コンテンツへスキップ

何時でも『今』が最高です。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分はどちらかと言うと、人生でも作品でも殆ど過去は振り返らない人間であると思います。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

過去作品はあまり載せません

現在、自分はSNSを通じて様々な方々と繋がる事が出来たお陰で様々な展覧会やイベントに参加させて頂く機会が増えており、画家としての活動範囲がかなり広がってきていると実感しております。

で、そんな日々お世話になっているSNSではハッシュタグを利用して、自分の過去に描いた作品を発表すると言う事が時々あるのですが、悲しい哉自分は基本的に直近の作品以外は殆ど発表する気が起きないのです。

画家として自分の作品を世の中に発信していく事は、画家活動に於いては最重要事項であるとは思うのですが、自分は幸か不幸か大まかな作品の構想は決まってきてはいるのですが、細部のディティールや色彩構成、作品への描きこみの度合いなどは日々めまぐるしく変化しているので、自分の中では本当に『今』この瞬間に完成した作品だけが今の自分の等身大の作品であり、もし仮に自分の過去作品を観て下さった方々の中で『過去作品の方が好き!』とか『過去作品をもう一度描いて欲しい!』と言われましても無理なのです。

スポンサーリンク


過去は所詮『今』の土台に過ぎない

自分は物心が付くか付かないかと言う頃に、当時大好きだった保育園先生に絵を褒められた所から画家としての人生がスタートしたのですが、子供の描く下手くそな絵からスタートして30歳を超えたあたりから漸く自分の描きたい作風や世界観・構成・色彩などを見い出す事が出来る様になってきました。

こんな感じに『今』の自分を創り出す(或いは探し出す)為には、良くも悪くも様々な体験をしてきた『過去』と言う存在は必要不可欠な存在ではありますが、逆に言ってしまえば『過去』と言う概念は『今』を支える為の土台に過ぎないのです。

例えば今自分達が生かされている地球と言う惑星も、何十億年も前に誕生してから『今』に至るまでに何十層にも及ぶ地層を重ねてきた事で『今』の状態になる事が出来ていますが、かと言って過去の地層を掘り起こした所で当時の環境に戻れる訳ではないのです。

よく子供の頃や景気が良い頃を思い出しては『あの頃は良かった』と『過去』に固執して『今』を拒否している人が居ますが、『過去』に固執した所で『今』が『過去』と入れ替わる訳でもないので『過去』を生かして『今』を生きなければならないのです。

スポンサーリンク


『今』は常に更新され続けている

どんなに『過去』に固執した所で所詮はただの人間でしかない自分達は結局『今』を生きなければならないので、こうなると『過去』や『未来』と言った概念を会得してしまった人間とはやはり難儀な生き物ですね。

しかし『過去』と言う概念があるからこそ昔の思い出を懐かしんで感傷的になれたり、『過去』に失敗をしたと言う認識があるからこそ未来ではその失敗を教訓に取り組めたり、『過去』に人生を大きく変える様な出逢いを経験した記憶があるからこそ『今』もその経験を生かして自分の夢を追いかけ続ける事が出来るものです。

『今』この瞬間は次の瞬間には『過去』になっていくので、そう考えると時間とはものすごい勢いで進んでいるものであると改めて痛感せざるを得ないですが、それを痛感する事で『過去』に固執して『今』を蔑ろに生きると言う事がどれだけ勿体無い事をしているのかを理解する事にも繋がるので、自分としてはこれからも変わらず『今』が最高の瞬間であると声を大にして生きていきたいと思う所です。

スポンサーリンク

まとめ

最近、作品製作に熱が入り過ぎてブログを書く事がとてもしんどい時期に突入しております…つまりネタが中々思い付かないし内容も中々纏まらないのでブログを書くのがしんどいですね(泣)。

じゃあ別に本職じゃないんだし辞めれば良いじゃん?って思うかもしれませんが、それはそれで『過去』の自分の今までの努力をドブに捨てる事になるし、こう言う苦しい時期を何とか踏ん張って乗り切ると必ずレベルアップ出来る事を『過去』に何度も経験しているので、『今』とこれからの自分がもっと最高の『今』を生きていく為にも、たとえブログの内容が支離滅裂になったとしても取り敢えず描き続ける所存です!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »