。

大人は様々な経験を積んでいく事で、何時の間にか自分を護る事に徹する様になってしまい、新しい事に挑戦しようとする事も、好きな事を続ける事すら辞めてしまう人も大勢います。

ですが、子供は非常に柔軟な物事の捉え方をしており、新しい事にはドンドン興味を持って挑戦してみたり、他の事を忘れてしまう位に好きな事に夢中になったりと、自分の好きな事をどこまでも追求して磨き続ける事に躊躇いがないのです。

…と、こう書くと『子供は世の中の事を知らないし、大人に守られているのだから出来るんだ』と思う人もいるかもしれませんが、好きな事を続ける事に関しては大人も子供も関係ないと自分は感じています。

自分が尊敬している方のお子さんは、小学生ながらも大人の自分が尊敬してしまう位の努力家で、自分の好きな事をとことん磨き続けており、その過程で何度も何度も壁にぶつかって悩んだり挫折しかけたりしたそうですが、それでも諦めずに磨き続けてぐんぐん成長しています。

大人でも目の前に大きな壁が立ち塞がれば怖気付いてしまうものなのに、それを子供も同じ様に経験して乗り越えているのですから、子供だからとか大人だからとかと言うのは関係ないと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

大人になって様々な経験を積み重ねてしまうと、良い事も悪い事も知ってしまうので、純粋な意味で物事を捉える事が出来なくなってしまいがちです。

そうなってくると、自分の好きな事にもそうした邪念の様なものが混ざってきてしまい、好きだった事が好きなだけで出来なくなってしまう事も多くなってしまいます。

そんな時に子供の純粋な努力を観てみると、好きな事をただ好きだから続ける事の大事さや素晴らしさを改めて感じる事が出来ます。

大人になってからこそ、こうした子供の生き方を見習うべきなのかもしれません。

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »