コンテンツへスキップ

一夜漬けよりも習慣付け。



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

学生時代にはクラスメートが一夜漬けしてテストに挑んでいた事がありましたが、一夜漬けってロクな結果にならないのでオススメしません(因みに自分はテスト勉強は潔く諦めて挑んでました)。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


健康診断が近づくと…

自分はアルバイトの身分なのですが、有難い事に今までお世話になった職場は大手企業だった事もあり、毎年会社で行われる健康診断にも参加させて頂く事が出来ていました(とは言っても所詮は会社での健康診断なので気休め程度かもしれませんが…)。

で、毎年その健康診断が行われる記事の数週間前になると、職場の大半の方々が食事に気を使い始めたり、タバコやアルコールを控える様になったり、人によっては帰宅する時に歩く様にして運動量を増やしたりする人なんかも出てきます。

最初はなんでそんな事をしているのか全く分からなかったので、中の良い人に聞いてみたら『もうすぐ健康診断が始まるから、今の内に出来る事をしておこうと思ってね…(笑)』との事。

まあ確かに自分も30過ぎてからやはり20代と比べると元々貧弱だった身体が更に衰えているのを実感したり、30代と言う節目から20代の頃に行っていた不摂生のツケが出てくるものなのだとは聞いていたので(自慢じゃないですが自分は20代の頃も早寝早起きであまりジャンクフードを食べる家系ではなかったのが幸いした)、健康診断ではその不摂生の結果が嫌が応にも突き付けられるので、そりゃ少しでも良い結果にしようともがきますよね。

しかし、残念ながら過去数十年と積み重ねてきた不摂生が、たかだか数週間で改善されるなんて事はないと思います

スポンサーリンク

一時凌ぎはロクな結果にならない

冒頭で学生時代の話をちょこっと書きましたが、学生時代にはよくクラスメートがテストの前日に徹夜をして勉強する…所謂一夜漬けを行っていた事がありましたが、あれって率直に良い方法とは言い難いですよね

確かにその日のテストでは良い成績を取れるかもしれませんが…徹夜なんて夜型に慣れている人でもない限りは相当に頭に掛かる負荷が大きいので、そのテスト勉強の内容を一時的にしか覚えられていないのではないかと思います。

ですのでテストが終わってしまえばそれを覚えている必要はないとさっさと忘れて、結局その勉強の内容は記憶されていない…様な気がしますがどうなんでしょう?

いや、そうでなくとも一夜漬けの様な一時凌ぎのやり方で良い結果なんて残せるとも思えないので、例えばたった数秒で描いた絵と数年掛けて描いた絵を比べたらその技量や描き込みなんて月とスッポンくらい違うと思いますし、仮にたった数秒で描いた絵でも非常に完成度の高い絵だったとしても、それはその数秒で描ける様になる為に今まで数年や数十年と長い積み重ねがあったからこそそう言った絵が描けるのだと思います。

とは言っても、今はインターネットやSNSが普及してくれたお陰で短時間で高度な技術を習得出来る方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば作品に込める思いや感情と言うのは数日で出来上がるものではなくて、何十回何百回何千回と言う試行錯誤や何年も掛けて沢山の経験や知識を積み重ね、それらを更に磨き上げる事で漸く描ける様になるものであると思います。

スポンサーリンク

本気でやる事には本気で取り組む

しつこい様ですが、自分は絵を描く事が基本的に生き甲斐であり、その為には割と時間やお金を遠慮なく使ってしまう所があり、そのせいでたま〜に生活がちょっとキツキツになる事もあります(笑)。

でも、皆さんにもそれくらい夢中になれる事があると分かると思いますが、自分が好きな事ややりたい事に対して手を抜く人ってあまり居ないんじゃないかな、と思います

風景や生き物を撮影する事が好きな人は撮影器具に惜しみなくお金を注ぎ込めるし、スポーツが好きな人は学校や仕事で疲れていても夜や早朝に自主練習をするのも苦じゃないだろうし、自分の様に絵を描いたり何かしら創る事が好きな人は時間も忘れて製作に没頭しちゃうもんです。

もしも自分が数日そこらでカメラの撮影方法を学んだとしても、何十年もカメラで撮影する事に夢中だった人に勝てる訳がありませんし、数日そこらでスポーツを始めたとしてもスポーツ選手の様な結果を出す事だって出来ません。

本当に結果を出したいと考えているのならば一夜漬けなんてチャチな方法で一一時凌ぎしようとせずに、結果を出したいと考えている事に本気で夢中になって取り組んで、尚且つそれを数年数十年と長い間続ける事が出来なければ、まともな結果を出す事は難しいと思うのです。

スポンサーリンク

まとめ

自分が尊敬している方に岡本太郎さんがいらっしゃるのですが、『人生とは積み重ねではなく積み減らしである』との名言があります。

しかしこの積み減らしとは今までの人生で様々な経験や知識などを積み重ねた事で、その中から自分が求めているものだけを厳選する積み減らしが出来る訳で、最初から最後まで薄っぺらいままではその積み減らしをする事も出来ません。

ですので、一見すると苦もなく仕事や作業をサラッと終わらせてしまう様な方と言うのは、実はそうなる為に物凄い努力を重ねてその中から自分に不必要な部分を取り除いて効率良くしているので、もしもそうした方を見て『自分でもすぐ出来そうじゃん!』と思ったら後で痛い目に遭います。

氷山の一角…なんて言葉もありますが、普段そつなく仕事をこなしている方が見せている努力とはほんの一部分であって、一夜漬けで勝てる様な生半可なレベルではない事は肝に命じておきたいものです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »