コンテンツへスキップ

お金の使いどころは自分で決めるのだ!



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

皆さんは何の為にお金を稼いで、何の為にお金を使っていますか?




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


絵を描く為だけに稼いでいます

自分は基本的に最低限の衣食住と自分の生き甲斐である画家活動を続ける為にしか働いていませんし、その為にしかお金を稼ごうと思っていません。

ですのでたまに職場での飲み会や職場での知り合いの方から食事に誘われる事があっても、そこに回すお金はないので数人の心友からのお誘い以外は基本的に断る様にしていますし、高級ブランドの商品や高級食材を使った食品などにも基本的にお金を使う事はなく、自分の身体に合った最低限の基本的な食事と古着屋さんで売られている古着を購入する事が多いです。

…て、こんな風に書いていると自分が滅茶苦茶貧乏で生活に困窮している様に聞こえてしまうかもしれませんね(笑)。

確かに貯金がほぼないと言う現実ではお金がない生活をしている事を否定は出来ませんが、かと言って自分の好きなものややりたい事を全て我慢しなければならない程困窮している訳ではないので、その部分では自分はまだまだ幸せな部類の人間であると思います。

兎にも角にも、自分は画家として絵を描く為にしか基本的にお金を稼いでいないしそれ以外に稼ぐつもりもないのです

スポンサーリンク

浪費の罠だらけの世界

今の世の中って皆さんのお金をバンバン浪費させる様な仕組みになっていませんか?

テレビを見ていれば戸建、自動車、様々な服や雑貨などのCMが途切れなく流され続け、かと思えばちょっとした暇潰しに覗いたSNSの合間にゲームや漫画の広告が挟まってきたり、街を歩けばお店のショーウィンドーには良い感じに着飾られているマネキン人形が立っていたり…本当に物欲を煽ってお金を浪費させようとする罠が至る所に張り巡らされています

それに加えて『男なら〇〇が必須アイテム!』とか『女性は〇〇が今年はマストアイテム!』と言った感じに、世代や性別によっては『持っているのが当たり前』と言う世間の思い込みで必要ないのに買ってしまう事も多いですよね。

現代では皆さんの物欲や承認欲求を刺激させて必要でもないものを買わせてはドンドンお金を浪費させようとするシステムが多過ぎて、そのシステムに乗せられていては何時まで経っても自分の好きな事ややりたい事になんてお金を使えないし、そもそもそう言ったファストフード的な欲求に振り回されていては自分の好きな事を見付ける事も困難でしょう。

スポンサーリンク

自分の為にお金を使うのだ

自分で稼いだお金は誰が何と言おうと自分が使いたい所に思う存分つぎ込んで良いと思います。

自分の様に絵を描く為の画材や絵を展示する展覧会への参加費に使っても良いし、音楽が好きなら楽器の購入や練習場のレンタル料に使えば良いし、昆虫が好きなら昆虫を観察する為の道具や野山や昆虫の展示のある場所への遠征費などに使っても良いのです。

たまに『良い歳してそんな事にお金を使うな』とか『もっとマシな事にお金を使え』と横槍を入れてくる人もいるかもしれませんが、その言葉を真に受けて自分の好きな事にお金を使わなくなって最期に人生を後悔しても相手は責任を取ってくれませんし、そもそも『何となく』と言う曖昧な理由で自分が必要もないし興味のない事にお金を浪費する事に何の疑問も持っていない人の意見を聞く方が余程リスキーであると思います。

明確に自分の好きな事ややりたい事を持っていて、尚且つのの為にお金を稼いでいる人に、興醒めするイチャモンを付けるなんてナンセンスな事をしてくる人や世の中の思惑なんて無視して良いのです。

全ての事にお金をかける事なんて不可能なんですから、自分が本当にお金を使いたい所にお金を使える様にしていきたいものです!

スポンサーリンク

まとめ

人間が生きていく上で必要なものって実は思っているよりもずっと少ないもので、特に自分は一人暮らしを始めてからは『自分って今まで要らないものを持ち過ぎていたな…』と実感する程でした。

何となくみんなが持っているからとか、何となく大人になるとみんな持っているからとか、何となく世の中で人気だからとか、殆どの場合自分ではなくて他人を軸にして考えるから浪費がドンドン増えてしまうんですよね。

そう言う意味でも、自分の中に揺るぎない『芯』を持っていれば、自然と浪費を減らす事にも繋がるものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »