コンテンツへスキップ

面白い話って色んな種類がある。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

面白い話って言うのは沢山あると思うんですが、その内容って言うのはめっちゃ種類が豊富ですよね。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

貴方は何を『面白い』と感じますか?

自分は自分の絵や昆虫や神社などの話をするのが好きですが、自分が知らない話を聞くのも結構好きで専門知識を持っている方から貴重な専門知識を聞くのも好きです。

しかし逆にテレビのワイドショーとかバラエティー番組を観ていて面白いと感じる事はあまりなくて、そう言った番組を観るならナショジオとかメーデー(世界の航空機事故を検証する番組)などのノンフィクション系の番組を観る方が好きです。

で、自分が面白いと感じる種類は自分の知的好奇心を満たす系なんだな、と最近分かってきたのですが、皆さんはどんな話が面白いと思うでしょうか?

自分の様に知的好奇心を満たす話か、それとも悲しい事や辛い事を忘れさせてくれる様な笑い話か、はたまた他人の悪口や根も葉もない噂話でしょうか?

スポンサーリンク

良い面白さと悪い面白さ

面白いと言う言葉はその言葉だけを観たり聞いたりするとさほど悪い印象を受ける事はないと思います。

自分は自分とは違った感性、画風、色彩の作品などを観た時にも『面白いなあ』と思いますし、単純に知り合いや自分がうっかりミスなんかをして『面白いなあ』と思いますし、先程書いた様に自分が知らない知識を見聞した時にも『面白いなあ』と思います。

個人的にこんな風に自分にとって経験値になる事、落ち込んでいた気分がちょっとでも上向きになる事、そして自分の中に新しいアイディアを作り出すきっかけになる事などは、良い意味の面白い話であると思うのでバンバン取り入れるべきだと思います。

では逆に悪い意味の面白さとは何かと言いますと、上でちょこっと書いた様な他人の悪口や根も葉もない噂話などです。

いや、そもそもそういった話を聞いたり話したりする人は本当にその話を楽しんでいる事はなく、実際はそういった話をして自分のストレスを発散させているだけで、特に深い意味での会話はしていないでしょう。

しかしそういった話を好んでしまうのが人間という生き物の悲しいサガであり、特に女性はそうした話で団結力の様なものを結束させる事が多いので、女性同士の悪い意味での面白い会話は末恐ろしいものなのです。

この悪い意味での面白い話には極力…いや徹底的に関わらないでいる事が最も幸せな事である事は自分も嫌という程経験済みなので言っておきますが、こういった話をする人達って大抵はあるグループで仲良くしている人の悪口を別のグループでしている事が殆どなので、いつの間にか自分が悪口や噂話の矛先を向けられていたりするので本当に関わらん方が良いですよ…マジで。

スポンサーリンク

自分の心が喜ぶ面白さを感じよう

ちょっと自分の根暗な性格が顔を出し掛けてしまいましたが(笑)、どうせ面白いなら全く身にならないし寧ろ人間不信に拍車を掛けてしまう様な悪い意味での面白い話を聞いたり話したりするよりは、自分の知的好奇心を満たしてくれる様な面白い話に耳を傾けている方が断然良いです。

そういった話を聞く事で自分は絵以外の事にも興味を持つ様になり、心理学や経済学、そして最近では楽器(特にクラリネット)なんかにも手を出し始めてきています。

それだけではなく、自分がずっと好きであり生き甲斐である絵に関しても自分の作品をもっと探求・探究・追求する為のヒントを沢山得る機会も増えましたし、自分が絵を通して何をしたいのか、そもそも自分にとって『生きる』ってなんなんだ?とちょっと哲学的な事を考える様にもなりました。

面白い話と言うのは人によって様々な種類がありますが、少なくとも他人を利用して悪口や噂話で盛り上がる様な質の悪い面白さよりは、自分の知的好奇心や心が満たされる様な面白さの方が健全ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

気心知れた友達と馬鹿話をしてお腹がよじれる位に笑うのも面白いですし、答えが見つかっていない未知の世界の話を延々を話し合い続ける事も面白いですし、個人的には自分の頭の中を整理する意味で独り言をするのも結構面白いです(笑)。

そんな感じで面白話と言うのは色々ありますが、何度も言いますが他人を槍玉に挙げて片方だけが面白がって片方を無闇に傷つけるのではなく、双方が楽しめる様な面白い話を自分はしていきたいし聞きたいと思うところであります。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »