コンテンツへスキップ

案ずる暇があるなら、取り敢えず動く方が易し。


 

スポンサーリンク

 

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

物事を始める前って、あれやこれやと考えてしまって中々動けない事があったりしますが…それならば取り敢えず行動を起こしてみた方が賢いです。

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

始める前ってあれこれ考えがち

皆さんは何か物事を始めようとする時、行動を起こす前に色々考えてしまって身体が止まってしまう事はありますか?

『これをやって失敗したらどうしよう…』とか、『こんな事をして怒られてしまわないだろうか…』とか、自分は主にそう言う事を考えてしまって手が止まる事は多いです。

しかし、こういった理由で手が止まってしまう事は別におかしな事ではなく、寧ろ大げさに言ってしまえば自分が何らかの被害を被る事を避ける為の、一種の防衛本能みたいなものが働いている証拠だと思います。

ですが、その様に考えるのは自分の命に関わる様な事、または自分の人生をぶち壊してしまうかもしれない事など、本当に一世一代の出来事であり、普段の生活の中でそこまで深刻な行動に移る機会はあまりないと思います。

いやそもそも、頭で考えているだけで何も行動しないのであれば、良くも悪くも何も物事は何も変化する事はありません。

余程のリスクがないのであれば、考える前に取り敢えず行動を起こしてしまって良いと思います。

スポンサーリンク

正直悩んでいる時間と労力が無駄

自分は絵を描く時に構図や色彩構成などをそこそこ考えてはいますが、元々じっくり物事を考えるのが得意ではないので、ある程度骨組みが出来たらそのアイディアを木製パネルに描き始めてしまいます

そしてそんな風に何時も製作を始めてしまうので、大抵は下書きの途中段階で『やっぱりここはこうしよう』とか『ここはもう少し描き直してみよう』とか、描きながらその都度修正を加えて描いています。

正直、効率は決して良い方法ではないと思いますが、絵を描いている時…特に大きめの作品の時には、ラフスケッチの時のイメージと実際に木製パネルに描いてみた時の印象が、自分が頭の中で思い描いていたのとイメージが違ったりするんですね。

それは頭の中で延々と考えていても絶対に気付く事が出来ない差異である事が多く、その差異に気付く事なくラフスケッチだけでイメージを固めてしまうと、いざ本番になった時に『何か考えていたのと違う?』と違和感を持ってしまうのです。

それこそ、頭で考えて描いただけのラフスケッチにばかり時間を使ってしまい、本番になって差異が出てきてまた修正し直す…と言う時間と手間が無駄だと思います。

スポンサーリンク

失敗なんて恐れず取り敢えず行動すれば良い

自分は高校時代と専門学校時代には美術系の学校に通っていた訳ですが、その頃は絵を描いていて失敗する事がとても嫌で、絵を描き始めるまでに大層時間が掛かっていました。

パソコンで描いている絵ならば簡単に修正する事が出来るかも知れませんが、自分の様に絵の具を使ったアナログな絵の場合は、色の配分を間違えたりすると簡単にはやり直しが出来ないので、兎に角失敗する事が嫌だったのです。

しかし今になって考えてみれば、そもそも失敗をせずに上達出来る事は存在しない訳でして、失敗して苦い経験をするからこそ『次はこうしてやってみよう』と改善策を考えたり、思わぬ失敗で『これは良いかも知れない!』と新しいアイディアを発見する事も少なくありません。

最近ではそんな風に考えられる様になってきたお陰か、作品の製作スピードも製作枚数も上がってきており、その度に失敗する事もありますが大抵はただの失敗で終わる事なく、『これはこうするとこうなるのか!』と次に繋がる失敗となってくれています。

何かするなら、考えるよりも取り敢えず行動してみると良いです

スポンサーリンク

まとめ

何かしようと思ってあれこれ考えると、大抵は悪い方向に考えてしまったり難しく考えてしまったり、勝手に自分の頭の中でハードルを上げてしまって悩む事がありますが、実際にやってみると『こんなもんだったのか』と感じる事は実は結構あります。

リスクを考えて行動する事も大事ですが、取り敢えず行動して実際に経験してみるのも、中々面白いと思いますよ。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »