コンテンツへスキップ

学生&社会人の皆さん…たまーにズル休みしても良いのよ。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

全国の学生&社会人の皆さん!一年は約365日もあるんですから、数日位はズル休みしても良いと思いますよ。

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

一年に数回は気が乗らない日はある

全国の学生さんや社会人の皆さん、きっと毎日眠気や嫌気と戦いながらも学校や会社に行かれている方も多いでしょう。

そんな皆さんは誰がなんと言おうと本当に素晴らしいですし偉いです‼︎

自分は絵を描く事しか考えていなかった(おそらく今後も)ので、正社員として真面目に働いた事はないのですが、学生時代はちゃんと体験しているので、決まった日時に学校へ行かなければならない事の大変さは分かります。

ですが、人間は何も感じないロボットではないので、時には体調不良になって気分が落ち込んだり、毎日沢山のストレスを我慢して自暴自棄になりかけてしまう事もあると思います。

そんな『どーしてもやる気が起きなくて憂鬱な日』と言うのは、一年の中で数回は到来する方もいらっしゃる(少なくとも自分は来る)と思いますが、そんな時は思い切ってズル休みするのもアリだと思います(笑)!

 

スポンサーリンク

 

年に2〜3回はズル休みをしても良いと思う

自分は1年の内、必ず数回はズル休みをして仕事を休む事があります(勿論それっぽい理由を付けて休みます)が、こんな事を暴露してしまうと『お前仕事舐めてんのか⁉︎』と一部の方面の方々からめっちゃ怒られそうなんですが、一応自分なりに休むタイミングは仕事が暇な時とかに限定してます

それに一年は365日もあるんですから、その内のたった2、3日(場合によってはもうちょっと多いかもしれないが)くらい休んだって良いじゃないですか!

さっきも言いましたが、人間は何も感じないロボットではなく、沢山働けば疲れるしストレスが溜まれば心を病んでしまう様な、自分で考えているよりもずっとずっと人間はか弱い生き物なんです。

多少の疲れやストレスならば対処出来るかもしれませんが、それは自分の心身の状態が比較的に健康な時であるので、心身の調子が悪い時はちょっとしたストレスにも勝てなくなってしまうものです。

そんな時は『何かやる気が出ないな…』とか『何となく憂鬱な気分だ…』と自分でも感じると思うのですが、それは心身が疲れているサインなんです。

そう言う時は、思い切って休んで心身をゆっくり休めて回復しないと、中々心身…特に心の疲れは取れません。

 

スポンサーリンク

 

学校や会社よりも自分を優先してしてね

会社って基本的に『会社にとって都合の良い人材』が大好きだと思いますが、それは仕事が出来る有能な人と言う意味ではなく、単純に会社の言う事に文句を言わずに言われた事だけをしてくれる人材です。

いや、本当に仕事が出来る有能な人材として必要とされている方々もいるとは思いますが、そういう人材って一握りだったりすると思うんですよね。

なので『自分が休んでは迷惑を掛けてしまう…』と思って無理して出勤なんてしなくても案外会社は平気だったりするので、時々ズル休みしても平気だと思います(あんまり休むと信用問題になるから気を付けてね!)。

学校は学校で休み過ぎると高校・大学への進学で出席日数が少なくて受験出来ない…と言う事があるかもしれないけれど、中学校時代に不登校気味だった友達は、保健室に併設されていた『爽やか相談室』には毎日通っていたから、教室が嫌だったら爽やか相談室に通ってきちんと出席すれば良いんです

結局の所、何をするにも自分自身の健康な心身が資本になるので、それを捨てて頑張る必要はないですから、調子が悪い時には休んでしまえば良いのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

何となく気が乗らないだけで学校や仕事を休むなんて悪い気がする…と考えがちなのが日本人ですが、『何となく』という曖昧な状態の不調をそのまま放置してしまう事が、段々と悪化して鬱などに発展してしまうと思います。

鬱状態になってしまうと、健康な状態に戻るまでとても時間が掛かってしまいますが、それならば数日だけズル休みをして心身を休ませる方がずっと良いと思います!

なので、みんな一緒にたまにはズル休みしようぜ!

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »