コンテンツへスキップ

知らない事を受け入れる事は成長するキッカケとなる。


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

世の中には知らない事を恥じて知ったか振りをする人がいるかもしれませんが、自分が知らない事を知る事は自分が成長するチャンスですよ。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

世の中は知らない事だらけで当然です。

皆さんは『無知の知(又は不知の知)』という言葉を御存知でしょうか?

これはかの有名な古代ギリシアの哲学者であるソクラテスさんの名言なのですが、めちゃくちゃ分かり易く説明すると『知らない事を自覚する』と言う事だそうな。

因みに同義語として『汝自身を知れ』という言葉があり、此方は当時のデルフォイの神殿入り口に掲げられていたとされ、『己が知らない事を自覚し、その自覚に立って真の知を得て正しく行動せよ』と言う事なんだそうな。

そんなソクラテスさん、他者との問答を通じて探求を深めます、その過程で論駁されたり知らない事を暴かれた当時の知識人達から激しい憎悪を受けてしまった事で、結果的に死刑に処されてしまった事も有名です。

…と、こんな風に世界とは自分の知らない事だらけであるのが当たり前であり、又自分自身がそれらを知らないと言う事を自覚する事が、結果的に自分自身を成長させる原点となる訳ですが、実際にはソクラテスさんを死刑に陥れた古代ギリシアの知識人達の様に、知らない事は恥であり悪い事だと思い込んでいる人達が大勢いる様に感じます

スポンサーリンク

大人になって知らない事があるのは恥?

子供の頃には分からない事・知らない事があれば家族や学校の先生などに遠慮なく質問して良いと言われたものですが、自分は今でも分からない事があれば大人になった今でも遠慮なく聞く様にしていますが、これがどうにも恥ずかしい事だと思っている人もいる様です。

しかし冷静に考えてみると、例えば学生であれば勉強で分からない所があるとテストなどで合格点を貰えなくて困るので、分からない問題を理解する為に家族や先生に質問する訳ですが、それと同じ様に職場で分からない事をそのままにしていては生産的な仕事が出来ないだけではなく、最悪の場合はとんでもない事故やミスをしでかす事にもなるので、やはり分からない事はしっかりと聞いて理解するべきであると思います

それでもどう言う先入観なのか、大人になると『良い歳してそんな事も分からないのか?』と馬鹿にされる事が恥ずかしかったり、自分が知らない事をみんなに知られるのが嫌だからと言って、知らない事を知らないままで放置したり知ったかぶって知らない事を誤魔化したり…と、その結果とんでもない惨劇を引き起こした人を何度か見ているので、やはりそう言った事はしない方が賢明でしょう。

因みに自分が尊敬している方々の意見としては、『知らない事を素直に聞く事が出来ずに知ったかぶる方が余程恥ずかしい』との事らしいです。

スポンサーリンク

知らないならドンドン知って成長出来る!

人間とは元来知的好奇心旺盛な生き物であり、自分が知らない事を知る事に喜びを見出す事が出来る存在ですので、今現在自分が知らない事が世の中に沢山あるのだとすれば、それは同時にこれから自分はもっと知る喜びを享受する事が出来るという事です。

自分は此処数年で絵以外の物事に興味を持つ様になって、経済学や心理学の書籍を読み始めたり、学生時代には苦手だった英語や数学にも最近は興味を持ち始めていますし、今は自分の画家としての作品テーマであると同時に子供の頃から魅了されている『死』についても本格的に勉強を始めています。

どれもこれもパッと見て絵を描く事と全く関係のない事ばかりですし、何よりも全くそれらに関して知識のない自分にはやはり分からない部分が多くあるのですが、分からない部分を自分で出来る限り調べたり、そう言った知識のある人に質問して知る事は、お菓子を食べたりゲームをしたり買い物をしたりした時に感じられる一時的な喜びよりも精神的な喜びの度合いが大きく、その喜びの持続時間も長い様に感じます

そして知る喜びや楽しさを知ると、不思議な事に『もっと色んな事を知りたい!』と思う様になって意図せずに様々な物事に対して興味関心を持つ様になるので、自ずと自分自身を成長させる事にも繋がるのではないでしょうか。

知らない事がある事は決して恥ずかしい事でも悪い事でもなく、今の自分をより高みへ向かう為のきっかけになるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事の冒頭で御紹介したソクラテスさんは、『無知の知(不知の知)』を極めた事で他の知識人達から憎まれて死刑となってしまいましたが、これは現代社会でも似た様な事があるので何時の時代にも優れた人達を引きずり落とす人達はいるもんだ…と思ってしまった次第です。

しかし、そうした知識人達に嵌められて毒殺による死刑宣告を受けたものの、それを素直に受け入れて亡くなったソクラテスさんの意思の強さは見習うべきものであり、自分自身の無知を素直に受け入れてもっと多くの事を学んでいける人間でありたいと思うものです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »