コンテンツへスキップ

表現方法は沢山知れば知るだけ良いと思う。



スポンサーリンク


皆様、新年明けましておめでとう御座います、蟲人です。
昨年も蟲人のへっぽこブログを読んで頂きまして、本当に有難う御座いました。
本年も画家活動と並行してマイペースに継続して行く所存ですので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、新年最初のブログは、自分の世界観・価値観・思考を表現する方法は、沢山知れば知る程、自己表現する楽しさやその幅も広がると言うお話です。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


画家として絵で表現する事は勿論だが…

自分は画家として名乗り始めて数年ですが、絵を描き始めたのは物心が付くか付かないかと言う幼い頃から描き始めているので、画家活動を始めてから25年以上経っています。

そんなマイペースに長らく画家人生を歩んできた自分ですが、勿論『画家』を名乗っているので、当然自分の世界観・価値観・思考などを表現する際には絵を描く事で自己表現する事がメインとなっております

しかし4年程前からはこちらのブログで文章を使って表現する事も始めてみたり、会話では様々な本を読んだり沢山の人と話をする事で言葉のバラエティを増やし、口下手で絵を描く事でしか表現する事が出来なかった自分の世界観などを、もっと具体的に詳細まで掘り下げて話す事が出来る様にもなってきております。

今回何が言いたいのかと言いますと、自己表現する方法は多ければ多い程良いに越した事はないと言うお話です。

スポンサーリンク

表現方法を限定してしまうのは勿体ない

画家なので絵で自己表現をする事は最もな事ですしスンバラシイ事ではあると思いますが、個人的には画家=絵だけで自己表現すると限定してしまうのは非常に勿体ない事だと感じています。

これは自分の絵の話なのですが、自分の絵は自分の『神様』と『理想郷』を描く事で自分の価値観などを伝えているのですが、正直な所、自分の絵を展示するだけではそれが伝わらない…と言う事が多いのです。

いや、自分としては絵は観てくれた人の完成によって捉え方が変わってくるものだと思っているので、100%自分の伝えたい事が伝わる必要もないと思っているのですが、しかし世界一厳しい審査員である自分のじーちゃんばーちゃん曰く『良い絵なんだけど言葉の説明がないから理解するのが難しいし、分かりやすい説明があればもっと楽しめると思う』とのコメントを頂いた事がありました。

先程も書いたように、自分は絵は観た人の感性で捉え方が変わると言いましたが、その反面で作家がどのような意図で絵を描いたのかを知りたいと考えてくれる人もいるし、その際には自分が絵に関して具体的は言葉で説明出来る様にする事も大事であると感じたのです。

スポンサーリンク

表現方法が多いと気付きや発見も増える

表現方法が多い事は、自分以外の他者に自分の価値観などを伝える方法が単純に増えるだけではなく、実は自分自身でも気付いていなかった自分の深層にある思想などを発見する事にも繋がる事があります

自分は元々本を読む事が好きだったのですが、学生時代までは生物図鑑、建築、画集などの本、生物、地球、宇宙の歴史や仕組み、神話や空想世界の本、そして怖い話や都市伝説などの不思議な本を中心に読んでいた事が、今現在の自分の世界観の構築に影響があった事は間違い無いのですが、最近は心理学などの自分の内面や心の仕組みについての本、経済学などのお金や経済の仕組みを書いた本、初心者向けのビジネス本などを読む事が多く、今まで読んだ事のないジャンルの本を読んだ事で自分の中の言葉のバラエティや思考方法が増えた事で、自分が絵を描くことで伝えたいと考えている事や、自分が本当などんな風に物事を感じていたのかが以前よりも具体的に自己理解出来る様になってきたのです。

これは自分でもかなり驚いた事が多く、絵を描く際には結構漠然とした感じでただ好きなものを並べて描いているだけであった絵が、『この絵にはこの考え方を埋め込みたいからこうしよう』とか『この構図にしてこんな印象の絵にしたい』と、絵を描く際に自分なりに掘り下げて製作が出来る様になってきました

表現方法が増えていくと言う事は、自分自身との対話を深くさせてくれる事にも繋がり、結果的に自分の世界観などを更に明確にして表現する事にも繋がるのです。

スポンサーリンク

まとめ

日本は芸術に関しては先進国の中で出遅れている部分がかなりありますが、それでも自己表現の自由が確約されていると言う事は大きなメリットであると思います。

国や時代によっては自己表現は厳しく制限される対象であり、場合によっては重罪として扱われてしまう事もありますが、現代日本で表現者による自己表現の自由は守られているのです。

そんな良い時代に折角産まれたのですから、様々な表現方法を知って自己表現を爆発させていっても良いと思う今日この頃なのでした。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »