コンテンツへスキップ

承認欲求に振り回されるな!


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

人間とは他の生物と違って他人から認めらる事に快感を覚える『承認欲求』と言うものを備えていますが、それに振り回される生き方は不毛であると思います。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

〇〇円で〇〇回いいね!押します

自分はテレビがないのに加えてテレビ番組にさほど興味がないので、基本的にはYouTubeなどの動画サイトでニュースのチェックをしたり、自分が興味のあるジャンルの動画を視聴する事が殆どなのですが、その中でオカルトや都市伝説などの不思議系な動画を視聴する事が結構多いです。

そんな動画の中で『動画やSNSなどで〇〇円を支払う代わりに〇〇回いいね!を押す』と言うビジネス(?)があると言うお話を聞いて驚きました…わざわざ此方からお金を支払っていいね!を押してもらうとはどう言う事なのか…。

しかもそれは非常にハイリスクな事であり、もしも動画サイトの運営側に見付かれば即刻『ヤラセ』である事がバレてアカウントを停止させられてしまう可能性もあると言うのですから…いやそれってマジで誰が得するの?と言う感じです

しかし、SNSなどでは如何に『みんなから注目される自分』や『周りが羨むくらい良い自分』を演じて沢山のいいね!やフォロワーさんを集められるのかを考え、そしてそれを目的として血眼になって活動している方々もまた一定数はいるのが事実なのでしょう。

スポンサーリンク


承認欲求は切っても切り離せない欲求

冒頭にも書きましたが、人間とは承認欲求を抱えた生き物でありその欲求とは切っても切り離せない繋がりがあります。

ですので、自分も自分の行った行動や描いた作品などが他人から評価されればとても嬉しく感じますし、また次も評価されたい!と感じて創作意欲のエネルギーとなって新しい絵を描く原動力にもなるのです。

つまり承認欲求とは人間の行動原理のエネルギーとなる貴重な資源の一つであり、承認欲求があるからこそ何かを創り出そうとしたり行動したりしようと出来る訳です。

ですので、承認欲求自体は全く悪いものではなく、寧ろ自分の人生をエネルギッシュに生きる上では重要なエネルギーとなってくれる訳なのですが、承認欲求が悪い方向に動く時というのは『他人に認められる事』を目的として行動してしまう状況…つまり承認欲求を満たす事そのものが自分自身の目的となってしまっている状況が宜しくないのです。

これの何がアカンのかと言いますと、承認欲求を満たす事が目的となるとその欲求を満たす為には手段を選ばない状況になりやすく、冒頭に書いた様に自分を周りが認めてくれている様に見せる為にお金を出して高評価を求める事をしたり、公共の場で迷惑行為をしたり営業妨害の様な行動を起こした様子をSNSなどに投稿して炎上する人も、おそらくはそうした常軌を逸した行動をする事で注目を得たいと考えてしまっているのかもしれません。

最初に書いた高評価を金銭で得る行為は分かりませんが、少なくとも公共の場での迷惑行為や店舗への営業妨害は犯罪行為になるので、承認欲求を満たす為だけに行う行動としてはあまりにも無謀でリスキー過ぎます。

スポンサーリンク

承認欲求も生きる糧の一種でしかない

承認欲求を満たす事を目的としてしまった場合の末路は先程書いた様なものですが、結局承認欲求も生きる糧の一部でしかなく、それを一時的に満たした所で人間の欲求というものには底がないので、また次の承認欲求を満たす為に行動し続けなければならず、延々と満たされる事のない欲求を満たす為に振り回され続けるだけでしょう。

以前は嫉妬心も使い様によっては自分を高める起爆剤になると言うお話を書きましたが、これと同じ様に承認欲求も自分自身がその欲求をしっかりと理解してコントロールしていれば、自分自身を更に向上させる為のエネルギーにする事が出来ます。

先程書いた様に自分の行動や描いた作品を人かた評価されれば嬉しくなるので、その気持ちを創作意欲のエネルギーに補填していけば創作意欲を高い状態で維持する事も出来ますし、そこから更にステップアップして行く為の足場にもなってくれるでしょう。

しかし創作で得られる承認欲求では、自分が描きたいものを描いている筈が他人から評価されやすいものにすり替わってしまう事があるので、その点だけは注意していかなければならないでしょう。

何れにしても、自分が上手くコントロール出来ればプラスのエネルギーになり、その欲求に振り回されてしまえばマイナスエネルギーとなってしまう事は全ての物事に共通している事であると思うので、自分の欲求の手綱はしっかりと掴んでおきたいものです。

スポンサーリンク

まとめ

承認欲求って世間では歪んだ自己満足の様に思われてしまうかもしれませんが、その欲求自体が決して悪いものなのではなくて、その欲求を歪んだ方法で満たそうとしてしまう事が宜しくない事であると思います。

公共の場での迷惑行為や店舗への営業妨害だって、自分や普通の感性を持っている方々としては異常極まりない行動であると思っていても、承認欲求に目が眩み振り回されている人にはそれが異常な行動とは認識出来なくなってしまうものなのでしょう。

そんな風に犯罪に片足を突っ込んでしまう事がない様にする為にも、日頃から自分自身の中にいる承認欲求を含めた欲求のエネルギーをコントロールしておく事は大事な事になるでしょう。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »