コンテンツへスキップ

絵を売る時に考えたい事。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

自称画家を貫いている自分ですが、画家として我が子同然である自分の作品を販売する時に考えたい事があります。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

作品を売るのも画家として大事なお仕事

日本は世界的に見てもアート市場が進んでいない事で有名(笑)なのですが、それでも細々と日本で画家活動を続けている自分としては、そんな狭くて不自由な日本のアート市場でも絵を売る事は不可能ではないと言う感じです。

しかしその為には、自分の絵を自分で世の中に発信する能力や発信する方法を知っておくべきであり、絵を描いただけでは作品を販売する『プロ』の画家になる事は到底無理なお話であると思います。

…こんな偉そうな事を冒頭から話している自分ですが、自分の場合は自他共に描いている絵が個性が斜め上に強過ぎて、超長い毒の棘だらけで誰にも触れさせないオーラ満載のガンガゼ並みにニッチな世界観の作品として構成されています。

そんなもんなので、時々『お金が欲しいからみんなが好きそうな絵を描いて売るか…』と言う邪念(その考え方は決して悪いものではありません)が頭をよぎり、自分の意図しない絵を描いて結局売れずに『やっぱり描かなきゃ良かった(笑)』と冷水を浴びて正気に戻る事が結構あるんですが…やっぱり誰だって自分の絵が売れれば嬉しいものですよね?

自分の場合は『一生貧乏画家でアルバイトでも良いから自分の好きな絵を描いてるわ…』と悟りや哲学の境地を開拓し始めているのでアレですが、もしもこれから自分の作品を販売しようと考えている方々がいらっしゃいましたら真面目に考えた方が良いと思う事があります。

スポンサーリンク

絵を売る時は本当に真面目に考えましょう

自分は今でこそ沢山のクリエイターの方々と繋がらせて頂いておりますが、以前は孤立無援状態で画家活動をして、その頃は自分にも自分の作品にも自信がなかったので結構作品をタダであげていた事がありました…今考えたら本当に自分の作品達に申し訳ない事をしたと思いますし、何より同じクリエイターの方々に対しても失礼な事をしたと思います。

以前、趣味でイラストを描いていた主婦の方が破格の低価格でイラスト制作の依頼を受け『お小遣い稼ぎになります!』と話した所、プロのイラストレーターの方々から『自分たちの仕事がなくなる!』とめちゃくちゃ批判された…と言うお話を聞いた事があります(似た様な話が最近ハンドメイド業界でもありましたね…)。

これは主婦の方がイラスト制作を受けた事が問題なんじゃなくて、依頼を受けた時に物凄い低価格(それこそ主婦の方が言うお小遣い程度の賃金)で受けてしまった事が大問題な訳で、だからイラストを本業にして収入を得ているプロのイラストレーターの方々の逆鱗に触れた訳です。

基本的に絵を描いて売る時には絵を完成させるまでに掛かった時間や絵を描く時に使った材料費なんかを上乗せした金額で販売するのが当然(これは絵に限らず何らかの商売をする上では基本のきの字)ですが、作家自身が作品に何かしらの思い入れがあったりすれば一点物である事が多いクリエイターの作品はお小遣い程度の金額で売ってはいけいないし、依頼を引き受けるのも御法度です

で、これは作品を沢山売りたい!早く売ってお金が欲しい!売って有名になりたい!と考えている人にあるかもしれませんが、取り敢えず作品を買って欲しくて原価割れする様な低価格で安易に販売してしまう事があるかもしれません…いや、一時は自分もそんな考えを持っていた事がありました。

しかし、その売り方では明らかに自分が得る利益が減少しますし(寧ろマイナス)、その価格での販売に慣れてしまったお客さんが『え、こんなに高いの?』と思って本来であれば適正価格である筈の値段に文句を言ったり、何よりも他のクリエイターの方々までもがその低価格に巻き込まれ、自分が丹精込めて創り上げた作品達をお小遣い程度の金額で叩き売りする羽目になりかねません

こうなったらいよいよ日本のアート業界は破滅するしかありませんね。

スポンサーリンク


作品の安売りに百害あって一利なし‼︎

以前にもハンドメイド業界で似た様なお話があって記事を書いた事がありますが、大量生産でない世界にたった一つしか存在しないクリエイターの作品は絶対に安売りするものじゃないです

以前にタダで描く絵に価値はあるのか?と言う記事も書きましたが、自分の中では心友とか自分の人生でめっちゃ大事な人にタダで作品をプレゼントする事はありますが、自分の作品をお金を払って購入してくれる大事なファンの方が出来た時点で、自分の作品をタダであげる行為は自分の作品のファンを裏切る行為にもなると思っているのでしていません。

それに、作品にきちんとした値段を付ける事でタダや安売りにやたらと執着心のある人達を自分や自分の作品から遠ざける予防線にもなりますし、『それでもあなたの作品が好きで欲しいんです‼︎』と思ってくれる本当のファンに出逢う為の良好な架け橋になってくれるのです。

勿論、そんな自分にとって本当に大事なファンの方が出来たら、そのファンの方々が買い易い価格の作品を創る事を考えるのも大事ですが、それは大事なファンの方々にする事であって、自分と相性の悪いファンを増やす為にする必要は全くありません。

…此処まで書いていてなんですが、自分は飛ぶ様に売れる作品を描いている超絶プロ画家ではないですし、基本は自分の『神様』や『理想郷』を自由気ままに描いている方が好きなので、今後も飛ぶ様に売れる作品を産み出す確率はほぼないでしょう(笑)。

でも、もしかしたら自分のヘッポコブログを読んでくれている方々の中には、将来飛ぶ様に売れる絵を描けるクリエイターさんや、今現在作品が売れ始めているクリエイターさんもいるかもしれないので、そんな将来有望な方々が作品を安売りして嫌なお客さんにボコボコにされてクリエイターをやめてしまう事があっては嫌なので、是非ともプロアマ問わず自分の絵は決して安売りせず、タダで仕事を受けず、自分の我が子である作品を大事にしていって欲しいと思います

スポンサーリンク


まとめ

今回は何時も以上に熱が入ってしまってかなり長くなってしまいましたが…ホントにね、クリエイターの皆さんは目先の欲を満たす為に安価で作品を売ったり、手っ取り早くファン(或いはフォロワー)が欲しくて自分にふさわしくないファンを集める事はして欲しくない訳です。

これは他のクリエイターの方々にも飛び火する事も結構ありますし、何よりもそれをキッカケに本人のクリエイターとしての資質も情熱も下げてしまう事に繋がります。

自分の作品、もっと大事に扱ってあげましょうね。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »