コンテンツへスキップ

自分とは最大の味方であり、最大の敵である。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

人生を生きていく中で、自分にとって最大の脅威とは自分自身だと思います。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

自分を良くも悪くも出来るのは自分

自分自身に関して人間とは時として甘くもなりますし、時として厳しくする事もあります

何か辛い事があった時、その辛い事から逃げようとする人もいれば、敢えてその辛い事に挑戦して乗り越えようとする人もいます。

何か楽しい事があった時、その楽しさを何時までも味わっていたいと思って自分を甘やかす人もいれば、一時期な快楽に甘んじる事なく、自分を律してステップアップを試みる人もいます。

人間は生きている間に数え切れない程の選択を迫られる事があり、またその選択肢も何通りもあってそう簡単には決められない様な事もあります。

そんな数多に現れる選択肢の中で、自分自身を良い方向へ進ませる選択肢を選ぶのも、また逆に堕落的な方向へ進ませるのも、最終的には自分自身であると思います。

スポンサーリンク

最終決定を下すのは己自身だ

自分は中学生の時、自分で進学したい高校を選択した時に『自分の人生は自分で責任を持って生きていく』と決めました。

と言うのも、周りの同級生達が無難に自分の偏差値に見合った高校を選んでいる中で、自分は偏差値が圧倒的に低い高校を選んでいた(別に自分の偏差値が特別高かった訳ではなかったんですが…)為、教師や親から『あなたの偏差値ならもっと上の高校が良い』と言われたのですが、自分は偏差値で学校を選ぶよりも、自分のやりたい事が出来る学校に行きたかったのです。

もしも此処で『みんながそう言ってるし…やっぱり別の高校に行こうかな』と、他人から与えられた選択肢に甘えていたら、おそらく今の様に絵を描く事を生き甲斐にする自分には慣れなかったと思いますし、その事を後悔して引き摺ったり、別の高校に行く事を勧めた教師や親を恨んでいたかもしれません。

しかし、自分は『自分の好きな事をしたい』と言う自分自身の選択肢を選択し、見事希望の高校へ進学する事で現在の画風の基礎と、長い付き合いとなる心友を得る事が出来ました。

自分自身で将来の選択をする事は、真剣に自分の将来を考えて悩まなければならないので、周りに『〇〇する方が良いんじゃない?』と言われてしまうと、その悩みから逃げたくなって他人の意見を鵜呑みになりがちですが、そこで自分を甘やかして逃げてしまうと、『やっぱり自分でちゃんと選べば良かった…』と後悔する羽目になる事もあります。

自分自身にとって苦しみながらも最良の選択肢を選ぶ事も、自分を甘やかしてその後後悔を引きずる選択肢を選ぶのも、最終的な決定権を下すのは自分自身なのです。

スポンサーリンク

自分自身と真摯に向き合っていこう

自分が納得出来る、或いは後悔を引き摺る事のない良好な方向へ向かう為には、常に自分自身と向き合っていく事が大事です。

自分自身に背を向けて周りの意見に沿ってばかりの選択は、後になって必ず大きな後悔を自分の中に残しますし、その選択肢を与えた周りの人達や環境を後々恨む事にもなりかねません。

『あの人がこう言ったから…』とか、『他に方法がなかったから…』とか、後から言い訳をした所で、結局はその選択肢を選んだのは自分なのです。

そんな後悔に塗れた人生にしない為にも、日頃から『自分は何がしたいのか?』『自分に必要なものは何なのか?』と自問自答し、自分がどの様な生き方がしたいのかを常に明確にしておく事で、自分が後悔しない選択を選ぶ事が出来るでしょう。

周りから与えられた選択肢を鵜呑みにして自分を甘やかすのか、それとも自分で選択肢を選んで茨の道を進むのか…慎重に生きていきたいものです。

スポンサーリンク

まとめ

何だか難しい話になってしまった感じがしますが、要するに『自分に素直になって生きていれば後悔はない』と言う事です。

自分の心から目を逸らして周りからの視線を気にしているから、自分が思い描いた人生に向かう為の選択肢を選び難くなってしまうのです。

自分で覚悟を決めて選んだ事は、失敗しても後悔する事は意外と少なかったりするので、自分の人生を進む為の選択肢を選ぶ事が面倒臭くても、自分を甘やかさずに自分で意思決定をして生きていく方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »