コンテンツへスキップ

世界じゃなくて自分をコントロールしろ!


スポンサーリンク

今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

世の中は基本的に自分の思い通りにいかないものですが、唯一自分自身はコントロールする事は出来るものです。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

世の中って基本的に理不尽の塊

貴方は物事が上手くいかなかった時には『ムキーっ』と感情的になってしまう人でしょうか?

自分の周りにはそうした人はあまり多くはいない(勿論自分がそうした人と距離を置く様に気を付けている事もあります)のですが、全くいないわけではありません。

例えばこちらから挨拶したのに相手から挨拶されなくてイライラする人、自分と違う行動をしている人を見つけてネチネチ文句を言う人、自分が求めている商品がなくて店員を怒鳴りつける人…などなど、結構周りにいたりしませんか?

個人的にはこういった人を見かけるととても不思議な気持ちになるんですが、こういう人達って世の中は自分を中心に回っているという錯覚の中で生きているのかもしれませんね。

今は文明が発達してきた事で声だけで全ての家電をコントロール出来たり、スマートフォンのアプリで自分の世界を創ったり出来るので、そうした人達は更に勘違いを起こしているのかもしれません。

しかし、世界とは基本的に理不尽で思い通りにいかないものです。

スポンサーリンク

捉え方を変える事で世界は変わる

空と海を逆転させる事が不可能である様に、世界を自分の思い通りにさせようとする事は不可能な事ですが、その世界を認識する自分の意識を変える事で世界が大きく変化する事はあります

昔、自分が学生時代にアルバイトの面接に行ったコンビニから『後日採用のお知らせをします』と言われたものの、何時まで経っても採用の合否の連絡がなく、仕方がなく自分から電話をしてみたら『すでに別の人を採用してしまった』とのお話がありました。

当時は『何と酷い対応のコンビニなんだ‼︎』と怒り心頭だった訳ですが、これ、今になって考えてみたらやはり採用されなくて良かったと思います。

だってそんな良い加減な対応をするコンビニなんかで働いたらもっと雑な対応を受けていたかもしれないし、そもそもそのコンビニに面接に行った時の自分はあまり積極的に働きたいと思っていなかったので、自分の働きたくないという気持ちが相手にダダ漏れになっていた為に不採用だったのかもしれません。

こんな感じに自分の感情や偏った思考・価値観を軸に物事を捉えずに、自分の事を他人目線で捉えたり客観的にする事で物事は大きく変わるものです

客観的に世界を捉える為には、今自分が持っている思考・価値観とは違った観点を持っている人たちの話を傾聴したり、そういった本を読んでみる事が良いと思います。

自分であれば自分とは全く違う画風の作品集を観たり、全くジャンルが違う経済学や心理学などを読んでみたりする事で、自分の思考・価値観を柔軟にする様にしていますが、自分の行動原理を決める『芯』の部分は決して揺るがない様にか心掛けています。

『芯』の部分を緩めてしまうと自分の思考・価値観が分からなくなって、逆に様々な思考・価値観に流されて自分を見失ってしまいます。

スポンサーリンク

ハプニングを楽しむゆとりを持とう

世界では自分が想定しない様な出来事が起こる事は日常茶飯事であると思うので、先程書いた様に自分が持っている思考・価値観とは違った思考・価値観を持つ人の話を聞いたりそう言った本を読んだり、他にも自分の行き方や言動を決める指針となる『芯』を持つ事で、自分に起こるハプニングを楽しんでしまえるくらいのゆとりを心に持っていると良いと思います。

結局、物事が自分の思い通りに行かなくてカッカする人は、その状況を一歩引いた状況から見るという考えが出来ないくらいに心が不安定で、そしてそんな不安に苛まれている自分を隠す為に周りを自分の思い通りにしようと躍起になっているものです。

ですので、貴方の周りでそんな人を見かけた時には『きっと自分の事だけで頭が一杯の人なんだな』と同情してあげれば良いと思います。

そしてそんな風にゆとりのある心と思考、そして客観的に世界を捉えてつつも自分の行動原理となる揺るぎない『芯』を持てば、世界や他人に振り回される事なく自分の世界を自由に生きる事が出来ると思います。

スポンサーリンク

まとめ

自分の思い通りに物事が進まなくてイライラする人は、総じて人と関わり時間や機会が少なくコミュニケーション能力が低い人が多い様に思います。

人と関わる機会が少なかったから、自分の持っている思考・価値観以外にも様々な思考・価値観が存在する事を知らないし、どの様な話し方をすれば相手との相互理解を深められるのかも知らないし、自分の思考・価値観が一番正しいと思い込んでいるから自分と違う思考・価値観と出逢った時にイライラするのです。

思い通りにならない世界にイライラするよりも、まずは自分が世界を知らな過ぎる事を『無知の知』として認識し、世界や他人を知る事を初めて見るのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »