コンテンツへスキップ

嫌な事が多いと感じるのは思考回路のせいかも?


 

スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分身の回りではやたらと嫌な事が頻発している…と感じている方、もしかしたら自分自身の思考回路が一因かも知れません。

 

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

嫌な事にフォーカスは合いやすい

これは人間に限った事ではありませんが、生き物は自分の身を護る上で嫌な事や不快な事にはよく注意が向くものです

嫌な事や不快な事に意識が向く事で、次に同じ目に遭わない様に警戒する事が出来るので、自然界で生きていく上ではこれは必要不可欠な事です。

ですが、人間の場合は自然界の様な死と隣り合わせの過酷な環境で生きている訳ではありませんし、何より人間は他の生き物よりも考える事に長けた生き物なので、嫌な事や不快な事があってもそれに立ち向かったり解決方法を見付け出したりする事も出来ます。

しかしながら、考える生き物であるが故にそういった嫌な事や不快な事を、現状よりも悪く考えてしまったり、何時までも引きずってしまったりする事もあります

 

スポンサーリンク

 

一つ続くと芋づる式に考えてしまう

例えば何か嫌な事や不快な事に遭遇してしまうと、意識せずともその出来事を考えてしまうのが人間です。

そこで『たまたま運が悪かったんだろう』と受け流してしまえば良いのですが、『何で自分がこんな目に遭うんだろう…』とか、『こんな自分だから運がないんだ…』とその出来事に注意が向いてしまう人が多いかも知れません。

そうなってしまうと、何時もであれば全く気にも留めない些細な出来事であっても、悪い事に意識が向いてしまっている思考回路ではそんな些細な事ですら敏感に反応してしまい、気付けば嫌な事や不快な事ばかりが身の回りで起きている様に感じてしまうのです

このネガティブな思考回路に嵌ってしまうと、物事の全てが自分にとって嫌な事で不快な事ばかりの様に感じてしまうものです。

 

スポンサーリンク

 

思考回路次第で物事の捉え方は変わる

全ての出来事が思考回路だけで解決する訳ではありませんが、それでも日常で感じている些細なストレスを軽減させる効果はあるでしょう。

しかしながら、この思考回路は自分自身の心身の状態によっても大きく左右される部分があり、特に体調不良や精神的な疲労で弱っている時程、ネガティブな思考回路に陥りやすいものです

自分の周りにもネガティブな思考回路に陥っている人を見掛けますが、やはり不摂生や睡眠不足など生活が不規則な人が多く、また日本人に多い自分への過小評価な考え方も、物事をネガティブに捉えてしまう一因かも知れません。

健全な心と身体を保ち自分自身をもっと肯定する事で、全ての物事は自分にとって悪いものだと考えてしまう思考回路に、歯止めを掛けるきっかけになると思います

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ネガティブな思考回路に陥らない様にする為には、まず自分自身の心と身体を健全な状態に保つ事が重要になります。

毎日の食事や生活習慣で体の健康と保ち、自分は自分のままで良いと言う自己肯定を続ける事で心の健康を保ち続けましょう。

そうするだけでも、日常での嫌な事や不快な事を感じ取るセンサーは穏やかになる事で、ネガティブな思考回路に陥る回数が減っていくと思います。

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »