コンテンツへスキップ

歳を取れば取る程、自分が変化していくので面白い。


スポンサーリンク

 

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

自分は産まれてから30年程経つのですが、最近は歳を取る事は決して悪い事ではないなと感じています。

 

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

歳を取る事は決して悲観する事ではない

皆さんは歳を取る事に対してどの様な考えを持っているでしょうか?

女性の方であれば、歳を取ると肌の衰えを気にして様々な化粧品や栄養食品を摂取する様になったり、男性は若い頃と同じ様な食生活をしていればあっと言う間にメタボになってしまう様になったり、はたまた物忘れが増えてきてちょっとした事をすぐに忘れる様になったりと、殆どの人は歳を取る事に悲観的な考え方を持っているかと思いますが、自分は最近歳を取る事が思っている程悪い事ではないと感じています。

確かに、身体的には若い世代の頃に比べると衰える部分が多いですが、逆に若い頃には全く分からなかった事や、特に何も感じなかった事などに気付く事が増えてきます

例えば自分は子供の頃、外に出掛けた時にはお土産やお菓子を買う事に興味があっても、観光地の風景や名産品などには全く興味がなく、また遊園地やショッピングモールなどの賑やかで楽しい場所が好きで、美術館や庭園・公園などは面白いものがなかったので退屈でした。

ところが最近は外に出掛けても何かを買おうとは思わず、ただのんびりあちこちを散歩しながら紅葉などの風景を見るだけで十分に満足したり、また遊園地などの賑やかな場所だとすぐに疲れてしまうので、美術館や公園などの静かでのんびり出来る場所にいる事を好む様にもなっています。

これは若い頃には決して分からなかった感覚であり、歳を取らなければ知ることがなかった事でしょう。

 

歳を重ねるほど自分自身を労れる

また歳を重ねる事で致命的なのは、若い頃よりも体力的に衰えてしまう事だと思うのですが、これは自分自身を労わるきっかけになります

若い頃には徹夜をしてもピンピンしていた筈なのに、歳を取ってからは徹夜をすると次の日がとても辛いと言う人もいますし、遊びや仕事で疲れていても一晩寝れば回復していた体力も、最近は幾ら寝ても中々疲れが取れずに残っていると言う話も耳にする事がありますが、それこそ自分の身体が歳を取って衰えてきているサインなのですから、今まで若さにモノを言わせて無理をさせていた自分の身体を、今度は労って休息の時間をきちんと取っていくべきです。

現代では、仕事などで働ける年齢が大幅に伸びてきている事で、30代や40代の年齢はまだまだ現役で働き盛りだと言われていますが、冷静に考えてみればなんとか30年40年もの間自分の身体は動き続けているんですから、幾ら働き盛りだと言われてもやはり身体は確実に衰えてきているのです。

また歳を取る事を良しとしない人は、年齢に反して若々しい物事に挑戦する事も多いかもしれませんが、それによって自分の身体を痛めつけてしまう事も少なくありません。

若々しくあり続けようとする事は決して悪いことではないと思いますが、その為に自分の衰えた身体に無理をさせる事は、結果的には自分自身の老化を加速させる結果にもなりかねません

 

スポンサーリンク

 

まとめ

何時までも若々しくあり続けたいと言う欲求は、古代から人間が持ち続けているものですが、生き物として生きている限りは歳を取る事は避けられない事だと思います。

ですが、歳を取らなければ経験し得ない事や感じられない事も沢山ありますし、歳を重ねただけ様々な知識や経験も重ねる事も出来るので、歳を取る事は必ずしも悪い事だとは思いません。

若さを保つ事も大事な事であるかもしれませんが、素直に歳を重ねる事を受け入れて楽しむ事も必要なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »