コンテンツへスキップ

情報を取り過ぎていませんか?


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

昨今は何かしていても、何もしていなくても膨大な情報が手元に入ってくる様になっています。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

あらゆる方向から情報の波が押し寄せる

昨今は何もしていなくとも、自分の手元にスマホを通して様々な情報が届く様になっています。

朝起きてスマホを開けばTwitterやfacebookなどのSNSから情報が届き、パソコンを立ち上げればホーム画面から情報が届き、外に出れば街頭テレビやポスター、お店に入ればチラシなど、逆に何も情報がない空間を探す方が難しくなっているかもしれません

情報は自分達が知らない事を教えてくれるので、未知の不安というものを緩和させてくれたり、知的好奇心の強い人間であれば知らない事を知る事で、知的好奇心を満たして満足する事もあるかもしれません。

しかしながらあまりにも多過ぎる情報は、時として自分達の行動を抑制したり、誤った言動や偏見を引き起こす事にもなります

スポンサーリンク

全ての情報が正解とは限らない

今現在、自分達の周り(最近では主にスマホが主流でしょう)で得られる情報の大半はネットを通じたものが多いと思うのですが、ネットから得られる情報は気軽に手に入る事が利点ですが、同時に手軽すぎるが故にその情報の中には信ぴょう性に欠けるものも沢山あります。

以前、自分がまだまだ他人から好かれる事を重視していた頃、他人が何を考えている時にどの様な言動をするのか、と言う事をネットで調べた事があったのですが、様々な情報が入り乱れ過ぎていて全く参考にならなかった事がありました。

今考えてみると、そもそも人間とは個人の性格や環境など様々な要因によってその言動は左右されるものなので、ネットで流れている情報が全くのウソではないにしても、それだけで相手の感情や思考を読み取ると言うのは、最初から無理があるのかもしれません。

ま今から50年程前に『トイレットペーパー騒動』と言う事件があったのですが、その時オイルショック(原油の高騰など)が起きて物資不足になると言うデマが流れた事で、一時トイレットペーパーが店頭から消えた事がありましたが、これは間違った情報が招いた出来事の典型でしょう。

スポンサーリンク

何事も過剰摂取すれば悪影響になる

テレビで『○○に効果のある食べ物!』と言う類の宣伝が放送されると、次の日には放送された食べ物が売り切れている事がありますが、何事にも適正量というものがあります。

熱中症を予防する為にスポーツドリンクを毎日2ℓ以上飲み続けて糖尿病になったり、グレープフルーツが心臓病予防に効果があると毎日食べていたら高血圧の薬の効果を高めてしまって別の意味で体調を壊した(ちょっと違うかな?)など、良いものでも過剰摂取すれば毒になるものです。

恐らくは情報に関しても同じ様なもので、『情報第一!』とは言ってもその情報が正しいものなのか、それとも嘘の情報なのかを分別せずに無差別に取り入れてしまっては、結局自分の中にある疑問が解消されるどころか、間違った情報に流されてとんでもないミスをしでかしてしまう事にもなりかねません。

食べ物と同じ様に、情報を取り入れる時にただの情報おデブにならない為に、情報の過剰摂取には気を付けたいものです。

スポンサーリンク

まとめ

自分も日々様々な情報を調べていますが、ネットで一つの単語を検索するだけでも数十万件の情報がヒットして、毎回その数の多さに驚かされるものです。

しかし、その中で自分が求めている答えは少数であることが殆どなので、全ての情報を鵜呑みにしない様に常に考えて情報を取り入れています。

様々な情報を気軽に手に入れられる世の中、是非とも情報おデブになってしまわない様にしていきたいと思います。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »