コンテンツへスキップ

蟲人が密かに持っている絵のコダワリ。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

皆さんは作品を創り出す時には何かしらのコダワリというものがあると思いますが、この蟲人にもコダワリというものがあります。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

芸術家・蟲人が持つコダワリ

自分で名乗るのはタダなので此処ぞとばかりに自ら画家や芸術家を名乗ってしまうのも一種のコダワリですが、自分もそれなりにコダワリというものを持っています

例えば絵を描く際に使うキャンバスは必ず木製パネルを使用する事とか、これは割と最近ですが木製パネルのサイズはBサイズ(日本特有の紙のサイズ)とSサイズでほぼ統一しているとか、絵の具を使う時には必ずパレットに出してペインティングナイフでダマがなくなるまで混ぜるとか、絵の構想を練る時に描くラフスケッチ用のスケッチブックは無印良品のを使うとか…。

今パッと思い付くものを書き出したら結構あって自分でもびっくりしてますが(笑)、兎に角自分の作品は自分の子供と同じなので、自分が出来る限りの事をして最高の仕上がりにしてあげたいと思うものです。

で、その中でも特にこだわっているかな?というものがありますので、今回はそのコダワリについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

色を使う際に『黒』は使わない

自分が絵を描く時のコダワリとして以前から行なっているものの中で、色を塗る際に『黒』は使わないというコダワリがあります。

いやめっちゃ作品の背景に『黒』使ってるじゃん?と思った方もいるかもしれませんが、あれは実物を見て頂けたら分かるのですが、実際に塗っている色は『黒』ではなくて『黒っぽい青』なのです。

最近では背景に特にこだわってラメパウダーを投入したり、今まで背景色を作る為に使っていたリキテックスのブラックジェッソの分量を大幅に減らして、以前よりももっと青みの強い背景色を作る様にも心掛けています。

ではどうして『黒』を使わない様にしているのかと言いますと、個人的に『黒』は無機物的で硬い印象を受けがちであり、しかし自分は有機的な画風を考えているので、自分のベタ塗りが主体の絵であり求めている絵には『黒』がどうしても当てはまらなかったのです。

アニメなどをよくご覧になっている人は分かるかもしれませんが、アニメキャラクターなどの主線(輪郭線)が黒ではなく、赤や青などを使っている時の方が黒よりも柔らかみを感じる気がするのです。

また漫画などの白と黒で勝負!という場合には違うかもしれませんが、様々な色彩で構成される絵の場合には『黒』の存在は非常に強いものなので、他の色を抑えて『黒』の部分だけクッキリと浮き出てしまうのです。

とは言っても、『黒』は背景に活かせば他の色を鮮やかに演出してくれる縁の下の力持ちなので、その部分を活かしたいと思っている自分は『黒』程主張の激しくない『黒っぽい青』で他の色が引き立つ様にこだわっているのです。

スポンサーリンク

コダワリが個性を深くしてくれる

…という感じで自分の『黒』に対するコダワリがあった訳ですが、これは勿論あくまで自分が今まで絵を描いてきた経験則から感じたものであり、実際にそうであるのかどうかは分かりませんが、自分の中で『黒』は主張の強い存在であると同時に他の色を際立たせてくれる縁の下の力持ちというイメージがあります。

だからこそ『黒』は使わない様にして『黒っぽい青』で背景色を作り、他の色が鮮やかになってくれる様に自分なりにこだわって描いているのです。

こうしたコダワリはクリエイターの人数だけ存在していると思いますし、そのコダワリがクリエイターの個性となって作品をよりスンバラシイものに進化させてくれるのだと思います。

自分はまだまだ芸術家としてヘッポコではあると思いますが、ヘッポコなりにこだわった構図・色彩・画材などを決めているので、今後も『芸術家・蟲人』として一発で分かる様な作品を探求・探究・追求していく為に、もっとこだわった作品を創り出していこうと思っております!

スポンサーリンク

まとめ

最近は新型コロナウイルスやら職場での面倒事などでちょっと思考が凝ってしまってブログが書けない事が多いので、今回は自分の事を好きに書くだけという楽な感じのブログを書かせて頂きましたが、個人的にはクリエイターの方々が作品を創り出すにあたってどんなコダワリを持っているのかは気になる所です。

そう言ったコダワリが集まって構成されたものが自分の我が子…つまり作品となる訳でし、逆にコダワリがシンプルな作品でもそのコダワリへのインパクトが物凄く強そうで面白そうです!

そんなこんなでヘッポコ芸術家の蟲人が持っているささやかなコダワリを語らせて頂いた記事でした。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »