コンテンツへスキップ

もっと自分の世界に篭っても良いと思う。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

最近はSNSなどによって自分を世界に発信する事が手軽に出来るようになった事は良いと思うのですが、その反面で自分と他人の世界が近過ぎると感じる事も増えてきました。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

一瞬で手元に世界中の情報が集まる現代

自分は2年程前まではガラケーを愛用していたものですが、スマホに乗り換えた事でガラケーにはなかった新体験を沢山体験することが出来る様になりました!

その中でも自分はTwitter、Instagramを特に利用しており、これらのSNSのお陰で沢山のクリエイターの方々と出逢う事が出来、沢山の展覧会に参加させて頂く機会を得る事にもなりました。

また、自分の作品を発信する方法としても非常に効果的なツールとしても使用していて、自分の作品を販売する事がSNSを利用する以前よりも圧倒的に増えてきています

SNSを利用しようと考えたのは、自分が画家活動をもっと効率的にしたいと考えていた事がきっかけだったので、結果的には自分の思っていた通りの結果(まだまだではありますが…)が出せてきてとても満足しています。

しかしSNSはこちらから情報を発信するだけではなく、世界中で同じ様にSNSを利用している大勢の人々が発信した膨大な量の情報を受け取る事にもなり、受け取る側に立った時には意識していなければあっと言う間に他人の世界の情報の海に沈んでしまう事になってしまうでしょう。

スポンサーリンク

外界からの情報が近過ぎる、多過ぎる

自分はSNSを始めようと思った理由が最初から明確で『自分の作品を発信する』『クリエイティブな人の作品を観て勉強する』と言う事に重きを置いていたので、言い方は悪いのですが、それ以外の事(個人の日常、政治的な内容、誹謗中傷etc)に関しては余程の事がない限りあまり関わらない様にしています。

しかし悲しいかな、SNSを始めたきっかけが『みんながやっているから…』『日頃の憂さ晴らしに…』と言った感じに自分ではなく他人本位だったり、日頃のストレスを他人を貶す事で発散しようとする為であったりと、必ずしもみんながみんな健全な考えで始めている訳ではありません。

また、スマートフォンと言う手のひらに収まる小さな端末で、良くも悪くも世界中の情報が一瞬で手に入れられる様になった事で、今までは決して関わる事がなかった筈の不特定多数の人達と常に繋がっている様な感覚になっています。

こうした事で、今までであれば決して繋がる事がなかった遠くの人と繋がる事が出来る様になった事は素晴らしい事ですが、同時に自分と他人との距離が近付き過ぎてしまった事で必要以上に自分と他人を比較して凹む事が増えたり、キャパシティを超えた情報量に翻弄されて自分の価値観や思考がブレブレになってしまったり、SNSに飛び交う暴力的な言葉や映像にメンタルをやられてしまう人も増えている様にも感じています。

そうなってくると他人本位に生きる事が当たり前となって、自分自身を見失ってしまったのと同じ事になってしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

時には己の世界に篭って己を磨かれたし

この様に一つの端末で膨大な情報が手に入る時代だからこそ、どの程度まで自分が情報を手に入れる事を認め、どの位SNSの世界に干渉していくのかを自分自身で決めていかなければならないと思います。

具体的には何の為にSNSを利用しているのか、どういった情報をSNSから手に入れたいのか、そしてどんな時に利用するべきか、としっかり決めておく事だと思うのですが、これがブレてしまうとダラダラと意味なくSNSを眺めたり、みんなに注目されたくてワザと炎上する様な事をしたり、見ず知らずの他人を誹謗中傷して憂さ晴らしをしたりと、折角利用価値のある筈のツールで自分自身を台無しにしてしまう事でしょう。

こんなことにならない為にも、時には外界からの情報をシャットアウトして、自分自身の世界に篭って自分の価値観、思想などを独自に追求して磨く事も大事になると思います。

確かに世界を知り自分の見聞を広げる為には外界からの情報を手に入れる事は大事ですが、先程書いた様に多過ぎる情報は自分の内側にある価値観や世界観をブレさせてしまう事にも繋がるので、自分が必要としていない情報やメンタルに悪影響をもたらす様な情報からは距離を置くべきでしょう

世界中から情報が津波の様に押し寄せて来る時代だからこそ、情報の波に呑まれてもブレない己の世界を構築・追求・研磨していく事が重要になって来るものだと考えています。

スポンサーリンク

まとめ

SNSは自分の様に個人でコツコツ細々と作品を創り出しているクリエイターの人には、手軽に自分の作品を発信していく事が出来る非常に利便性の高いツールであると思います。

しかし、同時に手軽に使える事でちょっと時間が空くと見てしまう癖がついてしまうと、SNSを常にチェックしていないと落ち着かないなどのSNS中毒になってしまう事にも気を付けなければなりません。

その部分を考慮して、今後も適正にSNSを利用して画家活動を続けていこうと思います。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »