コンテンツへスキップ

物事を始める時は目的を明確にすべし。



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

何か始めようとする時には、何故それをするのかを明確しておいた方が良いと思います。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓



無目的で始めた事はない

自分は何かしらを始める時に『何となく』と言う曖昧な感じで物事を始める事はありません。

とは言ってもこれは自分が一般の方々の様に平日にガッツリ働いて、休日は何もせずに過ごしたりただ寝て過ごしたりする習慣がないからかもしれませんが、自分は仕事がない日が本職の画家活動をする日なので、大体何かしらする時と言うのは、ただの暇つぶしでするのではなく何かしら目的があってする事なのです。

例えば自分がSNSをしているのは、自分の作品を発信したり他の作家さん達の作品を見て刺激を貰う事が主な目的であり、本を読むのは芸術以外のジャンルを齧る程度ながらも勉強したいからであり、YouTubeを視聴するのも作業BGMが欲しいからだったりと、取り敢えず目的なく『何となく』すると言う事はあまりないです。

スポンサーリンク



無目的は作業は無意味になりがち

たまに自分も気が乗らなくて制作も何も手を付けずに過ごす事がありますが、それはあくまで普段製作に没頭する事が多い為に休息時間を持つ事も必要だからであり、ある意味何もしない事にも目的があります。

しかし、何かをする時に目的なく『何となく』行ってしまうのは、本当にただの時間を潰すだけの行動になってしまうものです。

『〇〇がしたいからこれをやろう』『〇〇を目指してあれをしよう』と言う感じに、行動をする時にそれをする目的や意味がハッキリしていれば意識的に人間は行動する事が出来るので、水彩画をもっと上達させたいと思えば水彩画に関する勉強を集中的に出来るし、心理学を学びたいと思えば心理学に関する本を熟読しようと出来るので、仮に身に付けるまでに時間が掛かったとしても0からは確実に成長する事が出来ます。

これが『取り敢えずやるか…』と言う感じに目的が曖昧だったり、一番アカンのは『やれと言われたからやる』と自分では全くやる気がない事を他人に言われたから行動してしまう場合ですね。

目的がない状態で始めてしまうのはゴールが分からない状態でマラソンをするのと同じなので、ゴールが見えないので途中でやる気が削がれてしまう事もありますし、そもそも自分はマラソンなんてやる気がないのに人に言われて渋々走っていてはそりゃ結果なんて出る訳がないです

折角するならせめて何かしらの学びを吸収したいので、何かを始める時には目的を持った方が断然良いです。

スポンサーリンク


そもそも本当に無目的で人は動かない

此処まで書いておいてなんですが、そもそもこの世に本当に意味なく行動する人っていないと思います。

それは無目的でしているのではなくて、単純に本人が今自分が行なっている行動の意味や目的に気が付いてないだけなのだと思います。

例えば世間的によく無意味な事として、テレビゲームばかりしている(別にゲールやゲーマーを貶している訳ではないです)事を取り上げる人がいると思いますが、あれも本人は特に目的もなく『何となく』ゲームをしてるかもしれませんが、実際はその人の周りにゲーム以上に夢中になれるものや学びたいと思えるものがないからゲームをしているのであって、ゲーム以上にやりたい!と思えるものがあればそもそもゲームをしていないと思うので、『何となく』ゲームをしていると言うよりは『ゲーム以上に面白い事がない』からゲームをしていると言う目的があると思います。

それにゲームにも種類が結構あるので、自分は子供の頃から生き物を飼育する事や生き物自体に興味があって、モンスターの育成や牧場の経営を体験するゲームで擬似時にそれを学んだりしたし、時々問題になる(かもしれない?)戦争をテーマにしたゲームだって元々戦争の歴史や背景に興味があったから始めた人もいると思います。

そう考えると、やはり本当の意味で無目的に行動する人と言うのはこのようにはいなくて、ただ自分がそれをしている目的に本人が気付いていないだけなのだと思うので、自分が今行なっている行動の無意識にある目的に気が付けると、自分が今興味がある事ややりたい事に気付けるチャンスにつながるのだと思います。

スポンサーリンク


まとめ

現代ってある程度個人が好きに自分の望むものを求める事が出来る様になったと同時に、自分が何をしたいのかがイマイチ分からずに路頭に迷ってしまう人も多いと思います。

そう言う時には、普段自分が特に考えずに行なっている事の本当の目的を客観的に考えてみるもの、自分がやりたい事や目指したい事を見付ける手段としてはいいと思います。

特に無意識にしている事は、本人の深層心理と言うか、本人の意識外に存在している本当の欲求であると思うので、そこに気が付ければ何かが変わるキッカケにはなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »