コンテンツへスキップ

蟲人の本の読み方について。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

蟲人は子供の頃から人並みに本を読む事が好きで、大人になった今でも時々本を読むようにしていますが、そんな蟲人の本の読み方をちょっと書いてみようと思います。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

効率よく読書が出来…ません!

今回の記事の冒頭でも書きましたが自分は本を読むのが人並みに好きで、学生時代には放課後図書館に一人で入り浸る事があったり、大人になってからは自分で本を買ったり職場に置いてある本棚から借りて読む事もあります。

そんななので、一時期はもっと沢山本を読めるようになりたいな…と考えた事もあり、速読術や効率の良い本の読み方なんかを色々と調べてみたのですが、結局自分は本を最初から最後まで読まないと気が済まない性分である事が分かったので、今は効率良く読む事は諦めてマイペースに読んでいます(読んでいてくどいと思ったり、飽きてしまったりする部分は飛ばしますが)。

こんな感じに基本的には自分のペースでないと何事も進める事が出来ない自分ですが、個人的には速読術や効率良く読書をする方法であると、自分としては本当に自分が共感したり納得出来る部分を読み落としてしまう気がするので、時間が掛かってもやはり本を読む時は出来るだけ全てを読むようにしています。

スポンサーリンク

自分の感覚に合う言葉がある

さてさて、世間では沢山本を読む為には無駄な部分は飛ばして自分が読みたいと思った部分だけ読めば良い、と言う方もいらっしゃいますが、多分にそれはある程度の知識を既に持っている方や理解力のある人が出来る事であると思っています。

しかし自分はそこまで知識がある訳でもなく、少ない文章だけですぐに理解出来るほど頭がいい訳でもないので本を最初から最後まで読んでいるのですが、それだけではなくて文章の中に自分の感覚に当てはまる言葉というのが存在していると思うのです。

どうにも自分は物事を頭で考えて理解するよりも本能的な感覚で理解する事が多く、その感覚の部分に引っかかると言うか合致する言葉が文章の中に時々存在していて、その言葉を見付けた瞬間に『あ、そう言う事か!』と途端に理解出来る事があります。

正直これを言葉にするのが難しいのですが…例えるなら英会話が得意ではない人がネイティブの英会話を聞いている時、その会話の中に自分が聞いた事のあるフレーズがあったような感覚でしょうか。

自分の感覚に合致する言葉を見付けると、直前までよく理解出来ていなかった文章の内容が急に理解出来るようになるので、個人的にはその感覚に合致する言葉を探す為に最初から最後まで読んでいると言う感じなのです。

しかし、その言葉は一度読んだだけでは中々見付からない事が殆どなので、まずは分からない所があっても全て読んでみて、その後もう一度じっくり読んでみる事でその言葉を見付ける事が出来るのです。

スポンサーリンク

読む→理解→知識を得る事が読書の醍醐味

昔テレビか何かで本をバーっと捲るだけでその本の内容を把握出来る、所謂典型的な速読術を披露している人が居たのですが、今考えてみるとそれって読書を楽しんでいるうちに入るのか?と疑問に感じます。

どちらかと言うと速読術ってどれだけ本を読んだか、どれだけ早く本を読んだか、と言う感じで読書というスポーツを楽しんでいる感じです。

自分としては読書は本の内容をじっくり読んで、その内容を自分なりに理解して、最後に自分の新しい知識として吸収する、という作業であると思います。

また『起承転結』という言葉がありますが、それは本にも当てはまる事だと思いますし、序盤から読み進めていく事で中盤から終盤の内容までを順序立てて理解する事にも繋がると思うのです。

短編集とかであれば飛ばして読んでも読みたい所を読んでも良いと思いますが、知識を書き記している本であれば余程知識がない限りはちゃんと順番で読まないと、自分でも中々知識を吸収し辛い部分が出てくると思います。

折角自分の中に新しい知識を得る為に本を読んでいるのですから、速読術や効率の良い読書方などは気にせず、自分が納得出来るレベルまでじっくり読んでみるのも良いのではないでしょうか

スポンサーリンク

まとめ

自分はこんな感じで本を読んでいるのでただでさえ時間が掛かるのに、ちょっとばかし欲張りな自分は今まで自分が読んだ事がないジャンル(経済学とか哲学書とか…)やもはや鈍器になると言うレベルに分厚い専門書なんかに手を出してしまうので、一番長かったものでは読み切るまでに1ヶ月半掛かったものもありました(笑)。

滅茶苦茶効率が悪い読書をしている自覚はありますが、しかしそうやってじっくり読んで自分の感覚に合う言葉を見付ける作業は結構面白いですし、見付けた瞬間には海を割ったモーゼの奇跡の如く物凄い衝撃を感じるのです。

そんな感じで、皆さんも各々が楽しめる読書方法で自分の中に新しい知識を吸収していって良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »