コンテンツへスキップ

『反応しない練習』が個人的にスンバラしい本でした。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

漸く新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除される事となって一安心な訳ですが、その間の外出自粛中に熟読した『反応しない練習』と言う本が、個人的にかなりスンバラしい本だったので書いておこうと思います。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

外出自粛の最中に本を読む

先日1ヶ月半以上続いた緊急事態宣言が漸く解除される事となりまして(ブログ執筆時)、かと言ってまだまだ油断はしてはいけないとは思いつつも、やっとこさ趣味の神社巡りを再開出来そうでルンルンです♪(勿論まだまだソーシャルディスタンスは厳守で!)

で、この長い外出自粛生活の中で、自分は改めて『自分が何を描きたいのか?』自分の心とじっくり向き合って考える時間を作れたり、柄にもなく英語を中学校レベルからやり直し始めた、特別定額給付金で買いたい物を吟味していたり(笑)と、個人的には結構充実した日々を送れたと感じています

そんな中で、読書をする時間も設けてみたのですが、その時に以前から興味がった『反応しない練習』と言う本を買って読んでみたのですが、此方の本が自分的にはかなりスンバラしい印象だったので、今回は3回程に分けて『反応しない練習』の感想や実際に始めた習慣などを書いていこうと思います!

スポンサーリンク

『感覚』で理解する部分がある内容

さて今回ご紹介させて頂く『反応しない練習』と言う本なのですが、此方は草薙龍瞬さんと言う方が書かれた本であり、その内容は仏教の始祖である『仏陀(ブッダ)』さんの超絶に合理的な思想方を書かれた本です。

先に言っておきますと、自分は最初一度読んだだけでは内容が理解出来ませんでした(笑)。

正確には本の中に書かれている文章を理解する事は出来るのですが、その文章に書かれている内容を具体的に理解するまでには何度か読み直しています。

と言いますのも、これはあくまで自分が読んだ印象なのですが、本の内容にはフィーリングで感じ取っている内容が結構あったりして、例えて言うなら答えの決まっている問題集の様に『読めば理解出来る』と言うのではなくて、実技を通して実際に自分で経験して肌で感じてみないと理解し辛い部分があるのです。

と言ってしまうと『難しい哲学書みたいなの?』と思われるかもしれませんが、これはあくまで『1度だけ』読んだ場合であり、その後に何度も読み直してみると『あ〜そう言う事か〜!』と中々合わなかったパズルがピッタリと組み合わさった様に理解出来るのです。

しかし読み返すのって結構時間が掛かっちゃって面倒臭いな…と思われる方もいるかもしれませんが、本の内容自体は読みやすく構成されており、また文章のサイズも結構大きめに構成されていたり、堅苦しい言葉ではなくフランクな言葉を使っている部分も多いので、自分は2、3時間程で読み切る事が出来ました。

スポンサーリンク

理解出来たら実際に実践するだけ

そんなこんなで自分は外出自粛中に『反応しない練習』を何度も何度も読み直してみたり、読み直して自分的に『これよく分かる〜』と感じた文章には学生時代さながらに蛍光ペンで線を引いてみたりと、蟲人のお気に入りの本の仲間入りをする事と相成りました。

しかし此処まで読み直す程気に入った理由には、今までも自分なりにメンタルコントロールをしようと色んな本を読んでみたけれど、どれも具体的にどうすれば良いのか?と言う部分が抜けていたり、例えやり方が書いてあったとしても自分にはどうにも向いていなくて効果がなかった…と言う事が多かったのですが、今回の本に関しては『こう感じた時にはこうしてみたら良い』と具体的に書いてあったり、その方法が結構自分に合っていて実践し易く効果を実感する事が多かったと言うのが大きいです。

メンタルコントロールって『兎に角心を強く持て!』みたいな内容が結構合ったりするんですが、『反応しない練習』の中で『ブッダさんは実は超絶ネガティブ思考の持ち主だった』と言う内容や、ブッダさんの超絶ネガティブ思考のエピソードなんかも書かれていた事で、『あのブッダさんが超絶ネガティブ思考だったとは…しかもエピソードがめっちゃ共感出来る(笑)』と言う感じに、非常に親近感を持って読む事が出来たのです。

つまり自分の様にある程度の想像力があって、尚且つ物事を『感覚』で理解しようとする、そして超絶ネガティブ思考の方に『反応しない練習』はオススメ出来ると言う事です!

次回からは『反応しない練習』を読んでみて、実際に自分が実践しているメンタルコントロールと、アクションコントロールの内容を2回に分けて書いていこうと思いますので、お時間ありましたら覗いて観てもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

まとめ

いや本当にね、今までこのブログで結構偉そうに色々お話ししてますが、何だかんだ言っても蟲人自身は元来超絶短気だし根暗だしネガティブ思想なので、色んなメンタルコントロールの本を読んだり色んな業界の成功者のメンタルトレーニングとかを聞いてもいまいちピンとこない事が結構多かったですね。

しかし同じく超絶ネガティブ思考であったブッダさんの思考法は『ネガティブ思考の人間が人生を少しでも楽に生きられる様にするにはどうすれば良いのか?』と言う所から始まっているので、これは全てのネガティブ思考の方には結構救いとなる一冊であると思いますので、自分の様に色んなメンタルコントロールやトレーニングをしてきても上手く行かなかった方はちょっと読んでみて下さいましまし。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »