コンテンツへスキップ

自分の弱みは自分の強みである。



スポンサーリンク


今日も1日お疲れ様です、蟲人です。

人間誰しも自分の中に弱みを持っているものであると思いますが、弱みが弱点であるとは断言出来ないものです。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


貴方の『弱み』って何ですか?

冒頭から唐突な質問をするのが恒例となってきている自分のブログですが、今回は自分の中に存在する『弱み』についてのお話です。

因みに自分の弱みは自分が認識しているもので『熱し易く冷め易い』『身体があまり丈夫ではない』『無防備に人を信じやすい』『短気で根暗』『早とちりで凡ミスが多い』…と、まあ日本人は自分のネガティブな部分を見つける事はピカイチなので、取り敢えずこんなもんで止めておきましょう(笑)。

人間は全く同一のステータスを持っている人は存在しないので、誰でも何かしらの弱みは持っているのは当然のことですが、大半の人は『弱み』という言葉を聞くと『自分の弱点』であってそれは決して他人にひけらかすべきべきではない、と考えてしまう人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

そう思って自分の弱みを一切相手に見せずに生きている人程、不思議な事に実は人間関係があまりスムーズに行かずに行き詰まってしまう事が多いものです。

スポンサーリンク

人間関係で発揮される己の『弱み』

『ギャップ萌え』という言葉がサブカル的な業界ではよく聞くかもしれませんが、例えば普段は冷静沈着・最強無敵なキャラクターがいたとして、そのキャラクターがたまーに弱っている所を見たりすると『キュンっとする‼︎』という事があるじゃないですか…自分はそういうキャラクターが好きです(笑)。

もう少し現実的な例え話をすれば、会社で仕事がバリバリ出来るけどちょっと強面な感じの上司がいたとして、普通だったら『ちょっと怖いから関わりにくいなぁ…』と思うかもしれませんが、ある時自分が有名なケーキ店の限定ケーキを昼休みに食べようとしていた時にその上司から『そのケーキ美味しそうだね、実は自分もケーキ大好きなんだよ』なんて声掛けられたら『この人意外と自分と気が合うのかも!』と思いませんか?

例え話がちょっと長くなりましたが、こんな感じに自分の弱みを出すのは人と人との距離感を縮める時には非常に役に立つのです!

と言いますのも、人間とは自分と共通点のある相手に対しては親近感を抱きやすく、同時に信頼感を築くスピードも早くなるのです。

最初の例え話では一見強そうなキャラクターにも弱みがある事で『こんな強い人でも自分達の様に悩んだりする事があるんだ』と感じたり、上司の例え話では自分よりもデキる人間である上司が自分と同じ趣味を持っていた事で『こんな人でも自分と同じものが好きだなんて意外!』と好意的に感じたり、お互いの間に存在していた垣根が一気に低くなってスムーズに関わり合える様になるのです。

スポンサーリンク

弱みと鋏は使いよう!

自分の弱みを曝け出す事に抵抗のある人は、弱みを出す事は相手に自分の弱点を晒して自分を不利な状況に追い込む事にしかならない!と強く思い込んでいる事が原因でしょう。

確かに人によっては相手の弱みを馬鹿にしたり、根も葉もない悪口や噂話のネタにする人もいるかもしれませんが、そんな事をする人とそもそも関わるべきではないですし、そういった人は総じて人間関係が腐れている人が殆どなので、自分の弱みを聞いてネガティブな態度をしてきた相手は、その時点で関わる価値がないのでササっと見切って良いと思います。

しかし、先程も書きましたが自分の弱みを晒け出せる人の方が圧倒的に親近感を抱きやすい事は事実であり、また自分の弱みを晒け出せる人は相手の弱みに共感出来る人であり、自分自身を否定せずにありのままを受け止められ、失敗してもそれを教訓に新しい経験や学びを獲得して成長出来る強い人であるものです。

だからこそ、色んな人と円滑なコミュニケーションを取りやすく、結果的に広い人脈を獲得しやい人にもなれるのです。

弱みを晒け出す事は自分の弱点を晒す事だ!と思い込んでいる人は非常に損をしていると思いますので、馬鹿と鋏は使いよう!と同じく弱みと鋏は使いよう!であると考えてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

自分の弱点は同時に強みでもあるという言葉がありますが、何事も使い様によっては自分を窮地に追い込む事も順風満帆な方向にさせる事も出来ます。

しかし自分の弱みを強みに変換させる為には、主観だけの価値観や思想だけでは中々難しいものですので、やはり日頃から様々な人と関わったり、様々な価値観や思考を書いた書籍を読む機会を積極的に取り入れていく事をお勧めします!

そういった事を抜きにしても、人と関わる事、本を読む事は自分の見聞を広げて人生を豊かにする事にもなりますので!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »