コンテンツへスキップ

関心がないからと言って否定して良い訳じゃない。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

以前の自分もその気はあったのですが…人間とは自分が嫌いなものだけではなく、自分が興味のないものまでも悪いモノの様に扱っては排除しようとしてしまいがちです。

蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

興味がない事には無関心です

自分は基本的に絵を描く事と昆虫の事以外にはさほど興味が無いのですが、成人して10年以上経った今ではそれに更に拍車が掛かって、『自分の好きな事や興味のある事以外に貴重な人生の時間と労力を注いでまでわざわざ首を突っ込むなんてナンセンス〜』と言った感じで、自分が興味のない事に関しては無味無臭と言った感じの態度で通してます

自分はアニメやマンガやゲームを手放してだいぶ経っているのでもうほとんど興味はないのですが、それらが子供に悪影響だ!犯罪の原因になってる!なんて文句を言ったりする気なんて起きないし、運動音痴の自分はスポーツ関係にもあまり興味は持っていないのですが、だからってスポーツ選手を志している子供達や会社員でスポーツを続けている方や定年退職されてからスポーツを始めた方を見て『どうせ慣れっこないし無駄なんだからやめろ』とも露程も思いません。

でも世の中にはわざわざ自分が興味のない事に首を突っ込んでは文句を言ってくる人がいる訳なんですが…自分が興味ないからって否定する権利を持っている訳じゃありませんよ?

スポンサーリンク

『興味がない=必要ない』ではない

蟲人の画家人生ブログを読んで下さっている方々は良くご存知だとは思いますが、自分の生き甲斐は絵を描く事(+昆虫観察)でありこの世知辛い世の中を生きていけている命綱と言っても過言ではありません。

しかし、ぶっちゃけただ生きていくだけであれば絵なんて必要ない!と思われている人もこの世に存在していることは事実でしょう。

そう言った考えの人からすれば『絵なんて生きていくのに必要ないんだからいらないだろ』と思われるかもしれませんが、それはその人の主観的な考えであって世の中全ての人が同じ考えである訳ではないので、それを一人で心の中で主張するのか構わないとしても他人にその主張を押し付ける権利はないのです。

たまたまその人には必要のないものであったと言うだけで、この世の全ての人々に必要のないものであると主張する事はやはりおかしな事であると思います。

先程書いた様に自分はアニメ、マンガ、ゲームにはもう殆ど興味は持たなくなってはいますが、それらのお陰で今現在を生きていられる人だって世界中に沢山いるでしょうし、また例えプロ選手になれなかったとしてもスポーツを続けている事で自分のモチベーションを維持させて生きている人だっているのです。

個人の主観で『あれは必要ない』『これは無駄なものだ』なんて決め付ける事なんて絶対に出来る訳はないのです。

スポンサーリンク

関心がないならほっといてくれ

何故一々自分が関心のない物事を必要ないものだ!と一方的に攻撃しているのかは如何せん理解し難いのですが…もしも本当に興味がないのであれば冒頭で書いた自分の様にわざわざ自分の貴重な人生の時間と労力を浪費する事なく、『自分は興味ないな〜』と受け流してしまえば良いと思います。

それが自分や他人の生命を脅かす様な危険な事であれば止めた方が良いとは思いますが、そういう事ってそうそうあるものでもないと思うので、基本的には文字通り無関心にしていれば良いのです。

なのにわざわざ突いてくると言うのは、その物事に対して何らかに恨みを持っているか、或いは自分がその物事に対して未練があるか、はたまたその物事が攻撃しやすい対象であった事で自分の日頃の鬱憤を発散させて自己満足をしているのか…恐らくは全てだと思いますが、結局そんな事して一体誰が幸せになるんでしょう?

一方的に『必要ない!』と言われた方は勿論傷付けられるでしょうし、一方的に『必要ない!』と言い放った方だってそれを言ったからと言って幸せになれる訳じゃないと思うので、これこそまさに不毛なやりとりと言うべき事でしょう。

いちいち自分が関心のない事に首を突っ込んで『あれは無駄だ!』『これは必要ない!』なんて無駄口を言っている暇があるなら、それこそその時間と労力を使って自分の好きな事や関心のある事に夢中になって自分を幸せにしてあげたほうが何百何千何万倍も幸せになれるでしょう。

自分が興味ないんだったらわざわざイチャモン付けてこないで無視してほっといてあげて下さい、本当に。

スポンサーリンク

まとめ

自分は幸か不幸か…いや確実に幸であると思うのですが、自分の絵や絵だけで生きていく夢を否定された事はあれど、画家として絵を描くと言う生き甲斐そのものを『必要ない!』と否定された事は一度もありません…え、絵や夢を否定されただけでも十分に酷い事じゃいないか?そんな事は日本で画家を目指している方々はみんな嫌という程味わっているんですから大した事じゃないですし、その程度で折れてたらこの御時世生きていけませんよ〜(笑)。

ともあれ、個人的にはやはり自分が興味がないと言う理由だけで他人の生き甲斐を徹底的に否定する人と言うのは一番嫌いですし、友人としても知人としても家族としても付き合いたいとは思わないですね。

『自分は興味ないけどこの人には大事なんだな〜』って、受け流してあげれば世の中はもっと平和になりそうだな…と思う今日この頃でした。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »