コンテンツへスキップ

己の心を律し成長せよ!


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

成長出来る人は自分自身の心をコントロールして、自分自身の限界を突破出来る人であると自分は思います。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

成長の前段階は非常にしんどい期間…

自分が絵を描く理由は純粋に絵を描く事が好きだからという事もありますが、他にも自分の中に存在する『神様』や『理想郷』を形にする事で、自分自身のメンタルヘルスを整えている部分もあります(その内記事にすると思いますが)。

その為、自分の『神様』や『理想郷』を追求する上では様々なアイディアが日々産まれては死んでいく事を繰り返しており、そのアイディア達を分解・再構築したり、完成したアイディアを実際にキャンバスの上に描く為にどんな色を乗せていくのかどの場所に何を配置するのか…と、色々と自分なり考えて絵を描いているもんです。

で、こうして何十年を絵を描き続けている訳ですが、その画家人生の中で自分がググーッと成長する時というのが何度かあり、先日もその成長期が久しぶりに来て非常に泥を飲むようなしんどい思いが数日続いたのです。

なんで成長期に泥を飲むようなしんどい思いをするのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分は今までに何度か訪れた成長期の時は常にこんな風にしんどい思いを乗り越えてきました

スポンサーリンク

『もう無理…』と思った時が正念場

どうして自分が成長する時にしんどい思いをしたのかといえば、それは自分の追求する理想と現実の自分とのギャップを中々埋める事が出来ずにもがいているからです。

先日、久しぶりに成長期が来た事を感じたのですが、その時も自分が思い描いている絵の理想はハッキリと完成しているのに、その絵を現実に投影する為の方法が中々完成せず、『どうして上手くいかないんだ!』とイライラ・モヤモヤしたものです。

とは言っても、その時点で自分が求めている方法に似た別の方法にはなんとか辿り着いていたので、正直それで良いんじゃね?と妥協しようとしていたところもあるのですが、本当に自分の理想を追求しようと思っているならば、『これ以上は無理だ…』と思い始めた所から本当の意味で自分が成長出来るか否かが決まると思います。

そこで妥協して選んだ方法で絵を描いてしまえば、自分が追求している理想の絵とはやはり似ているが絵が満足のいかない絵が完成してしまい、結局後後になって『やっぱりこれは違う』と不満を抱いてしまうのです。

人間は自分がしんどい思いをした時には簡単に辞めてしまったり、自分を甘やかして楽な道を選びがちなのですが、その甘えたがりな己の心を律して自分の理想を追求出来る人が、自分が求めている理想を手に入れる事が出来ると思います。

スポンサーリンク

己の心を律し己の殻をぶち破れ!

自分は先日自分の成長期を久しぶりに体験した訳ですが、その際も様々な資料を読み漁ったり、実際に自分で材料を揃えて試作品を幾つか描いてみたり、その度に失敗してまた違う方法を探したり…と、数日間は中々好転しない状況の中で試行錯誤を繰り返し、その度に『もうこれで良いんじゃないかな…』と何度か思い、しかしそれは本当に自分が求めている結果ではないので諦め切れずに続けた結果、先日ひょんな事がきっかけで自分が求めていた理想を見つけ出す事が出来ました!

自分の最後まで諦めずに粘り続けた結果、自分の求めていた結果を得る事が出来たのですが、様に絵を描く事に自分の生命も人生も掛けている訳ではない人からしたら、『何でわざわざ自分を追い込んでまでそんな事するの?』と思うかもしれません。

しかし、誰だって自分の好きな事であれば多少辛い事があっても頑張ろうと思えるじゃないですか?

ゲームが好きな人は寝る間も惜しんでゲームをするでしょうし、サッカーが好きな子は放課後も一人で黙々と練習するだろうし、自分の場合はそれが絵を描く事だったと言うだけで、みんな自分の好きな事であれば何だかんだ全力投球する事が出来るんです。

それに加えて、今までにも何度か自分が成長する時期を経験した事があり、思う様な結果が出せずにしんどい思いをする時期を乗り越えて、自分の殻をぶち破れば自分が成長出来る事を知っていたから、尚更諦める事をしようとは思わなかったと言うだけなのです。

自分がさして興味がない事に関しては存分に手を抜く事は良いと思ってはいますが、自分のたった一つの生き甲斐に関しては一切妥協せず、常に己の理想を追求し続けて生きたいと思っているのです。

スポンサーリンク

まとめ

自分の成長期を乗り越えたからと言っても、勿論そこで終わりという訳ではないので、そこからまた次の成長期に入るまでは絵を描き続けるのですが、やはり自分の生き甲斐を自分が満たされる所まで追求し続ける事が出来る現代に産まれた事は、自分にとっては幸運な事であると感じます(不景気だし日本と言うアートに厳しい国であってもね)。

そうして自分が追求する理想へ近づく為に、今後も何度もググーッと成長する機会に出逢える様にし精進していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »