コンテンツへスキップ

幸せなおバカさんでも良いじゃない?


 

スポンサーリンク

 

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

世の中は要領良く賢く生きる事が正しい事かもしれませんが、少しくらいおバカで生きていても良いと思います。

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

他人の言動を気にし過ぎて疲れます

日本人の特有の考え方なのかは分かりませんが、大人になると場の空気を読んで行動するとか、相手の言動の裏側を読んで本心を探る…とか、やたらと超能力の様な力を発揮する事が良い事だと思いがちです。

ですが、実際の所人間なんて所詮はただの動物なので、そんな超能力は持っていませんし、特に相手の言動から相手の本心を当てるだなんて到底難しい事だと思います。

と言うか、そんな事ばかりを気にしていたら人と会話をする度に疑心暗鬼になりますし、そんな事ばかり要求するから他人と話をするのが嫌になる…所謂コミュ障(違ったらごめんね)の人も増えてしまうのではないかとも思います。

かく言う自分も自分で言うのは何ですが、そこそこには空気を読んだり、相手が本当はどんな事を考えているのかと考える事はありますが、やはり毎回毎回そんな事を考えていると『めんどくセー』と思ってしまうのが本音です。

スポンサーリンク

ちょっと鈍感なおバカさんでも良いと思う

他人の言動から本心を読むと言うのは、相手が何か深刻な悩みを抱えていて、でもそれを自分から中々言い出せずに苦しんでいる、と言った状況であれば大変に素晴らしい事ではあります。

しかし、相手が自分へちょっとした悪意を込めた言動、所謂『皮肉』などが分かってしまうと、こちらとしてあまり良い気分ではありませんし、何となく萎縮してしまってそのあとの会話も楽しめなくなります(皮肉を言ってくる時点で関わるなと言われればそれまでですが)。

なので、自分としてはそう言った自分にとって都合の悪そうな言動は、敢えてその言動の本心なんて探らずにその言葉のまま受け止めてしまって良いのではないかとも思います。

皮肉って、一見するとこちらを褒めている様で実は非難している…と言う事が分かってしまうからしんどいので、その非難している本心をまるっと無視して褒めてくれている言葉だけを聞いていれば、それは皮肉ではなくただの褒め言葉になるのです!

スポンサーリンク

幸せなおバカさんでも良いじゃない?

皮肉の非難している部分を無視して、褒め言葉だけを受け取ってルンルンになるってなんて幸せな人(哀れ目)…と思うかもしれませんが、自分にとって都合の良い様に物事を捉える事自体は、決して悪い事ではないと思います。

先程も書きましたが、他人の言動の裏を読む事ばかり考えていては、そもそも会話なんて素直に楽しむ事が出来なくなってしまいますし、実際の所、相手が何を考えているか100%理解する事なんて血の繋がっている家族でも出来ないのですから、赤の他人なんて絶対に不可能です。

それなのに、相手の言動の裏を読もうと必死になって、それが空回りして何でもかんでも自分への非難として捉えてしまっては、人と付き合うことに対して全く楽しみを持つ事が出来なくなり、下手をすれば疑心暗鬼に陥って、そりゃ人付き合いが嫌にもなるよな…とも思います。

それならば相手の裏を読む事は少しだけ止めて、例えそれが皮肉だろうが言葉通りの意味に受け取って自分の都合の良い様に物事を捉えて、気楽に生きてみても良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

個人的には空気を読む事や、相手の言動の真意を探る事を全くしなくて良いとは思いません。

人間には共感力というものがあるので、100%空気を読んだり相手の真意を当てる事は出来なくとも、何となく分かる部分はあると思いますので、そう言った感覚を持ち続ける事も大事な事です。

しかしそのことばかりを気にしていては、自分の精神をすり減らして精神を病んでしまう事になりかねないので、何事も程々が良いと言いたい訳です。

程々に空気を読み、程々に皮肉を受け流し、気楽に生きていても悪くはないでしょう。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »