コンテンツへスキップ

手軽にモノが買えるのも考えものだ。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

現代社会では様々なものが安価且つ量産出来る時代となったお陰で、自分たちの暮らしがだいぶ楽になっているのは事実なのですが、別の方面では少々悪影響が出ている様にも感じます。

 

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

 

モノは安価で沢山買えるのが当たり前?

自分は以前ハンドメイド作品が高いと思われてしまう理由を自分なりの視点で描いた事があったのですが、先に言っておきますが、別に自分は世の中に溢れている『安価且つ量産的商品』に対して批判しようと思っている訳ではありません。

自分でもしょっちゅう100円ショップは利用させてもらってますし、スーパーとかに行っても正規品よりもちょっと安価な『プライベートブランド』と呼ばれる商品だってよく買っていますし、そう言った安価な商品が沢山あるからこそ、アルバイト生活でも画家活動をしながら生きていられる訳です。

しかし、その『安価且つ量産的な商品』を買う事が当たり前となっている事で、少しばかりダメージを受けている方々がいる事も事実だと思います。

特に手作り作品に情熱を注いでいるハンドメイド作家さんや、自分の様に一点物の絵を描いている画家さんなどは、自分の作品を売る時に『安価且つ量産的商品』の思考回路を持ったお客さん達に、自分達が汗水流して丹精込めて作った作品を『安価且つ量産的商品』と同じ様に扱われてしまう人が多い様に感じているのです。

 

スポンサーリンク

 

量産品と手作り作品・一点物を混同しないで‼︎

自分はSNS…特にTwitterから自分の作品を御購入して頂く方々と出逢う事が多いのですが、皆さんとても良いお客さん達ばかりなので自分は特に被害にあった事はないのですが、中には『無料で作品を譲って欲しい!』とか『このくらいの作品でこの値段は高過ぎる!』とか、随分と無理難題を言ってくるお客さんに捕まってしまう作家さんも多い様です。

これはもしかすると、みんなが好きになれる作品を作れる作家さんにはあるあるなのかもしれませんが、アクセサリーなどの小物関係では特にそう言ったトラブルが多い様で、今はアクセサリーなども結構安価で量産されているモノが多く、そのせいで『アクセサリー=安価で手に入るもの』と言う方程式が、一般の方々の中には浸透してしまっているのかもしれません。

また、絵などの一点物でも試作品=いらないもの(?)と勝手に思い込んでいる方もいる様で、同じクリエイターとしては試作品だってそれを完成させるまでに沢山の時間と労力を消費しており、また材料だって試行錯誤する事が多いので本番の作品以上に掛かる事があるので、寧ろ試作品の方が貴重な場合もあるのでは?と思います。

一番最悪なのは『好きで作っているのにお金取るの?』とか『友達なんだからタダで頂戴』とか、此方の良心を利用して言ってくる場合ですね。

個人的には本当にその作家さんの作品が好きなら、その作家さんがもっと良い作品を創れる様にお金を出して作品を購入し、そのお金を製作費に使って欲しいと思うのですが…如何でしょう?

 

スポンサーリンク

 

作家さんの作品はただの作品じゃないんです

自分は自分の作品を『自分が腹を痛めて産んで育てた立派な子供』の様な存在だと何時も思っていますし、そう言うものだと思って創っています。

自分の子供だったら立派な作品仕上げてあげたいと思いますし、そうでなければ作家としてはアカンのではないかとも持っていますし、何よりも自分の子供であれば良いお客さんの所へお嫁に行って欲しいと切実に思っているのです。

これは例えとしては乱暴な言い方かもしれませんが、もしも自分の子供をどこの骨とも知れない人から『貴方の子供出来の良い子じゃないんだから頂戴』なんて言われたらどんな気持ちになります?

…すいません、この例えは自分でもかなり胸糞悪いなとは思っているんですが、実際、血と汗と涙を流して丹精込めた作品を創っている作家さんが、『貴方の作品大したものじゃないんだからタダで譲って』と言われたら、多分上の言葉を言われた時と同じ絶望感を味わうと思いますよ。

そうは言ってもそれは人間じゃなくてタダのものでしょう?と言われればそれまでかも知れませんが、自分は世の中で作品を創っている方々はみんな『自分の作品は自分の大事な子供』だと思っていると信じているので、それだけは知って欲しいと思っています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

すいません、此方は投稿してすぐにこの記事がまだ未完成だった為、急いでまとめの部分を書かせて頂いておりますが、今回の記事で言いたかったのは、自分やクリエイターの方々が全身全霊で創り出した作品達が、量産出来る安価な商品と同じ扱いをされてしまう事が嫌だな、と言うお話です。

自分は今後暫くは展覧会やイベントに参加しない代わりに、他のスンバラシイ作家さん達の作品を沢山購入したいと考えているので、自分の端た金でも作家さん達の活動を応援する事になれば良いなと思います。

 

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »