コンテンツへスキップ

外側からの声を聞き過ぎて絵を描くのが辛くなった画家のお話。


スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

数年前まで、自分は画家としての富と名声に意識が向き過ぎて、絵を描くのも生きる事も辛くなった時期がありました。

 



 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

富や名声を意識させられた外側からの声

自分は数年前までは絵を描いて如何に売るのかとか、どうやって有名な画家になるのかと考えてばかりの時期がありました。

『絵を売って生活したい』とか『画家として有名になりたい』とか、画家であれば誰でも考える事でしょうしそれがモチベーションになっている人もいると思いますが、自分は富や名声が欲しいと言う理由で絵を描いている訳ではなく、純粋にただ絵が好きで描きたいものが描きたいだけなんですね。

では何故富や名声を求める様な時期があったのかと言えば、今考えてみると自分の心の声ではなく、外側から聞こえてくる他人の声を聞き過ぎたせいかもしれません。

外側の声とは、例えば『一点物なんだし高値で売っていいんじゃない?』とか、『この絵を使ってグッズを作ってみれば?』とか、『海外の展覧会で発表して有名になってみませんか?』とか、自分の心とは別の場所から聞こえてくる他人の声です。

不思議なもので、そうした外側の声を聞き続けていると、何時の間にか自分の心の中に『絵を描いて富と名声を手に入れる』事が意識付けられてしまい、最初は好きで描いていた筈の絵が、どうしたら万人に受け入れられる絵が描けるのかとか、国内外の有名な展覧会に出展して有名になろうとか、別の事にばかり気をとられる事が多くなっていました。

 

やっぱり自分の心の声を聞くのが一番だった

最初は外側から聞こえてくる都合の良い声と、そこそこの結果が得られていた事で何とか続けていたのですが、段々と自分が何の為に絵を描いているのか分からなくなってくる事が増えていました。

ただ描きたいものを描きたくて絵を描いていた筈だったのに、その目的がすり替わって、好きな絵を描かずに他人受けの良さそうな絵を描き、展覧会に出展する為の高額な出展料を得る為に必死になってアルバイトをしていました。

そんな事を長く続けていると、自分でも気付かない内に心が疲れてしまっていた様で、周りから見ても明らかに無茶な事を平気でする様になっていたのですが、その結果、返済に数年も掛かった大きな借金を背負ったり、画家としての活動費などで金銭トラブルと人間関係のトラブルを併発し、心無い言葉でズタボロになって生きる気力すら失う事になりました

そんな人生のどん底を彷徨っていた時にもう一度生きる気力をくれたのは、『ただ好きな絵を好きなだけ描く』と言う、自分の画家としての原動力であり出発点にもなった純粋な気持ちでした。

そうして自分の心の声にだけ耳を傾ける様になってからは、今まで聞こえていた外側の声が、自分にとって都合が良い様に聞こえていただけで、実際には他人にとって都合が良い様に動かされていたと気付き、高額な出展料を必要とする展覧会に必死になって出費をする事も、自分の画家活動を手助けするフリをして不愉快な感情を押し付けてくる他人と付き合う事もなくなりました。

そうして、自分の描きたいものを好きな様に描き続ける様になってからは、決して万人に売れる作品を描く事も、必死になって働いてお金を集める事もなくなりましたが、それでも自分の絵を気に入ってくれる人と出会う事が出来ましたし、大金を払わずともSNSを使って世界中の人に作品を観てもらい評価してもらえる環境を作る事も出来、今まで一番有意義な画家人生を送っています

 

スポンサーリンク

 

まとめ

自分の心の外側から聞こえてくる声は、アドバイスとして良い影響を与えてくれる事もありますが、逆に聞き過ぎると自分の心を無視して悪影響をもたらす事もあります。

そんな時には自分の心の声をもう一度聞いてみて、自分が本当に求めているものを再度確認してみると良いでしょう。

最終的には、自分にとって良い生き方は自分で選んでいかなければ得られないものだと思いますので。

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »