コンテンツへスキップ

自分に合った人付き合い、出来ていますか?


 

スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

皆さんは自分に合った人とお付き合いが出来ていますか?

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

貴方はどんな人と付き合っていますか?

皆さんは、今自分がどんな人達と交流を持っているのか考えた事はあるでしょうか?

学校や職場にいると、様々理由から沢山の人と交流を持つ事があると思いますが、その中には一緒にいて楽しかったり、お互いに向上していける人もいたり、時には自分にとって好ましくない事をする人もいます。

日本では子供の頃から『色んな人と仲良くしなさい』と教えられる事が強い傾向にありますが、大人になって良くも悪くも様々な事を経験させてもらった自分としては、無理をして不特定多数と付き合っていくよりも、自分にとってプラスになる人を厳選して付き合っていく事がベストだと思います。

正直、自分が我慢や無理をしていないと付き合えない人は、自分にとって必要のない人である事が殆どです

スポンサーリンク

一緒にいるべきでない人とは距離を置く

人と付き合う上で最も難しい事は、最初のうちは相手がどんな人となりなのかが分からない事ではないでしょうか。

これは自分が人生の師として尊敬している方でも難しいらしく、その方は数千人の人を育てる仕事を経験されているので、恐らくは自分が知っている方の中では最も人を見る目がある方なのですが…それでもです。

ですので、最初から良い人と付き合えることは無理だと覚悟した上で、取り敢えず半月〜半年程付き合ってみて、その間に相手が自分に好ましくない言動を取ってきたらすぐに離れましょう

で、最も難しいと思うのは、一度付き合い始めた人と離れる事だと思いますが、自分は相手が好ましくないと分かった時点で突き放した言動を取って、少々強引な感じで距離を置くようにしています。

これをする事で、最初は相手から多少の嫌がらせを受ける事(業務的な挨拶を無視されたり、仕事の邪魔をされたり、何かする度に舌打ちされたり)はありますが、こちらが一切無視して放っておけば相手が勝手に飽きるので良いんです。

これは自分の経験談から話している事なので、この方法と期間が正しいかどうかは分かりませんが、自分にとって好ましくない相手かどうかを選別する際には、大体半月〜半年間の間で分かるようになりました

スポンサーリンク

お互いにWIN-WINになれる人と付き合おう!

お互いに向上しながら良好な関係を持てる人と付き合う事が、自分の人生をより良くする上では一番効果があるでしょう

自分と自分の尊敬する方との関係であれば、自分はその方から人間関係や自分の夢を持ち続ける事の大事さなどを学ばせてもらっていますが、稀にその方が様々な悩みを抱え込んで鬱々とされている事もあります。

そんな時に自分はその人が気が済むまでただずっと話を聞いている事がありました、そうすると『一人で考えると悪い方にばっかり考えちゃうから…聞いてくれて有難う』と言われます。

これは自分にとってもその方にとっても、恐らくはWIN-WINの関係性を持てているから、仕事以外のプライベートでもおつきあいさせて頂けているのではないかと思います。

ここで一つお話ししておきますが、WIN-WINになれない人と一切付き合うなとは言いません

職場や学校では不特定多数が一緒に作業する事の方が多いので、その様な業務的な付き合いをする人と、お互いにWIN-WINになれる付き合いをする人とをはっきり分けておく事が大事だという事が言いたいのです。

業務的な人だと割り切っていれば、多少好ましくな事があっても『まあこの人とは職場だけの付き合いだし…』と割り切れます。

その分、自分とWIN-WINのお付き合いをしている人を、目一杯大事にしていけば良いのです。

スポンサーリンク

まとめ

自分は社会経験が同年代の人よりも圧倒的に不足しているので、人付き合いに関してはおそらく失敗した経験がかなり多かったと思いますが、だからこそ、自分がどんな人と付き合っていくべきなのか、どんな人が自分にとって好ましくない人なのかを、身を以て経験する機会も多かったと思います。

自分にとって良い人付き合いを持つ事は、自分の人生を豊かにする事にも繋がりますので、今一度自分の付き合っている人を見直してみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »