コンテンツへスキップ

自分のキャパシティに合ったお金との付き合いをしよう。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は基本的に画家活動以外の事にお金を使いたくない人間なので、お金とは常に良好なお付き合いが出来る様に頑張っています。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

自分に合ったお金とのお付き合いって大事やで

自分は基本的にお金を借りる事ってあまりしたくないです。

もしもする事があるとすればクレジットカードの支払い位(確実に自分が翌月に支払える範囲のみ!)で、それ以外は一切借金はせずに自分の収入で確実に支払える範囲でしか買い物はしません。

いや、人間の経済の歴史を考えるとある程度の借金…例えばお店を作る時の資金とか、会社の設備投資の為の借入とかは、経済を回す上では必要であり健全な借金だと思うので良いと思いますが、明らかに自分の返済能力を超えた借金や、計画性のない借り入れなどは駄目でしょう。

しかし、現在不況の真っ只中で中々抜け出す事が出来ない状況なのに、未だに『ウン十年ローンでマイホームを建てる‼︎』とか、『ウン十年ローンで高級車を買って乗り回す‼︎』とか、バブル絶頂期の成功論を未だに押し付けてくるこの状況は如何なもんかと思います

現にそう言った返済に追われて、毎日毎日馬車馬の如く働いてヘロヘロになったり、家族と過ごす時間も捨てて会社に寝泊まりしたり、仕舞いにはワーカホリックになり過ぎて心身をぶっ壊して退職…なんて事が日々問題になっているじゃないですか?

今の御時世、自分のキャパシティに合ったお金とのお付き合いを真剣に考えないと、ずーっとお金に振り回される生き方しか出来ませんよ?

スポンサーリンク

一度吸った甘い蜜は忘れ難きものなり…

以前、宝くじで大金を当てた人が豹変してお金にめちゃくちゃ執着する様になったと言う話を聞いた事がありますが、これは自分のキャパシティを超えるお金を得た事で自分を制御出来なくなってしまったのではないかと思います。

そりゃお金が沢山あれば欲しいモノを買いまくれるし、行きたい所へも行けるし、何よりも他の人達よりも金銭面で優位位に立つ事が出来るので、その優越感たるや凄まじいものでしょう。

しかし、同時に人間とは一度吸った甘い蜜の味を忘れる事が出来ないサガもあるので、豪遊する事の楽しさを知ってしまっては二度と以前と同じ暮らしを送る事は出来ないでしょう。

また、宝くじが当たったら…なんてちょっと非現実的な話でなくても、社会人になってクレジットカードを使える様になった人も、クレジットカードを『沢山買い物出来る魔法のカード』だと勘違いしている人がたまにいます。

しかし、クレジットカードはあくまで今必要なお金をクレジット会社が肩代わりしてくれているだけであり、実際にはそのお金は後々自分が支払うことになりますので、後先考えずに使い過ぎれば後々地獄を見る事になります。

…クレジットカードに関しては、利用する前にその仕組みをしっかり知っておけば大惨事にはならないとは思いますが、何れにしても自分のキャパシティを超えるお金を得ると制御出来なくなると言う感じです。

スポンサーリンク

自分が求める理想の暮らしを明確にしよう

個人的にお金に振り回されず、自分のキャパシティに合ったお付き合いをしたいとお考えているのであれば、まずは自分がどの様な暮らしを望んでいるのか、またどんな暮らしをすれば幸せになれるのかをしっかりと把握する事が重要になるのではないかと思います。

結局の所、買い物で大金を使い後悔するのはその商品を自分が望んで買った訳ではないからであり、では自分が欲した訳ではないなら何故に購入したのかといえば、それは紛れもなく『自分は他の人達よりも高いモノを持っていてすごい存在なのだ』と他人へ見せびらかしたいと言う歪んだ優越感を満たす為だからではないでしょうか?

もしも本当にそれが自分が心の底から欲しい‼︎と望んで購入したものであれば、多少値が張ったとしても『良い買い物したなぁ‼︎』と思える筈なのです。

以前にも幾つか『自分にとっての幸せとは?』をテーマにブログを書いているのですが(お時間あったら検索してみてね)、結局の所自分の求めている幸せは自分にしか分からないし他人と同じものである訳がないんです。

自分は大金を払ってまでマイホームやマイカーが欲しいなんて全く思わないけれども、絵を描く為の画材や趣味の神社巡り・昆虫観察をする為のお金は遠慮しなかったりと、自分なりに自分の幸せを理解しているから無茶なお金の使い方をしようとは思いません。

自分に合った幸せの形を知る事は、自分に合ったお金の付き合い方を見付ける事と同義語なのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

自分に合ったお金の付き合い方なんて偉そうに書いてますが、そん自分も数年前までは変な所にお金を使い込んでは『お金がない〜』とほざいていた人間なので、そんな経験があったからこんな事を書いているも言えますね(笑)。

そう言った自分の経験からも、自分のキャパシティを超えるお金との付き合いは自分にとってストレスにしかなり得ませんので、自分の幸せを考える為にもまずは自分の求める暮らしを明確にし、そして自分に合ったお金との付き合い方を今一度考えてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »