コンテンツへスキップ

お金を稼ぐより、お金を使わない暮らしが良い。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

皆さんお金が沢山欲しいですか?自分はお金を使わない暮らしの方が欲しいです。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

兎に角お金を稼ぎまくれば良い⁉︎

皆さん、今よりももっとお金が沢山欲しいと考えていますか?

今よりももっとお金が沢山あれば幸せになれると思いますか?

恐らくは殆どの人達は『そりゃお金が沢山あった方が良いだろ!』と思うかもしれませんし、その為にお給料の良い会社で働いたり、更に残業をして残業代をプラスさせたり、更に更にダブルワークや副業を始めて副収入を増やしたりしている人も沢山いらっしゃるかもしれません。

更にそれに追い打ちをかける様に、世間では幸せな老後を過ごす為に必要な費用とか、事故怪我病気になった時に掛かる費用とか、○○世代の平均貯蓄額とか、兎に角いきていく為には沢山のお金が必要!と攻め立ててくる情報が毎日飛び交っています。

ですが、お金を稼ぐ事だけを頑張れば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

お金が沢山あっても消えない不安

お金が沢山あれば、将来の不安は消え、幸せになる事は出来るのでしょうか?

実際の所、お金が沢山あってもそう簡単に不安は消えないものですし、必ずしも幸せになれるとも限りません

自分はそこまで大金を持った事がないので分かりませんが、よく聞く話には大金を手に入れた人は人格が変わると言う話です。

宝くじで1億円当たった人が、そのお金を老後の為に貯金するのかと言えばそんな事もなく、毎日酒池肉林の生活を送り、高級車や高級住宅を購入し、何度も海外旅行に行き、結局数ヶ月で全て使い切ってしまう事も多い様です。

また、沢山お金を稼げる自分が如何にエリートな人間かを誇示する為、高級レストランで食事をしたり、高級ブランドのバッグを購入したりして、結局稼いだお金と同レベルかそれ以上に散財してしまい、結果的に貧乏な暮らしを余儀なくされる事もあります。

もっと現実的に考えれば、収入が増えれば税金などで引かれる金額も比例して増えていくので、手取りがとても減ってしまう事も多いでしょう。

お金が増える事が、必ずしも不安を解消させる事には繋がらないのです

スポンサーリンク

お金を使わない暮らしの方が断然良い

自分はアルバイトで週4.5日位の割合で働いているのですが、その位の仕事で貰えるお給料であれば余裕で一人暮らしが出来ています。

それは自分が絵を描く事以外に対して殆ど欲求がない(特に物欲がない)事が要因かもしれませんが、本当は生きていくだけならばそれ程お金は必要ない筈なのです。

自分は最低限の衣食住+画家活動が続けられるお金があれば、それだけで十二分に幸せな生き方が出来ると確信していますし、そもそも大金をかけなければ手に入らない幸せは自分の身の丈に合わない幸せだと思うので、いずれその幸せは破綻せざるを得ないでしょう。

そうなる前に、ちょっと自分の普段の暮らしを振り返ってみて、『本当はお金を掛ける必要のない事』を改善してみると良いです。

毎日買っている自販機の飲み物を止めたり、お昼ご飯を食堂で買わずにお弁当を持参したり、衝動的に買い物をする事を気を付けたり、何万円もする新品の洋服を買わずに古着を買ってみたり、今使っている物を乱暴にせず大事に使ってみたり…。

そういう小さな事を繰り返すだけでも出費は減っていきますし、お金を使わない暮らしに慣れてくると『生きるのにお金ってそんなにいらなかったな』と気付くと思います。

スポンサーリンク

まとめ

お金を稼ぐって簡単に聞こえて、実はめちゃくちゃ自分に無理強いをしなければ出来ない事です。

自分の好きな事を削って働く時間を増やしたりするのもストレスですし、働き過ぎて身体を壊し、治療費などで逆に出費が嵩む事もあります。

お金を掛けて自分を必要以上によく見せようとせず、等身大の自分で生きていれば、自然とそれ程お金が必要ではなくなると思いますので、今一度自分が何にお金を掛けてしまっているのかを把握してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »