コンテンツへスキップ

本当の友達は離れていても不安には感じないものだ。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

自分には何でも話せる友達は片手で数える程度しか居ませんし、基本的に四六時中一緒にいる訳でもないのですが、本当に信頼している相手であれば離れていても全く不安に感じる事はありません。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

友達はいつも一緒にいるもの?

自分は子供の頃から絵を描く事に夢中だった事もあり、学校でも特定の友達を作ったと言う記憶はなく、何となく話の合うクラスメートと時々談笑するくらいで、基本的には一人で過ごす事が多かった様に思います。

しかし、クラスメートの中には常に一緒に行動している子達も少なくなく、学校への登校時も、移動教室の時も、イベントの時のグループ決めの時も、昼休みにお昼ご飯を食べる時も、学校から帰る時も、何なら放課後や休日に遊ぶ時まで一緒に居る人も居ました。

単純にこれだけ見ていると『あの人達はいつも一緒に居るくらい仲が良いんだな…』と思ってしまうかもしれませんが、果たしてこれは本当に仲が良いだけなのでしょうか?

個人的には、ただ仲が良いから一緒に居る…と言うよりは、何らかの理由で一方が相手に依存している、若しくはお互いに依存していると言う可能性の方が大きい様に感じます。

スポンサーリンク

良い友達はお互いの事を尊重している

自分の中では『常に一緒に行動しようとする友達』は、友達ではなく何らかの目的で相手に依存している人だと思います。

学校などでは特定のグループに所属せずに孤立していると他のクラスメートからいじめのターゲットにされ易かったり、何かしらのイベントでグループ行動をしなければならない時に爪弾きにされる事も少なくありません。

また、閉鎖的な学校や日々ストレスの溜まりやすい職場などでは、そう言った鬱憤を晴らす為の噂話などが出やすく、そう言った噂話をいち早く取り入れようとする為に様々な人に関わろうとする人も居ます。

では本当に良い友達とはどんな人なのかと言えば、自分としてはお互いの事を尊重してお互いに依存しない人であると思います

もう少し具体的に言いますと、相手のプライベートな時間を尊重してくれる人や、相手の考えや価値観を否定せず尊重してくれる人、そして相手に無理難題を押し付けて困らせない人などです。

『それって当たり前じゃない?』と思うかもしれませんが、実際は『友達だから良いでしょ?』と言って甘えて、自分勝手な都合で相手を振り回したり、相手が嫌がる様な話題を振って面白がったり、一番厄介なのは金銭の貸し借りなどトラブルになりそうな物事を頼んでくる人が多かったりするのではないでしょうか?

これは結局、自分の都合に合わせて相手を利用しているだけなので、友達とは言い難い関係でしょう

スポンサーリンク

本当の友達を大事にしていこう

世の中には良い友達のフリをして、結局自分の都合良く相手を利用して満足する様な、歪んだ欲求を持っている人達も沢山います。

実際、今程人を見る目のなかった自分(今でも時々失敗するが…)もそんな歪んだ人達に関わって何度も苦い思いを経験させられた事がありますが、そんな時に助けてくれたのが本当の友達です

自分の事をよく知っていて、わざわざ時間を作って話を聞いてくれて、そうして変わらずに友達として付き合ってくれる存在は本当に大きな存在です。

そんな友達は滅多に逢う事が出来ず、SNSと言う現代の画期的な連絡手段があってもお互いに都合が合わず数ヶ月連絡を取り合わなかったとしても、たまに連絡を取り合った時にはごく普通に話をする事が出来てしまうものです。

そう言った友達に出逢える確率なんて、恐らくは生涯で数回しかないのではないでしょうか?

そんな奇跡的な確率で出逢った本当の友達こそ、上っ面だけで付き合っている友達(仮)よりも大事にするべきであると思います。

スポンサーリンク

まとめ

本当の友達は、恐らく根っこの部分にある価値観などが同じであるので、趣味や好みが違う程度の事で仲違いする事はないと思います。

大きな木に色違いの花が咲く様なもので、根本的で一番重要な人間としての『芯』の部分が同じだからこそ、離れている時間が長くても、趣味や好みが違ったとしても、お互いの事を尊重しつつ依存する事なく良好な関係が築けるのだと思います。

ですので、本当の友達とである為にまずは自分の中に『ブレない芯』を持つ事が大事なのだと思います。

結局、自分の周りに集まるのは良くも悪くも『同じ穴の狢』である可能性が高いのです。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »