コンテンツへスキップ

作品の中に己の『好き』を目一杯詰め込め。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

絵にしても曲にしても彫刻にしても、クリエイターの方々が創られた作品にはその人の嗜好や性癖が如実に現れている様に感じますね。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

作品って嗜好や性癖が現れやすい

自分は今までに人間をモチーフに絵を描いた事がほぼありません。

正確には人間っぽいキャラクターを描いた事はあっても、人間そのものを描く事がなく、それは自分の中でただの人間よりも人魚姫の様な人間っぽいけど人間じゃない『何か』が好きだからです。

他にも現実世界の建物や風景を描くよりも自分が子供の頃から頭の中に創り出している世界を描く事が好きだったり、微妙な陰影や色遣いをするよりもボカシのないベタ塗りや原色などをドカンと塗る方が好きだったり、絵を描く時にも布や紙ではなくて木製パネルなどの木材に描いたり、描くキャンバスのサイズもキャンバスサイズ(F、P、Mなど)ではなく日本古来のBサイズのみを使用したりと、それなりに何らかのこだわりを持って何時も作品を製作しています

そんな風に自分の『好き!』だけを盛り込める作品作りでは製作者の嗜好や性癖が如実に現れていたりするので、他の作家さんの作品を観ているのが楽しいのです。

スポンサーリンク

好きを詰め込んだ作品の方が良い

これはある意味当たり前の事かもしれませんが、作品には嗜好にしろ性癖にしろ自分の『好き!』を目一杯詰め込んだ方が格段に良い作品が出来上がると思います。

と言うのも、今更ですが自分は絵を描く事が好きで、その中に描くモチーフのオオミズアオとその他の昆虫に宇宙や星なども自分が好きなものであり、またオオミズアオをモチーフに創り出している『月之蛾』と言う存在も、普通の人間よりも所謂『人外』の様な存在が好きと言う性癖の様なものが現れている証拠です。

他にも大抵同じ色を必ず使っていたり、同じ姿勢の作品が多かったり、それぞれのモチーフの配置が似ていたり…と、自分で書き出してみると思いの外こだわっている部分が多くて驚きです(笑)。

そんな自分の好きなものが詰め込まれた絵を良い加減に描こうなんて気は起きる訳もなく、寧ろ自分の好きなものをもっと良い作品へ昇華させようと自分なりに試行錯誤していけると思います。

やはり人間は自分が興味がなかったり愛着が湧かないものに関して大事にしようと言う感情が起きにくいので、好きじゃないもので結果を出そうと言うのに無理があると言うのはそう言う事でしょう。

そして物事を継続出来るのもそれが好きだからなので、やはり作品には思う存分自分の『好き!』を詰め込んだ方が良いでしょう!

スポンサーリンク

己の嗜好と性癖に素直になれ

言い方は悪いですが良い作品を創り上げる為の一番手っ取り早い方法としては、自分の嗜好や性癖に素直になってそれらを表現する事でしょう。

とは言っても明らかに他人へ危害を加える様なものや公共の場を破壊する様なものは少々考えものではありますが、例えば自分の様に女性であっても昆虫好きを惜しげもなく語ったり、同じ色・同じポーズ・同じ配置・同じモチーフを描き続けるなどの表現は問題ないと思っています。

この考え方は自分が尊敬する画家の一人であるベルギー出身のポール・デルヴォーさんの影響を受けており、彼が描いた作品に登場する女性の顔は髪色などに差異はあっても全て同じ顔の女性である事が有名で、それは彼が生涯愛したたった一人の女性の顔であり、他にもランプや蒸気機関など彼が好きだったモチーフを沢山作品の中に盛り込んでいる事で、自分も作品に中にはこれでもか!と言うくらいに自分の好きなものだけを描く様になったのです。

それに自分の好きなものを詰め込んだ作品であれば一種の名刺の様なものにもなると思うので、絵を観た時に『この絵はあの人の絵だ!』と覚えて貰えますし、また同じものが好きな人にも見つけて貰いやすくなると思います。

もしも自分の『好き!』を詰め込んだ作品を観てイチャモンを付けてくる相手がいたとしても、『じゃあ観なきゃ良いじゃない(笑)』という感じです。

是非とも自分の好きなモノを前面に表現した作品を創り出しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

自分は良くも悪くも画家としてさほど有名ではないので、自分の『好き!』を目一杯詰め込んだ作品を描いていても変なクレーマーに絡まれる事なく、でも世界中の一握りの同じ『好き!』を持っている方々と繋がった相変わらず自分の『好き!』を詰め込んだ絵を描く事が出来ています。

で、自分でも数年前の作品と今現在描いている作品を見比べてみると、やはり『好き!』なものをもっと好きになって知らず知らずのうちに作品が向上していたり、更に昇華して進化していたりしています。

好きな事に重点を置いていれば自ずと何かしらの結果が出てくるものなので、もしも何かで結果を出したいのであれば、まずは自分の好きな事をハッキリさせて、それを突き詰めていく事が一番良いでしょう!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »