コンテンツへスキップ

転んでもタダでは起きない貪欲さを持て!


 

スポンサーリンク

 

今日も一日疲れ様です、蟲人です。

人間失敗して転ぶ時もありますが、そこから立ち上がる時には『タダじゃ起きねえぞコンニャロー‼︎』位の貪欲さで立ち上がりましょう。

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

失敗して凹むだけなんてナンセンス

自分で言うのもなんなんですが、自分は今までの人生で小さなものから大きなものまで、物凄く沢山の失敗をしてきています(恐らく今後もしていくと思われる)。

失敗してしまうとそこで盛大に転んで痛い思いを味わう羽目になる訳ですが、その時に『失敗して転んだ…痛いし悲しいし嫌になるな…』と、ただその場で延々と悲しんでいるよりは、『転んじまったー‼︎何で失敗しちまったんだー‼︎次は絶対に転ばねーぞコンチクショー‼︎』と猛烈な闘争心を燃やして、転んだ時のダメージを次の挑戦の為のバネに利用して転ぶ前以上の勢いで起き上がってしまう方が良いと思います。

失敗して転んだ所でただ悲しんでいると、そこから起き上がれずに立ち直れなくなる事もありますが、そこで立ち上がって持ち直せば幾らでも再挑戦してやり直す事は出来ます。

スポンサーリンク

失敗は次の成功への糧である

そもそも、失敗して転ぶ事は悪い事ではありません

寧ろ、一度も失敗せずに成功する人なんてこの世に存在しませんし、現代社会まで人間を豊かにしてくれてきたものは、全て山の様な失敗を繰り返してきた事で生まれた産物なのです。

ですが、何故か現代社会では『失敗する事は死を意味する…』かの様な雰囲気が出ており、常にみんなで失敗して転ばない様にやたらと慎重に人生を歩んでいて、みんなと同じ生き方をする事が最善の生き方だという様な空気がします。

ですが、みんなと一緒にする方法が必ずしも失敗しない生き方だと言う保証は何処にもありませんし、もしもみんなが一斉に転んだ時には共倒れは免れないと思います。

それならば、一人でコツコツ挑戦して、その度に失敗して転んで学んでいく方が、意外と安全な生き方かもしれません。

スポンサーリンク

沢山失敗して転んで立ち上がり続けましょう

個人的には、失敗して転んでそこから立ち上がり続けた人の方が絶対に強いと思います。

見た目はボロボロになっているかもしれませんが、それだけ様々な事に挑戦して、失敗して、その失敗を糧にして成功した証であるからです。

何にも挑戦せずにいれば、確かに無傷で済みますし見た目もボロボロになる事はありませんが、その場合は何かトラブルに遭遇して転んだ時には起き上がる事が出来ずに、そのまま立ち直れないかもしれません。

人間の骨はただカルシウムを摂取するだけでは丈夫になる事はなく、毎日沢山歩いたり運動したりわざと骨に負荷をかけ続ける事で、丈夫な骨を手に入れる事が出来るのと同じ様に、沢山挑戦して失敗して転んで起き上がり続ければ、知らず知らずのうちに自分自身を鍛える事になるのです。

そうして鍛えられた人間はとても強くて強靭なので、更なる物事に挑戦していく事が出来るものです。

スポンサーリンク

まとめ

こんな記事を書いている自分は、まだまだ失敗して転ぶと立ち直るまでに時間を要する人間ですが、転んでそのままでいる事は決して良しとしないので、時間が掛かっても絶対に起き上がる様にしています。

そう言うド下手くそな生き方ばかりをしているので、時々満身創痍で動けなくなりそうになる事もありますが、そう言う時には絵が自分を助けてくれるので、なんとか起き上がって前に進む事も出来ています。

失敗して転んでその場で嘆いているよりは、そこから何がなんでも起き上がって挑戦し続ける方が、意外と楽しい人生を送れるかもしれませんね。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »