コンテンツへスキップ

自分の価値観だけを、ものさしにするな!


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は世間や人間を、自分の価値観のものさしだけで測らない様に心掛けています。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

価値観が偏り易くなった現代

皆さんは毎日SNSを利用していますか…いや、恐らく愚問でしょう(笑)。

自分は取り敢えず朝起きて必ずチェックする位には、自分の生活の中にSNSが浸透しているのですが、もっと使用頻度の多い人は数十分おき位にチェックしていたりするのかも知れません。

そんなSNSなのですが、あれって自分が読んでいて楽しいものだったり、観てみたい写真を載せてくれる人などは、ササっとフォローして何時も自分のTwitterで観られる様にする事が出来る一方、自分が嫌いな人や嫌な事をブロックして全く観ない様にする事も簡単ですよね。

それ自体が別に悪い事だとは思っていませんが、『自分の都合が良い情報だけを見聞きする環境』に慣れ過ぎてしまうと、本当は世界には様々な価値観を持っている人達がいる事を忘れがちになってしまう様に思います。

スポンサーリンク

自分の価値観が100%正解ではない

Twitterを拝見していると、特に価値観の相違をお互いに主張し合っている方々をよく見かける様になりました。

明らかに『いや、その主張は間違っているだろう…』と思うこともある一方、双方の意見に納得のいく理由が付いている場合が多い様に、個人的に感じる事が多いです。

しかしながら、これは『自分≠他人』と言う当たり前だけれども、ついつい忘れがちなごく当たり前な状況だから起こるものであって、実際に何かの意見を主張し合っている双方共に、自分の価値観が絶対的に正しいという考えであるからこそ起こる価値観の不一致なのでしょう。

ですが、世界には100%正しい価値観を持っている人はいないと思いますし、自分自身の価値観を100 %正しいと受け入れてくれる人も存在しません

スポンサーリンク

自分≠他人という方程式の重要性

基本的に自分の価値観が100%受け入れられる事は難しいとは思いますが、余程の非常識な価値観でない限りは80%位の人は同意してくれるでしょう

100%に比べれば少ない数字かも知れませんが、自分≠他人ではない時点で自分の価値観を100 %他人に理解して貰う事は不可能なので、その数字に完璧さ求める事は間違っていますし時間と労力の無駄です。

そもそも、何か意見を言えば反対意見が出てくるのは当たり前の事なのですから、80 %が同意してくれただけでも十分な数字になるでしょう。

しかし、価値観の違う人の意見というのは、自分でも気付かなかった自分自身の価値観の致命的な弱点であったり、自分の価値観を更に精度の高いものにするきっかけになるものです。

ただの僻みや中傷なら無視しても構わないでしょうが、何でもかんでも自分と価値観が合わないから否定したりするのではなく、『こういう意見もあるんだな』と受け止められる余裕を持って、別の価値観を持つ人の意見を聞く事が出来るのが一番ベターな方法だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

自分の価値観と他人の価値観が必ずしも合うものではなく、寧ろ個々の価値観が違う事が当たり前だという事を忘れてしまい、自分と相容れない相手を闇雲に攻撃してしまいがちなのは、もしかすると今も昔も変わらないことかも知れません。

しかし、そうした自分とは違う価値観があるからこそ、自分の価値観の間違いに気付いたり、自分の価値観を改善する事にも繋がりますので、常に自分の価値観が絶対的に正しいとは思わず、違った価値観を持つ人の意見も聞いてみる様にする事をお勧めします。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »