コンテンツへスキップ

社会での役職になんてこだわらなくて良い。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

大人になって社会人になると会社員とか、OLとか、管理職とか、下請けとか、みんなそれぞれ色んな役職が与えられるけど、それって絶対にやらなければならない役職じゃないから無理なら辞めても良いんですよ。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

働いている皆様、お疲れ様です!

突然ですが、今この瞬間会社員として働かれている方々、そして自営業などで働かれている方々、皆様本当に日々のお仕事お疲れ様です!

自分は今まで一度も正社員として働いた事がないので、特に会社員として何かしらの役職で日々働かれている方々は、おそらくは自分が想像も出来ない様な苦労を経験しながら、日々頑張って働かれている事と思います。

で、元々日本人は仕事に集中し過ぎてしまうので、海外の方々からは『ワーカホリック(仕事中毒)』だと指摘される事が多々ある事はご存知かと思いますが、昨今ではあまりにも仕事が大変過ぎて身体を壊してしまう方、心を病んで休職される方、そして最悪な場合は自ら命を絶ってしまうまで追い込まれてしまう方…特にSNSなどのリアルタイムで情報を共有出来る現代では、そう言った方々をお見かけする事がとても多くなっています。

ですので、個人的な提案としては今現在自分に与えられている役職が辛いと感じるのであれば、後の事なんて気にせず潔く辞めてしまって良いと思います。

スポンサーリンク

必ずしも貴方にしか出来ない訳じゃない

自分は『蟲人と言う名の画家』と言う役職を自ら選んで決めたので、自分が納得出来る様に日々その役職に誇りを持ちながら生きているつもりです。

しかし、そうではなく何となくみんなと同じ道を歩んだ結果与えられた役職で今働かれている方々は、実はその役職は必ずしも貴方自身でなければならない訳ではないのです。

海外では一つの職種を自分で選んで転職を繰り返す事でその一つの職種を極めていく(その代わり別の部署での昇進が難しい)のですが、日本では会社に入ってから色んな職種に振り分けられて勤務年数によって昇進していく(その代わりて一つの会社に依存するので転職が難しい)仕様です。

そんなもんなので、ただ勤務歴が長いだけでいつの間にかどんどん昇進して役職が責任の重いものや仕事量の多いものに変わってしまって、知らず知らずのうちに自分のキャパシティを大きく超えたものになってしまう事が多いと思います。

そうなると当然仕事に拘束される時間が増えてしまったり、心身に掛かる負担が増えて体調も崩しやすくなったりして辛くなってくると思いますが、そう感じてきたら無理にその役職を続ける必要なんてないと思います。

日本人の良くも悪くも共通している所は、自分と他人との距離が近く仲間意識が強い所だと思いますが、その意識によって『自分が辞めたら周りの人に迷惑が掛かる…』と思ってしまったり、逆に会社の人から『貴方が辞めると他の人に皺寄せがいって大変な事になる…』と言われてしまう事もあるかもしれません。

でも会社って一人が抜けてもどうにか回っちゃう様に出来てるもんですし、寧ろたった一人が抜けたくらいで回らなくなる様な会社の方が余程ヤバイと思います。

そういう事態を想定して日頃から後継者を育てたり、他の人でもある程度仕事を回せる様に業務内容を共有したりする事も会社の役割だと思います。

貴方が居なくなったら会社が大変な事になると言って脅す様な会社は、そもそも最初から貴方が面倒な仕事をやってくれて便利だからそう言っているだけだと思いますし、余程会社の事を好きじゃない限りは自分の心身を削ってまで会社のワガママに付き合う必要はないと思うのです。

スポンサーリンク

社会の立場≦自分の存在

もしも今いる会社の役職が辛いなら、潔く辞めてしまっても良いと思います。

とは言っても家族がいる方もいるだろうし、家や車のローンがある人も居るだろうし、すぐに辞めるなんて無理だという方もいるかもしれません。

しかし、もしも本当に貴方の事を思ってくれている方が居るならば、貴方自身の心身を壊してまで働いて欲しいと思う人は居ないんじゃないでしょうか?

物凄くぶっちゃけた事を言いますと、今の日本の水準ってある程度保証されている部分が多いので、自分の様なアルバイトでも割と普通に生活しながら自分の好きな事に時間を使う事も出来てます

勿論高級ブランドを買い漁ったり、高級レストランに毎週通ったり、高級マンションで優雅に暮らすなんて事は出来ませんが、それでも毎日衣食住に困る事なく、月に一回くらいは遠出をして楽しんだり(ちょっと我慢すれば3泊4日の旅行だって出来る)、働く時間を自由に決めて好きな事をする時間を多く取る事も出来るので、自分としては今の方が楽しいです。

今の役職に誇りを持っている、或いは会社が好きだったり何らかの恩があって貢献したいと心から思っている訳でもない限り、社会から与えられた役職の為に自分を犠牲にする必要はないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

自分は正社員として働いた事がないので、一体会社がどんなシステムで動いているのかなんて皆目見当が付かないのですが、何十人何百人と社員がいる様な会社であれば代わりになる人なんていくらでも居ると思います。

ただ人間は面倒な事は嫌なので、ある程度仕事がこなせる人を見付けるとその人にどんどん仕事を押し付けて、後継者の人を育てる手間を省こうとする傾向にある様に思います(実際に今の職場でそういう目に遭っている知人がいるので)。

ですので、先日仕事で自棄を起こした自分もそうなのですが、自分が出来ない事は素直に出来ないと言う勇気と、仮に役職が自分に荷が重くて辞めたいと思った時には潔く辞める勇気が必要でしょう。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »