コンテンツへスキップ

100%の作品じゃなくて99%の作品が良い。



スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分の作品に対しては自分の中では100パーセント以上であっても、皆さんに見て貰う時には99パーセントくらいの仕上がりになっていると良いなと思います。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

自分の作品、実は…

クリエイターの皆さんは自分が創られている作品を何時も100%の完成度にしてますか?

自分は何時も100%を目指して製作をしていますが…大抵の場合は製作中に新たなモチーフを見付けたり、別の要素を込める事を見付けてしまったりと、なんやかんやと何時も新しいアイディアが産まれてしまって自分の中で本当に100%の作品というモノが完成した事はないんですね…。

かと言って何時も未完成とか中途半端な作品で完成させている訳ではなくて、その時の自分の中での100%の作品を完成させているので、良く言えば自分の作品や画家としての自分自身にまだまだ成長や改善の余地があるという事ですが、悪く言えば自分の描きたい世界観に到達出来ていないという事ですね…恐らくは一生到達出来ないかもですが(泣)。

しかし個人的には自分の作品の中にはそう言った未完の部分であり、100%のうちに1%のゆとりや余白があるのは良い事であると思ってます

スポンサーリンク


1%は絵を鑑賞した人に委ねる

完成作品を常に100%ではなくて99パーセントにしておく事は、先程書いた様に自分の中で新しいアイディアが常に産まれてしまう事で、その新しいアイディアを付け加えられるゆとりにもなると同時に、個人的にはその1%の部分を自分の作品を観て下さる観覧者の人達に委ねるのも良いと思います

自分としては絵は自分の内側に存在してくれている『神様』や『理想郷』を描き出す唯一の方法として自分自身の為に描く場合もありますが、同時に絵という存在は自分以外の他者に観て貰う事でこの様に存在する事が出来ているモノであるとも思います。

ですので、自分の為にだけ描いた絵であれば自分にとっての100%で完成させて良いと思うのですが、自分以外の他者が絵を観る時に全く絵に入り込む余地がない100%の完成度であると、他者からは中々絵を観ても入り込めずに『一体この絵はなんなんだろう?』という疑問だけが残ってしまうかもしれません。

しかし、此処で99%の作品にしておけば残りの1%から他者の方々が絵に入り込んでその絵を鑑賞する事が出来ると思うのです

具体的には自分の作品を観てその絵の中に自分を投影させてみたり、絵を通して自分が抱いている感情を見付けて貰うなどと言った感じに、99%の内の残りの1%は他者の感性や価値観など人それぞれの答えを当て嵌めて貰う事で、各々にとっての100%の作品を鑑賞して貰うのです

スポンサーリンク

1%の隙間から絵に入り込んで貰いたい

自分は常に自分にとって必要な絵や心地の良い絵を描く事を最優先に絵を描いており、基本的には他者にとってあまり親切ではない絵を描く事が殆どだと思いますが、それをわざわざ口頭で説明してしまうのもなんとなく違うと思っています。

人間とは全く同じ思考や価値観を持つ存在なんていないので、勿論求められれば絵に対して自分が込めた考えや価値観を伝える事は簡単かもしれませんが、それを説明してしまうと鑑賞してくれている方は『そうなんだ〜』で終わってしまう様に思うので、個人的にはよく分からなくても良いので自分からの説明などの知識を持たずに、観覧者御自身の感性そのままに作品を観て欲しいと思います

そうすると100%完成してしまっている作品では観覧者が絵に入り込む余地がなくなってしまうので、自分としては敢えて1%の隙を残した作品として完成させて、その1パーセントの隙間から観覧者の方々には絵に入り込んで観覧者それぞれにとっての完成作品を観て欲しいと思っています。

絵とは自分と他者がコミュニケーションを取る為に使われてきた最も原始的で使い易いツールであったと思うので、1%の隙間から絵(作者)と観覧者が交流出来ると良いなと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと今回は哲学的(?)な感じの内容になってしまった感じは否めませんが、自分としては絵は自分が自分自身の内側と対話をする貴重なツールであると同時に、自分の外側の他者ともコミュニケーションを取る為にも大事なツールであると思っているので、絵を観てくれた観覧者の方々が全く付け入る隙のない作品や特別なものにし過ぎた高嶺の花の様な絵はちょっとどうなんかな?と思っています。

自分としては自分の絵を観てくれた方々が自分の内側にある『神様』に気付くキッカケや、普段は感じる事がない『死』と言う概念をほんの少しでも考えるきっかけになる様な絵であると嬉しいと思いますね…て、コレ自分の考え押し付けちゃってるからアカンかもだけど(笑)。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »