コンテンツへスキップ

結果を求めるまでが早過ぎて非現実的です。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

最近、何でもかんでも結果や結論を出すまでのスパンが早過ぎると思います。

 
 
 
蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓
 

何でも『すぐ』に結果を欲しがるな

皆さんは何かする時にはすぐに結果が欲しいと思ってしまうセッカチさんでしょうか?

そう言っている自分も、以前は何かと『早くして!』と言う感じのセッカチさんだったのですが、その頃はよくスーパーのレジ待ちで人数が少なそうなレジにちょこちょこ変えて早くお会計を済まそうとしたら、結局最初に待っていたレジが一番早く終わってて自分はレジを通るのが遅くなったと言う、本末転倒なことばかりしていました(笑)。

レジ待ちの話は皆さんも結構あるあるな話だと思うんですが、こんな感じに早く結果が欲しい!と思って無計画に行動したら、結局早く結果を出すどころか逆に遅くなってしまって失敗した!と言う事は多いのではないでしょうか。

早く結果を出す事、また結論を出そうとする事ばかり考えていると、先走って失敗して結局結果を出すまでに余計な時間が掛かってしまう様な、ロクな結果にならないものです。

スポンサーリンク

早急に進めようと早まって失敗する

急いで結果を出したいと考えている時こそ、じっくり腰を据えて考えなければ自分の望んでいる結果には辿り着きません

そもそも、望んでいる結果や結論というものは一発で出てくるものではなく、大抵はtry&errorを繰り返す事で得られるものです。

ロクに時間も労力も掛けずに行き当たりばったりで行動しても、途中で袋小路になるか頓挫するかしてしまいます。

先程try &errorの話を出した様に何も手掛かりもない状態であれば『取り敢えずやってみよう!』とスタートしてみて、そこで何度も何度も失敗する事で望む結果に辿り着くのであれば良いのです。

しかし、そのtry & errorをする時間すら省いて結果を出そうとするから、望む結果がなかなか出ないのです。

以前、自分も画家として成功して早くお金が欲しい!と焦り過ぎたあまり、とんでもない人間関係・金銭トラブルに巻き込まれてしまった事がありますので、無闇矢鱈と早急に結果を求める事はしない方が無難です。

スポンサーリンク

時間を掛けて確実に結果を出す!

ところで、自分が今こうして書かせて頂いているブログなのですが、4年程前からGoogleアドセンスさんを導入させて頂いております。

恐らくは自分の書いた記事を読んで下さっているので、記事のあちこちに広告が表示されているので御存知かと思いますが、こちらの広告収入がもうすぐ8000円に届きそうです(皆様のお陰です有難う御座います!)。

しかしここまでに至るまでに、自分は4年間(何度か休止したり記事を全て消して書き直したりしているので真面目に書き始めたのは去年くらい)掛かっているんです。

また、本業である画家活動に至っては、子供の頃から絵を描き続けてかれこれ20年掛かって自分が描きたいモチーフ、伝えたい人生観・価値観・死生観、画風に辿り着き、漸くここ数年で自分の絵が評価されたり、購入してくれるファンの方々と出逢えるようになってきています。

正直、自分でもよく此処まで続けられているなと思いますが、やはり自分が心から望む確実な結果を出す為には、これだけの時間が掛かってしまうものなのです。

本当に早く結果を出したいと考えているのであれば、時間を掛けてtry & errorに挑戦し、途中で投げ出さずに続ける事が結果的には最短ルートでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

自分の場合は元来飽き性なので、結果を出すまでにこれだけの時間が掛かってしまったのかもしれませんが、もっと集中出来る人であれば時間を掛けてももっと早く結果が出るのではないでしょうか。

何れにしても、焦って結果を出そうとすれば逆に余計な失敗に費やす時間が増えるだけで、結果を出すまでに更に時間が掛かってしまうだけだと思うので、確実な結果を出す為に相応の時間を掛けて結果を出す!と言うスタンスの方が一番効率良く早く結果を出せるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »