コンテンツへスキップ

過去作品はきちんと保存&定期的に発表すべし。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

クリエイターである以上は今までに創り出した作品は沢山あるかと思いますが、それらは過去の作品だと思って仕舞っておくのは非常に勿体ないです。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

過去作品は過去の産物なのか?

以前、自分は過去作品は出来るだけ保存しておこうと言うブログを書いた事があったんですが、あのブログを書いた当初、自分はそれまでに描いていた作品の大半を処分してしまっておりました

理由といたしましては、当時は精神的ストレスMAX状態であった事、そのストレスを整理する為に身辺整理をしていた事、そして必要以上にモノを持たない『ミニマリスト』に憧れていた事など、言い訳をすれば様々な理由が上がるのですが、兎に角自分はここ数年分の作品以外は殆ど残っていません

そんなこんなで自分が描き溜めていた過去作品の殆どは自分の記憶の中に留まるのみで、既にこの世から消滅してしまっているものが沢山あるのですが、その頃は『過去作品は今描いている絵と違うから、今更発表しても仕方がない』と思い込んでいた事もあって、新しい作品が出来ると過去作品は過去の産物として即刻処分してしまっていました

しかし、今考えてみると過去作品はただの過去の産物ではありませんでした

スポンサーリンク

過去の産物だと思っているのは作家本人だけだ

過去作品は過去のものである事は紛れも無い事実ではあるのですが、だからと言ってそれが使い物にならない過去の産物であるとはなりません

と言いますのも、自分は過去作品を過去の産物として処分してしまった他に、新しい画材を買うお金がないと言う理由で過去作品を塗り潰して新しい作品を描くと言う事を度々しており、最近も新しい作品を描く為に過去作品の中から上書きしても良い作品を探してい他のですが、気紛れにそれら過去作品を撮影してSNSにUPしたところ、予想外に沢山のリアクションを頂いただけではなく、『勿体ないので購入させて頂けないか?』とコメントまで頂く事がありました

これには流石に自分も『あ、今後は過去作品はきちんと保存しておかないと駄目だ』と漸く気付き、今は過去作品を塗り潰して作品を描くと言う暴挙はしておりません(笑)。

何が言いたいのかと言いますと、結局のところ過去作品を過去の産物だと思っているのはその過去作品群を描いた作家本人だけである事が殆どで、それらを観た事がない方々にとっては過去作品であっても新作となり、有難い事に欲しいと声掛けして下さる場合もあると言う事です。

スポンサーリンク

自分の作品は出来る限り全て保存していこう!

これは声を大にして主張したいのですが、自分の作品は出来る限り保存して定期的に世の中に発表していきましょう!

今描いている世界観の作品も勿論バンバン発表して今現在の自分自身を知ってもらう事も大事ですが、過去作品を観てまた新たに自分の作品群を気に入ってくれる方々に出逢う事も増える筈ですし、もしかしたら過去作品を描いて欲しいと言われる事もあるかもしれません

個人的には過去作品は当たり前の事ながら一度描いているものなので、オーダーが入れば何とか描く事も出来ると思うので、『今の作品も好きだけど過去作品も欲しいな…』と言って頂けたらどんどん製作していきたいと考えている所存です

…本当にね…今になって自分は過去作品をバンバン葬り去っていた10年前の自分に『過去作品を気に入って購入してくれる人がいるから絶対に過去作品を捨てるな‼︎』と説教してやりたい気持ちで一杯なのですよ…(泣)。

自分の様に悲しい後悔をして欲しくないので、今現在描いている自分の作品を『過去の産物だし…もう描いてないし…もういらないかな…』なんて思わずにちゃんと保存して何時でも発表出来る様にしておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いやはや、今回のブログを書いていても過去作品の大半を処分してしまうと言う暴挙を犯し続けていた自分を本気でぶん殴りたいと思います(泣)。

しかし当時は精神的に不安定で荒れまくっていたので、兎に角過去の自分と縁を切りたかったと言う事もあり、過去作品を含めて今まで自分が持っていた殆どのモノを手放していたので致し方なし…と諦めています。

その分、今後は販売作品でない限りは自分の作品達はちゃんと手元に取って置いてあげようと思います。

正に後悔先に立たず!

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »