コンテンツへスキップ

贅沢な暮らしがしたいとは思わない。



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は今の暮らしよりもお金持ちで贅沢な暮らしがしたいと思いません。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓



お金持ちになりたいとは思わない

自分で言うのはなんですが…自分はあまり物欲がありません

よくテレビCMなどで新作の食品、新作のファッション、新作のゲームなどがバンバン流されていますが、それらを観て一度でも『欲しいっ‼︎』と思った事がないです。

とは言っても子供の頃は様々な欲求が盛んなお年頃ではあったので、それなりに服やゲームやおもちゃなどを買い集めていましたが、大人になった今では殆ど興味がなくなっています。

そんなもんなので、仕事でお金を沢山稼いで沢山欲しいモノを買うぞ〜、と言う欲求も湧いてこないので、自分の衣食住や画家活動に必要な分だけしか働く気が起きないので、よく周りから心配される事もしばしばです。

しかし自分の好きな事をする時間を削ってまで、自分はお金を稼ぐ為に仕事の時間を増やす気にはもうなれないんですよね

スポンサーリンク



『贅沢な暮らし』は中毒になる

『贅沢な暮らし』って一度経験してしまうと手放しがたいものですよね?

お金持ちになって沢山欲しいものを手に入れられる状態を一度でも経験してしまうと、人間は『良い』事に関しては非常によく記憶してしまうので、もしも不景気で収入が減ったとしてもそこから生活の質を落とす事が出来ないのです。

また宝くじなどで大金を手に入れた時も、その大金で豪勢な暮らしを短期間でもしてしまうと金銭感覚がぶっ飛んでしまうので、その後もどんぶり勘定になって生活が困窮してしまったりするものです。

これが悪化するととんでもない犯罪に手を染めてしまう人も少なからずいるものですが、これはあくまで自分のキャパシティを超えた大金を持った時の話であり、自分のキャパシティに合った程度の金額であれば問題はないと思います。

少なくとも自分は最低限の衣食住と画家活動を続ける分、そして時々ひとり旅に行ける分のお金があればそれで充分な訳です。

人間とは大金を前にすると簡単に豹変するし、大金があったとしても死ぬ時は死ぬしあの世にお金は持っていく事も出来ません。

スポンサーリンク



自分に合った暮らしで良い

子供の頃は『お金持ちなったら自由になれるんだろうな〜』なんて、誰しも一度は夢見た事じゃないですか?

しかしいざ大人になってみると、お金持ちになったとしてもとんでもない税金を支払う羽目になったり、見栄で必要以上にお金を散財して意外と生活が大変だったり、その大金を狙って物凄い人達が集まって来てしまったりと、お金持ちはお金持ちなりに苦労が絶えない事に気付きます。

そして周りの人達はお金を稼ぐ為に日々仕事に忙殺されてヘロヘロになっていたり、そのストレスを発散する為に折角稼いだお金を自分でも何だかよく分からないうちに散財してまたそのお金を稼ぐ為に働いて…と、文字通りお金の為に馬車馬の如く働いている大人達を観た子供の頃の自分は恐れ慄いたものです。

結局自分はそんな忙しない社会で生きていく事が出来ず、今はアルバイトをしながら自分の好きな絵を描いたり、好きな場所へ散歩に行ったり、好きな雑貨をちまちま揃えたり、わりとのんびり一人暮らしを楽しんでいます。

自分にとってはお金持ちになって沢山のモノを手に入れるよりも、自分に合った量のお金で気ままに生きていく方が性に合っているようです。

スポンサーリンク


まとめ

個人的にはお金自体は全く悪いものではなくて、自分のようなクリエイターにとってはお金は自分や自分の作品にとって最も分かり易い評価であると思います。

問題なのはお金を扱う人間の方であり、幾らお金が有益なものであってもお金の使い方が粗暴な人が浪費して終わってしまったり、逆にお金に振り回されてとんでもない事件を引き事してしまったりする訳です。

お金はお金以外の何物でもなく、大金を手にしたから幸せになれると言う事でもなく、自分に必要な金額とそのお金の使い道を把握出来ている時が幸せの一因になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »