コンテンツへスキップ

面倒ごとは省くに限る。



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は絵を描いたり昆虫観察に行ったりする事以外は面倒臭くて仕方がないので、基本的にはそれ以外の時間は手を抜く事が殆どです。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


面倒臭い事はやりたくない

自分は冒頭でも書いた様に絵を描く事と昆虫観察など自分がやりたい事、好きな事以外には余計な時間を使いたくないと思っている人間です(笑)

ですので食事は一から作る事は殆どないですし、洋服は毎日着替えるのに服を選ぶのが面倒なのでお気に入りだけで着まわしていますし、掃除だって細かい所を一々掃除するのが面倒なので棚などの大きくて場所を取るものは持っていないし、何よりものが増えると管理する時間が無駄だし面倒臭いので余計なものは持たない様に気を付けています。

何でこんな事を書いているかと言いますと、皆さんも最近SNSで『手抜き料理』の話題をお聞きしているかと思いますが、自分も陰ながらあの話題に関して自分なりに考えてみた結果、今回の記事を書いてみるかな〜と思い至った訳です。

ぶっちゃけ、便利な道具やサービスが溢れている現代社会ではそれらを駆使して面倒ごとや大変は事は手を抜きまくるべきだと思いますね

スポンサーリンク


苦労する=美徳の時代は終わっている

ちょっと話が逸れますが…会社で『自分が若い頃は何時も〇〇時間も残業して働いたんだぜ〜(ドヤッ)』とか『自分は今まで我慢して好きでもない仕事一筋で生きてきたんだぜ〜(ドヤッ)』と語る人がいますけど、そんな話を現代人に自慢気に話したら周りの人にそっと距離を置かれてボッチ確定です

何故って今の時代では残業をしないで働いて自分の時間を大事にする人が増えていますし、無理して嫌な仕事に就いて働かなくてもアルバイトでそこそこ稼ぎながら自分の好きな事に情熱を注ぐ事も出来るからです。

それに海外から見ると残業する=仕事を時間内に終わらせる事が出来ない(又は時間の配分が出来ない)というレッテルを貼られてしまうので、その言葉を語る事が出来るのは日本だけなので気を付けましょう。

そんな感じで、わざわざ自分のやりたい事や好きな事をする時間を削ってまで面倒な事や大変な事をするのって非常にナンセンスですし、何より今は家電製品やレトルト食品だって数十年前と比べて見違える程スンバラしいものに進化してきているのに、それを無視してわざわざ面倒ごとや大変な事を自分でこなさなければいけないと思い込んでいる人も、それで評価されると思い込んでいる人も双方共ナンセンスです。

もしも違うとすれば、例えば家事や料理をする事が大好きでそれ自体が趣味だという人や、自分の仕事が本当に好きでやりがいを感じている人などは、他人から見たら面倒ごとに見える事でも自分にとっての好きな事になっているので、幾ら手間が掛かってもそれは全く苦に感じないでしょう。

自分だって絵を描く為に沢山の画材を吟味したり、自分が納得出来る色が完成するまで何時間も絵の具を混ぜたり、大きな作品に部屋の半分を占拠されていても全く苦になりません(笑)。

そうでない人が面倒ごとを嫌々こなしているのは非効率的ですし、便利な道具やサービスが存在しない大昔でもないので、便利な時代に自分の手で面倒ごとを行う必要なんてないのです。

スポンサーリンク


有限の時間を好きな事に注げ!

今更ではありますが、自分たち人間を含めて地球上に存在する生き物の命は有限です。

人間ですら毎日を生き残る事に必死だった時代には自分の好きな事を続けるなんて事が出来る人はほんの一握りだったし、そんな事をしようものなら最悪殺されたりする時代もありましたが、今はそれぞれ自分の好きな事・やりたい事をする自由が与えられているので、折角そんな自由な時代に産まれる事が出来たのですから、そんなスンバラしい時代にわざわざ自分の貴重な人生を面倒な事に使って浪費してしまうのは非常に勿体ないです。

そもそも今現在自分を含めて皆さんが使っている便利な家電やサービスなどは『楽をしたい』と言う気持ちから完成したものなのですから、彼らを大いに活用してみんなで楽をすれば良いのです

『男は家をほったらかしにして仕事一筋!』とか『女は家で家事と育児をこなしてなんぼ!』とかそんなの今の時代では全く通用しない時代遅れの価値観なので、もしもその価値観で生きたいのならばドラ●もんのタイムマシーンでその価値観が通用する時代に行って人生をやり直した方がいいです(笑)。

とは言え、今自分達がこうして便利な家電やサービスで面倒ごとをする必要がなくなってきているのは、そう言った苦労を軽減させようと努力をしてくれた方々が居てくれたお陰なのを決して忘れてはいけませんね

スポンサーリンク


まとめ

もしも自分が家事や育児をする事が女の仕事!と言う価値観の時代に産まれていたら、世を憂いて死んでしまっていたかもしれません(笑)。

なんなら今の時代は主婦ならぬ『主夫』の方も結構増えてきていますし、そもそも自分の様に自分の生き甲斐を極めたいから独り身でいる事を選択出来る自由も与えられていて、本当に幸運な時代に産まれたと思います。

面倒な事を嫌々こなして褒められる時代はもう終わっているので、皆さん存分に楽をして存分に自分の人生で好きな事をやって楽しみましょう!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »