コンテンツへスキップ

自分と言う存在が超絶奇跡的な存在である事に気付いた。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分の好きな事がいつの間にか生き甲斐となって毎日絵を描く為に生きている自分ですが、実はそんな生き方をしている自分と言う存在が非常に奇跡的な存在である事に気が付きました。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

新しい職場で毎日忙しいです!

自分は7月から新しい職場で働いているのですが、倉庫の立ち上げからなのでまあ想像以上に忙しく怒涛の日々を送っている最中でございます。

今までの人生でこれ程働いた事がなかったので、毎日仕事から帰るとヘロヘロになっておりますが、それでも休日にはこうしてブログを書いたり部屋の掃除をしたり、そして何よりも大事な生き甲斐である絵を描く製作作業もしております!

そんな人生の中でおそらく一番働いているであろう今現在ですが、これはきっとよで働かれている方々が経験されている状況であり、自分の様なペーペーレベルの人間ではなく人の上に立って働く方々なんてこの何倍も忙しい日々を過ごしては、毎日疲労困憊で帰宅してまた朝になったら仕事に向かわれる様な感じなのでしょう…やっぱり社会人って凄いですね…。

スポンサーリンク

休日は寝て終わる…だと…?

そんな人生で最も多忙な毎日を送っている自分ですが、先程も書いた様にそんな日々でも休日や休日前の夜にはブログのネタを考えたり、現在製作中の作品や新しい作品を眺めて悦に浸ったり(笑)、帰宅後に気力があればちょこっと作品製作を進めたり、時間にゆとりもあれば散歩や昆虫観察に繰り出したりするくらいにはやりたい事があります。

そんな風に『仕事の日は空いた時間に好きな事をして、休日も目一杯好きな事をする』スタンスで今まで生きてきた自分なのですが、人間とは自分が行なっている事が普通の事なのだと勘違いしやすい生き物で、自分も例に漏れずそんな人間の一人です。

職場の方とお話しして休日どうしました?と聞くとかなりの確率で『夕方まで寝て終わった…』とか『特にする事もなかくてぼーっとして終わった…』と言う回答の方が圧倒的に多かった事実に驚愕したものです。

勿論休日は日々の疲れを癒す為に休眠する事も大事ですし、自分だって創作意欲が低下気味の時は何もせずにボンヤリと過ごす事がたまにあるので、そんなにエラそうにとやかく言うつもりはないのですが、何時も休日は寝て過ごすか何もせずにぼーっと過ごすか…と言うのは、その状態が余程好きな人でない限りは中々に苦行であると思います。

それこそ日々仕事の為にだけ過ごしている状態になってしまうので、もしも自分がそんな生き方をしていたら『自分は一体何の為に生きているのか…』と人生の路頭に迷ってしまいそうです。

スポンサーリンク

奇跡的な自分と言う存在で生きていく

現代社会では生きる場所を選ぶ自由も、自分が働きたい場所を選ぶ自由も、何を生き甲斐に生きていくかを選ぶ自由も与えられてはいますが、実際にその自由を謳歌して生きている方に出逢ったのはそう多くなはない様に思います。

皆さん嫌々ながらに仕事をして毎日疲労とストレスを抱えて生きていたり、夢中になれる事や生き甲斐も特になく休日も何もせずに終わってしまったりと、おそらくは世の中の大多数の方々がそんな無味無臭の日々を過ごされているのかもしれません。

かく言う自分も特別裕福な家に産まれた訳でもなく、世界的に認められる才能者の血筋な訳でもなく、良くも悪くも平々凡々な家庭に産まれた訳なので、もしかしたら自分も紙一重の差でそんな無味無臭の人生を送っていたかもしれません。

奇跡的に自分は幼少期に絵を褒められた事で絵を描く事を喜びとして見出し、割と放任主義だった親のお陰で自分の好きな事に没頭する時間が多く取れ、腹を括って画家として人生を謳歌する為にアルバイトで働きながら絵を描き続ける事を決断し、鳴かず飛ばずの数年を過ごした後に少しづつ展覧会で賞を受賞した事で段々と周りの人達から応援して貰える様になり、最終的には定期的に展覧会へ呼んで頂ける様になったお陰で、忙しい毎日の中でも自分の生き甲斐を続けると言う奇跡的な人生を送る事が出来ているのだと思います。

今後もこの超絶奇跡的な自分と言う存在で、死ぬまで絵を描くと言う生き甲斐を継続していく事が自分にとって最高の幸せになると思ってます。

スポンサーリンク

まとめ

日本での教育は今でも『会社の為に働ける人材教育』と言う印象の、個を殺して大勢の一人になってしまう様な印象を感じてしまいがちではありますが、そんな中でも自分は授業中もノートに沢山の落書きをしたり、図画工作や美術の時間だけめちゃくちゃやる気を見せていたせいか、そんな生徒のノートを気に入ってくれて記念に貰ってくれる先生や、一緒に作品を良くしようと寄り添ってくれる先生と出逢えた事も、今でも自分が絵を描き続ける糧になっています。

必ずしも自分の好きな事が収入に繋がる訳でも、名声を手に入れる事に繋がる訳でもありませんが、それでも自分の好きな事をする時間は何よりも幸せに感じる時間ですし、没頭すれば同じ志の方々や自分を応援してくれる方々と出逢ってもっと充実した日々を送る事にも繋がると思います。

自分の好きな事を大人になっても続けている事は、天然記念物並みにレアな事なので、皆さんも是非自分の好きな事を続けて行きましょう!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »